エサに興味がないの?なかなか食べないペキニーズのエサの量について

まるで猫のようにツンデレで気ままな性格が飼い主を魅了してしまうペキニーズ。そんなペキニーズの飼い主の方々が頭を悩ませているのはエサを食べてくれないこと。「色々と変えてみたけどすぐに食べなくなっちゃう。」という切実なお悩みも。今回はそんなペキニーズについてエサの適量や食べさせるコツなどを調べてみました。

 

ペキニーズのエサの適量は?

ペキニーズはなかなかエサを食べてもらうことが難しい犬種のようですが、体を健康に保つためにはやはり必要な量のエサはしっかりと食べてもらいたいところです。愛犬がどのくらいの量を食べていて、どのくらい足りていないのかを把握しておくと、エサが足りない分をどこで補うかを考える手助けになりますね。

そのためにはエサの適量を知っておくことが大切です。エサの適量の割り出し方には色々な方法がありますが、ここでは一般的にいわれているエサの適量の算出方法をいくつかご紹介します。

体重から割り出す方法

おおよそ体重の2.5%の量が適量といわれています。カロリーでいうと体重1kgあたり50~110カロリーの計算になります。

ただしこれは成犬の場合の計算になるので、成長期の子犬の場合は約2倍、逆にシニア期の犬の場合は2~3割少なめに与えるとよいといわれています。

パッケージの記載量を目安にする

市販のフードの場合はパッケージに給仕量が記載されているものがほとんどになります。記載されている量を目安に運動量や太り気味であるかなどを考慮して、エサの量を決めていくとよいといわれています。

係数から計算する方法

年齢や月例、体質などの係数を使用して1日に必要なカロリーを割り出す方法です。次のような式を使用します。

  • 安静時の必要エネルギー=70×(適正体重)の0.75乗
  • 1日の必要エネルギー=安静時の必要エネルギー×ライフステージ係数

ライフステージ係数

  • 4ヶ月まで:3.0
  • 4ヶ月以降体重増加が止まるまで:2.0
  • 避妊・去勢をしている成犬:1.6
  • 避妊・去勢をしていない成犬:1.8
  • 肥満気味の場合:1.2~1.4
Pekinese puppies posing in studio
 

それぞれの体にあわせたエサの適量の見分け方は?

小食な傾向があるといわれるペキニーズですが、なかには「え?うちのペキニーズは出されたエサはペロッと食べるよ。」という飼い主の方もいらっしゃいます。食欲にも個体差があるということですね。

エサの適量は犬それぞれの食欲や消化能力、運動量にあわせてあげる必要があります。ではエサの量が個体差にあっているのかをどのように見分けたらよいのでしょうか?それには便の状態を確認するのが1番よいといわれています。

便が柔らかい状態が続く場合は与え過ぎ、逆にポロポロと硬い便が続く場合は少な過ぎだと考えられています。丁度よい便は硬さが耳たぶくらいの柔らかさで、拾うと便のあとが少し残るくらいがよいといわれています。

便の状態は健康のバロメーターです。食べた量と便の臭いや硬さ、色をこまかく確認しながら、エサの量や種類を調節してあげるとよいですね。

 

エサを食べない原因とその対処法

適量を割り出してもその量をなかなか食べてもらえないと、飼い主としては健康面など心配になってしまいますね。まずは犬がエサを食べなくなる原因について考えてみましょう。

犬がエサを食べなくなる原因としていわれていることは次のようになります。

  • ストレスによる食欲不振
  • 運動不足
  • わがままや食べ物の好き嫌いによるエサのえり好み
  • 夏バテなどの体調不良による食欲不振
  • 誤飲や歯の疾患、内臓疾患などの病気が原因の食欲不振

これらの理由から考えられる対処法は次のとおりです。

  • エサを与える時間を決め食べていなくても時間が来たら下げることを、犬が食べ始まるようになるまで根気よく続ける
  • ヨーグルトやチーズ、鳥のささみ、生野菜などをトッピングしてあげる
  • ドライフードの場合はお湯や犬用ミルクなどでふやかしてから与える
  • 散歩の時間を長くするなど運動量を増やす
  • ドッグフードを変えてみる
  • 少しでも食べたら褒めてあげて食べることへの意欲が増すようにしてあげる

犬は2日~3日は食事をしなくても大丈夫だといわれています。まずはおやつをやめてエサを決まった時間に与えてみましょう。食べないエサを下げるのは心配ですし、もったいない気持ちもすると思いますが、しばらくは犬の様子を見ながら根気強く続けてみましょう。

ペキニーズのように食べることにあまり興味を持たない傾向がある犬種の場合は、自ら自分の骨格や体調にあわせて食べる量を決めていて、必要以上に食べないという場合もあるようです。排便がきちんとあって便の状態も悪くなく、機嫌もよく元気な様子であればあまり心配せずに食べたがる分だけを与えてあげればよいようですね。

ただし食欲がなく体力が落ちていってしまうような場合や、体重の減少が激しいような場合は病気である可能性が高くなります。また胃液を吐くような場合も吐いた物の状態や色によっては危険な場合もありますので、早めに獣医師に相談をするとよいでしょう。

