室内犬のちょっと気になる犬の臭いペキニーズの体臭ついて

長く愛玩犬として室内で優雅に暮らしてきたペキニーズは運動も暑さも大の苦手。そんなペキニーズを飼うならやっぱり室内で一緒に暮らしてあげたいですね。室内で犬を飼う時に気になるのは犬の臭い。優雅なたたずまいのペキニーズは臭いが気になる犬種なのでしょうか?今回はそんなペキニーズの体臭について調べてみました。

 

犬の体臭とは?

ペキニーズの臭いで検索してみると、ペキニーズは臭いの気にならない犬種だという方が多いようです。では犬の臭いとは何なのでしょうか?

よく「犬くさい」といわれている臭いの多くは、犬が放つ体臭だといわれています。体臭は人でも犬でも臭いを放つ仕組みは同じで、汗と皮脂が混ざったものが酸化してできる脂肪酸に雑菌が繁殖し、その雑菌が脂肪酸を分解・発酵させることで臭いが発生します。

「でも犬って、汗はかかないんじゃないの?」と思われた方も多いのではないでしょうか。

犬がかかないといわれている汗は主に体温を調整するためにかく汗のことです。汗には体温を調整する汗と生殖のためのフェロモンを分泌するための汗の2つの種類の汗があります。それぞれの汗は異なる汗腺から分泌され、人は体温調整のための汗をかく汗腺が全身にあるのに対して、犬はフェロモンを分泌するための汗をかく汗腺が全身にあります。

体臭の元となる汗はこのフェロモンを分泌するための汗で、人よりも犬の方が臭いが強いのはそのためです。具体的には次のようになっています。

エクリン腺

主に体温調整のための汗腺で、人の場合は全身にあるのに対して犬の場合は足の裏や鼻の頭などの限られた場所にあります。そのため犬は汗による体温調整が苦手だといわれているのです。このエクリン腺からの汗は、ポップコーンと形容されるような少し香ばしいような臭いを発します。ソファーや絨毯など犬が歩くような場所の家具が臭う原因はこのエクリン腺からの臭いによるものだといわれています。

アポクリン腺

この汗腺が臭いを発する汗腺で、人の場合は腋の下などの特定の場所にだけあるのに対して犬の場合はほぼ全身にあります。このアポクリン腺から分泌される汗にはフェロモンが含まれており、エクリン腺から分泌される汗よりも臭いの強い汗になっています。

このフェロモンを含んだ臭いの強い汗を分泌するアポクリン腺は、もう1つの臭いの原因である皮脂を分泌する皮脂腺とつながっています。

そのためアポクリン腺から分泌される汗は2つの臭いの原因である、フェロモンと皮脂が混ざった状態で分泌されることになりこの汗が酸素に触れて酸化し脂肪酸へと変化した結果、脂肪酸を好物とする雑菌が繁殖することによって強い臭いを発する体臭となるのです。

アポクリン腺から分泌される汗が脂肪酸へと変化する時、汗と皮脂の割合が皮脂の方が多いほど早く脂肪酸に変化するため、皮脂の分泌の多い犬ほど体臭が強いということになります。

素材_shutterstock_288735836
 

体臭を予防する方法は?

体臭が気にならないといわれているペキニーズですが、日ごろの被毛のケアをおこなっていると豊かな被毛の中に臭いがこもってしまうことがあるようです。また皮膚が弱くやや脂性の傾向があるため、皮膚トラブルを起こしやすいところがあります。

ペキニーズの場合は臭いのケアのためにも、被毛と皮膚を清潔に保つためにも、毎日のブラッシングと定期的なシャンプーが必要なようですね。また臭いの原因となるだけでなく皮膚トラブルの原因にもなる皮脂の分泌を抑えるには、エサの内容を見直すのもよい方法のようです。

具体的な方法は次のとおりになります。

ブラッシング

ペキニーズの被毛はフワフワと厚い下毛(アンダーコート)と、長くやや固い上毛(オーバーコート)の2重構造になったダブルコートと呼ばれる毛質をしています。ダブルコートの犬種は下毛が抜けることで体温調整をおこなっており、通年を通して抜け毛があります。特に換毛期と呼ばれる春から夏にかけてと秋から冬にかけての時期には、季節の移り変わりにあわせるために通常より多くの毛が抜けます。

