2017年5月15日更新

ペットの医療費は大丈夫?ボーダー・コリーにおすすめのペット保険は?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

牧羊犬の血を受け継いでいるボーダー・コリー。知力、体力、身体能力をあわせもったアクティブ派に魅力の犬種ですね。フリスビー競技などアクティブに遊ぶ時に心配なのが、骨折などのケガや事故です。万が一に慌てないためにも備えは大切ですね。今回はそんなボーダー・コリーにおすすめのペット保険について調べてみました。

 

ボーダー・コリーのかかりやすい病気とは?

ボーダー・コリーにおすすめの保険について考える前に、まずはボーダー・コリーがどのような病気にかかりやすいのかを理解しておきましょう。

股関節形成不全

太ももの骨と骨盤とを結合する股関節が外れてしまったり、外れかかっていて力が入らない状態になる病気です。遺伝による先天的な理由で発症する場合と、飼育環境や事故などによって後天的に発症する場合の2つのケースがあります。

症状としてはモンローウォークと呼ばれる腰を振るような歩き方をするのが特徴で、その他には後ろ足がうまく曲げられない、スキップのような仕草をみせるなどがあります。

軽度なものの場合は安静にして投薬により治療をおこないますが、投薬では効かない重度の症状の場合は外科な処置が必要な病気です。

imasia_10528564_S

目の病気

ボーダー・コリーは目の病気が心配な犬種です。ボーダー・コリーがかかりやすいといわれている目の病気は次のとおりです。

白内障

眼球内にある水晶体が白く濁った状態になる病気です。水晶体の濁りによって光が遮られ灰色から黒の点が現れます。症状としては瞳孔の奥が白く変色して見える、家具などにぶつかりやすくなるなどです。遺伝など先天的な要因で引き起こされることもありますが、糖尿病、低カルシウム血症、ぶどう膜炎などから併発している場合もあります。

水晶体脱臼

水晶体を安定させるために付いている毛様小帯と水晶体がなんらかの理由で外れてしまい、水晶体が自由に動くようになってしまう病気です。部分的に途切れている状態を水晶体亜脱臼、完全に分断されてしまっている状態を水晶体完全脱臼といいます。

生まれつき毛様体や水晶体に異常があり発症している場合は先天性、ぶどう膜炎や眼球内腫瘍、外傷などから発症している場合は後天性となります。

症状としては目を気にする仕草をする、角膜がむくんだように見えるなどが現れます。

治療方法は水晶体の状態によって点眼などで症状を安定させる保存療法と、外科的に水晶体を摘出する方法のどちらかの治療がおこなわれます。

コリーアイ

シェットランド・シープドッグやオーストラリアン・シェパード、ボーダー・コリーなどでよく発症することからコリーアイという病名がついています。常染色体劣性遺伝が原因で発症すると考えられており、発症すると脈絡膜の発育不全や網膜内での過剰な血管新生などが起こります。

軽度の場合はほとんど無症状に近い状態で通常の生活を送ることができますが、重度になると網膜剥離や眼房内出血を起こし視力障害を伴います。

先天性の疾患で現在のところ残念ながら有効的な治療はみつかっていません。

乾性結膜炎(犬のドライアイ)

目の表面が乾いて角膜と結膜の炎症が生じた状態です。本来は眼球は薄い涙の膜である涙膜というもので覆われ、乾燥や外からの異物の侵入から守られているのですが、何らかの理由によって涙膜がとぎれてしまい、瞬きによる摩擦などから角膜や結膜が傷ついてしまう病気です。

症状は目やにの増加や結膜からの出血など、角膜炎や結膜炎と似た症状が現れます。

基本的には涙を促進する軟膏などの投薬や点眼によって治療がおこなわれます。投薬による効き目が薄い場合は外科的な治療が必要になる場合もあります。

素材_shutterstock_303685508

ボーダー・コリーにおすすめの保険は?