ペキニーズ_犬_素材dog-169827_640
 

月例や年齢によるエサの与え方

小食傾向の強いペキニーズで気になるのは、成長期のエサの与え方ですね。成長期のエサは体ができてからのエサとは違い、体を作って行くために必要な栄養素を取り入れるためのものですから、できればしっかりと食べてもらいたいものです。

一般的によく言われている犬の月齢や年齢にあわせたエサの与え方をご紹介します。与える回数などを参考にしながら、おやつを控えてしっかりとエサの時間にエサを食べさせるようにするとよいですね。

2ヶ月~3ヶ月

このころに子犬を引き取った場合は、急な変化による胃腸障害を起こさないために、量や回数、食べ物の硬さなど基本的に引き取った時と同じようにして与えます。

自宅で出産した子犬の場合は、市販の離乳食やパピー用の高カロリーのフードを与えます。ドライフードの場合はお湯や犬用のミルクでふやかしてあげるようにしましょう。

食事の回数は3回~4回が目安になります。

4ヶ月~7ヶ月

ドライフードの場合は便の様子を見ながら少しずつ硬い状態で食べられるようにしていきましょう。おやつもこの時期から開始します。

食事の回数は2回が目安になります。

8ヶ月ころ

成犬として体ができてきて体重の増加がおさまってきます。成犬用のフードに変えていく時期ですが、いきなり変えてしまうと胃腸障害につながってしまいます。もともと食べているフードに少しずつ混ぜて慣らしていくとよいでしょう。

便の状態が変わらないようなら1週間くらいを目安に切り替えていくとよいようです。

食事の回数は2回が目安になります。

9ヶ月~7歳

できるだけ体重の増減のない状態を保つような食事に気を心がけます。成犬用のフードを与えていても体重が増えて行ってしまうような場合は、食事量を減らすかダイエット用のローカロリーの物に切り替えましょう。

その際はできればかかりつけの獣医師に相談し、適したフードをアドバイスしてもらうとよいですね。

食事の回数は2回が目安になります。

8歳以降

シニア期に入ってきて消化機能や噛む力が衰えてきます。ドライフードの場合はふやかすなどして柔らかい状態の物を与えるようにしましょう。フードは高タンパク低カロリーのシニア用のフードに切り替えていくとよいでしょう。

食事の回数は2回~3回が目安ですが、歯が抜けたりして1回に多くの量を食べることが難しい場合は、1回の食事量を減らして回数を増やしてあげるようにしましょう。

季節にあわせたエサの与え方は?

日本には四季と呼ばれるはっきりとした季節の移り変わりがあります。四季は日本の自然の美しさの象徴ですがその移り変わりは激しく、人でも食欲が落ちたり逆に過食症気味になってしまったり、季節によって食欲に影響を受けるものです。

体が小さく豊かな毛に覆われているペキニーズは、人よりももっと季節による気温や湿度の影響を受けてしまいがちです。季節にあわせた注意点を理解して、食欲の落ちる夏場などは特に事前に対策を考えておくとよいですね。

季節にあわせたエサの与え方は、一般的には次のようにいわれています。

季節もよく食欲が旺盛になる時期です。つい食べ過ぎになってしまう傾向があるので、カロリーを控えめにするとよいようです。

暑さにより食欲が減退しがちな季節です。食事の時間を比較的涼しい朝や晩の時間帯を選んであげるとよいでしょう。

また消化器官が弱りがちなのでドライフードなどの場合はふやかしたり、缶詰などのカロリーが高く柔らかい物と混ぜるなどの工夫も必要になります。

夏に消耗した体力を元に戻し寒い冬に向けて蓄えていく必要がある季節です。そのため他の季節に比べてややカロリーの高い食事をするとよいでしょう。

ただし夏のダメージが大きい場合は急にカロリーの高い食事にすると逆効果になることもあります。体調を見ながら食事の内容を決めていきましょう。食欲が戻らない、下痢が続いてしまうなど、夏の疲れがなかなか抜けないような場合は早めにかかりつけの獣医師に相談しましょう。

抵抗力をあげ風邪や寒さに対抗できる体作りが必要な季節です。カロリーはやや高めでよいでしょう。

ただし寒さに備えて皮下脂肪を蓄えて行く時期でもありますので、定期的に体重を測定し増加しすぎないように注意しながら与えるようにしましょう。

素材pekingese-363807_640

運動量の少ないペキニーズは肥満にも注意が必要!

小食なペキニーズのエサの適量やエサを食べさせる時のコツについてお話ししてきましたが、ペキニーズはあまり運動を好まない傾向があるため、実は肥満にも注意が必要な犬種なのです。

ややがに股で前足が短い骨格をしているペキニーズは、ローリング歩行と呼ばれる前足を回すようにしながら体を左右にゆすって歩く独特の歩き方をします。その独得な歩き方や骨格からか膝蓋骨脱臼や椎間板ヘルニアなど関節や骨の病気にかかりやすいといわれています。

骨や関節の病気を誘発する原因の1つが肥満です。エサを食べないと不安になってついついカロリーの高いエサやおやつをあげてしまいがちですが、肥満を予防するためには摂取カロリーと運動量のバランスはとても大切です。

食べる量が少なくてもベストの体重を維持できている場合は、エサの量、摂取カロリー、運動量のバランスがよい状態だと考えられます。無理にエサを変えたりカロリーの高いおやつを与えたりせずに、そのままの状態をキープすることを心がけてあげるとよいですね。

関連記事