ペキニーズのように長毛の犬種の場合は抜けた下毛が上毛に絡んで毛玉になったり、取り残された状態で肌に残っていると、蒸れて臭いの原因になるだけでなく皮膚病の原因になることもあります。

またペキニーズの豊かな被毛はゴミや汚れ、ノミ・ダニなどの寄生虫を絡め捕りやすく、絡むと見つけにくい毛質をしています。ゴミなどを絡めたままにしておくと、雑菌が繁殖しやすく臭いの原因になってしまいます。

できれば1日1回、換毛期には朝晩の散歩後などにこまめにブラッシングをしてあげるとよいでしょう。

ペキニーズのブラシングはまずスリッカーブラシを使用して、毛玉や抜け毛を取り除き、毛のもつれを梳いていきます。スリッカーブラシは皮膚に強くあててしまうと皮膚を傷めてしまうので、力を入れずに肌に平行に梳いていきます。

最後にコームを使用して梳き残しがないか確認しながら被毛の艶をあげて仕上げます。

シャンプー

シャンプーですが臭いが気になるからといってあまり頻繁におこなうと、雑菌から皮膚を守るために必要な皮脂まで落としてしまうことになり、かえって臭いの原因になってしまうことがあります。

適切なシャンプーの頻度は犬の皮膚や被毛の状態によって異なりますが、おおよそ月に1回~2回、皮脂の分泌が多くなる夏場は月に2回~3回のシャンプーが理想的なようです。

ペキニーズは肌が弱く皮膚病になりやすい犬種なので、シャンプーの頻度や使用するシャンプー剤なども肌の状態にあわせて決めてあげる必要があります。適切な頻度やシャンプー剤がわからない場合は、かかりつけの獣医師に相談してみるとよいですね。

食事の見直し

臭いの強弱の原因となる皮脂ですが、脂質やたんぱく質の多い食事を続けると分泌が増加する傾向があるようです。特に動物性の脂肪は皮脂の分泌を盛んにしてしまうようで、動物性脂肪が多く含まれたフードやおやつをあげていると分泌が促進されてしまうようです。

他の犬よりも臭いが強いなと感じた時は、食事やおやつの内容を動物性の脂質とタンパク質の少ない物へ切り替えていくとよいでしょう。

素材pekingese-76185_640
 

その他の臭いの原因は?

体臭は弱いペキニーズですが、体臭以外の理由で臭いが気になることがあるようです。耳や口など体臭以外の臭いの中には、臭いがしている状態を放置しておくと病気へとつながってしまうものがあるので注意が必要です。

ペキニーズで気を付けておきたい臭いは具体的には次のとおりになります。

耳の臭い

ペキニーズのような垂れ耳の犬種の場合に1番注意してあげたいのが耳の臭いです。垂れ耳の犬種は立耳の犬種よりも耳の中が蒸れやすく、耳の中に雑菌が繁殖しやすいため耳垢が溜まりやすくなります。

耳の臭いの原因はこの黒くベタッとした耳垢です。耳垢はたまった状態をそのままにしておくと、外耳炎などの耳の病気を誘発してしまいます。ペキニーズの場合は臭いの気にならない状態であれば、週に1回~2回の頻度で耳掃除をしてあげるとよいでしょう。

耳の中はとてもデリケートなので、綿棒やコットン、ガーゼなど柔らかい物を使用して耳の汚れを拭いてあげます。奥の汚れは無理に取ると鼓膜を傷めてしまう可能性がありますので、ふき取るのではなく洗浄液を使用して汚れを浮かせて取るようにします。

あまり汚れがひどい場合は獣医師やトリマーなど専門の知識のある方に耳掃除をお願いするのがよいでしょう。

定期的に耳の掃除をしているのに耳からの悪臭がおさまらない場合は、外耳炎などの耳の病気を発症している可能性があります。できるだけ早めに獣医師の診察を受けるとよいですね。

目やに涙やけの臭い

眼が大きくやや出っ張り気味のペキニーズに多いのは涙やけの臭いです。鼻が短く口の周りにしわの多いペキニーズの場合は、しわの間の皮膚や被毛が涙で常に濡れた状態が続いてしまい、そこに雑菌が繁殖し臭いを放つようになってしまいます。