ボーダー・コリーの場合は先天性が疑われる病気が多いため、高額な医療費がかかる病気でも保険の対象外になってしまうことが多くあるので注意が必要ですね。

またとてもアクティブで多くの運動量を必要とする犬種なのでケガや事故に対する備えも考える必要があります。特に家族以外の人や他の動物を巻き込んでしまう事故に対する損害賠償への備えは重要です。

その点を踏まえて考えると次のようなことを考慮して保険を選ぶとよいようです。

  • 先天的なことが原因で発症する病気に対する補償があるもの
  • 賠償特約を付けることができるもの
  • 回数制限よりも1日の支払額に注目して、手術・入院補償の手厚いもの
  • 1回の事故(傷病)に対しての上限がないものもしくは補償が十分なもの

考慮すべき点をふまえてボーダー・コリーにおすすめの保険を考えてみました。

アクサダイレクト・ペット保険・いぬのきもち保険

年間補償額はそれぞれのプランで決まっていますが支払金額や支払い回数に制限がないのが特徴です。新規加入が13歳まで対応しており、1度加入すると生涯に渡る終身継続が補償されています。但し愛犬の身体状況によって引き受けができない場合や、継続に条件が付く場合がありますので注意が必要です。

加入者に対するサービスとして年中無休で獣医師による健康相談を受けることができるのも特徴的です。

プランは保険料はやや高額になりますが70%を補償してくれる「プラン70」と、リーズナブルな保険料で50%までを補償してくれる「プラン50」があります。どちらのプランも示談交渉付きの賠償責任危険補償特約を付けることができます。

アイペット損害保険会社

提携の動物病院で加入者カードをみせるだけで保険を使うことができます。

保険料はやや高くなりますが通院から入院・手術までを幅広く補償してくれる「ペット保険うちの子」の50%補償プランと70%補償プラン、手ごろな保険料で高額になりがちな手術の費用に特化した「ペット保険うちの子ライト」の3つのプランがあり、備えたい内容にあわせてプランを選ぶことができます。

またペットが他人にケガをさせてしまった場合の損害賠償を補償する、ペット賠償責任を特約として付けることができます。

GIガーデン少額短期保険・いぬとねこの保険

年間補償額はプランによって決まっていますが、支払い回数の制限や1日当たりの限度額などの制限がないのが特徴です。谷型保険料体系という独特の保険料計算をおこなうので、0歳から3歳までは保険料が下がっていき、3歳から加齢による保険料加算がはじまるのも特徴的です。

プランは保険料はやや高くなりますが入院、通院、手術のすべてを補償してくれ賠償責任特約の付帯も可能な「プラチナ90%プラン」「プラチナ70%プラン」「プラチナ50%プラン」、通院に特化した補償内容で賠償責任特約の付帯も可能な「ゴールド90%プラン」「ゴールド70%プラン」「ゴールド50%プラン」、手術のみを補償する「パール70%プラン(使用回数に制限有)」の7つのプランがあります。それぞれの%は医療費の負担%をあらわしていて、90%プランを選択した場合は医療費の90%を保険で負担してくれます。

autumn-665148_640

 

保険で備える?積立で備える?

今回ご紹介した保険は、ボーダー・コリーの場合は先天的な病気が多いためこまかく病気の内容を相談できる安心感のある保険であること、対人や対物などの賠償責任特約が付帯可能なものということで選ばせていただきました。

残念ながらボーダー・コリーの場合は先天性が疑われる病気にかかるリスクが多く、どんなに保険で備えていても発症した病気によっては補償の対象外になってしまう可能性が考えられます。保険で補償されない可能性があるのなら、保険に頼らずに自分たちで積み立てて備えておくという考えもありますね。

ペットの医療費には公的な保険がない以上、飼い主が自分たちの責任で備えておかなければなりません。ペット保険で備えるのか、自分たちで積み立てておくのか、また高額になりやすいケガなどの手術と賠償特約だけは保険で備えて、通院や入院については積み立てておくのかなど備えの方法はいろいろと考えられます。

自分たちが何に対して補償をしてもらいたいのかをよく考えて、経済的に負担の少ない方法が何かを検討してみるとよいですね。