涙が多い場合は1日数回目の周りをチェックして、気になる場合は綿棒などを使用してしわの間を拭いてあげるとよいでしょう。

歯周病などによる口臭

特に老齢になるにつれて気になってくる口臭ですが、原因は歯についた歯垢です。歯垢は歯についた食べかすに菌が付着し繁殖したもので、この歯垢が石灰化したものが歯石になります。この歯垢から歯石ができることを繰り返すことによって、歯茎や歯自体に菌が繁殖し炎症などをおこすのが歯周病です。

歯周病を予防するには毎日のデンタルケアで歯垢をためないことが大切です。そのためにはできるだけ小さな頃から歯磨きのトレーニングをし、歯磨きに苦手意識をなくしておくとよいですね。またデンタルガムなどを使用するのもよい方法でしょう。

それでもなかなか完全に防ぐことは難しいものです。少しでも異臭を感じたら早めに獣医師に口腔内チェックをしてもらうとよいでしょう。

肛門腺からの臭い

犬が自分の臭いを付けるための臭いを貯めておく袋を肛門腺といいます。肛門腺は字のごとく犬の肛門付近にあり、排泄と一緒に臭いを排出する仕組みになっています。

ただうまく排出されていないような場合、お尻のあたりから強い臭いを放ち始め、放っておくと破裂してしまうこともあります。肛門腺はトリミングの際や動物病院などで絞ってもらうことができますので、定期的に絞ってもらい臭いの軽減につなげるとよいでしょう。

 

食事の後の口周りに注意!

ペキニーズは鼻が短くやや上向きな骨格をしているために、エサを食べる際に鼻をエサに押し付けるようにして食べます。そのため口や鼻の周りの毛にエサが絡んでしまったり、しわの間にエサが入ってしまったりすることがあるようです。そのまま気付かずにエサを付けた状態にしておくと、雑菌が繁殖して臭いの原因にも皮膚病の原因にもなってしまいます。

またよだれも多い犬種なので食事の後はしっかりと口の周りを拭いて、臭いと皮膚病を予防してあげましょう。ケアの方法は食事の後には濡れたタオルで口の周りを、しわもしっかりと伸ばして拭き取ってあげます。また顎の下もエサやよだれで汚れやすい部分になりますので、しっかりと顎を上げて拭き取ってあげるようにするとよいでしょう。

エサが被毛に絡まってしまっているような場合は、無理に引っ張って取るようなことをしてはいけません。蒸しタオルなどを使って柔らかくしてから汚れをコームを使って梳き解し、絡まっていたエサを濡れタオルなどで綺麗に拭き取ります。最後にもう1度絡まないようにコームで梳いて仕上げてあげましょう。

Pekinese puppies posing in studio

気を付けたい臭いの原因・皮膚病

前にも書きましたがペキニーズは皮膚が弱くやや脂性の犬が多いため、皮膚病にかかりやすい犬種だといわれています。皮膚病は病気や症状によって異なりますが独特の臭いを発するものが多く、犬が臭う原因の1つになっています。

皮膚病は無症状の状態で治療がおこなえると早期に治る可能性が高くなります。ブラッシングやシャンプーの際にしっかりと皮膚の状態を確認しておくと、皮膚病を予防し臭いが発生することを未然に防ぐことができます。

ペキニーズがかかりやすいといわれている皮膚病をご紹介しましょう。

アレルギー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎

ハウスダストやダニ、花粉などのアレルゲンが肌についたり、呼吸とともに吸い込んだりすることで発症する皮膚炎です。

症状としては強いかゆみがあり赤みのある湿疹がひろがります。ひどくなると脱毛などの症状が現れます。根治の難しい病気で長期の通院が必用になることがあります。

脂漏性皮膚炎・マラセチア皮膚炎

犬の皮膚に共生している酵母の一種であるマラセチアが、犬の免疫力の低下や脂質の過剰分泌などの要因が複数重なることで、病原体へと変異することが原因で発症する皮膚病です。マラセチアは耳の中にも存在し耳の中で起こると外耳炎になります。

症状としてはフケが多くなり脂っぽい滲出物がでて被毛がべとつき、カビのような悪臭を放ちます。ひどくなると脱毛してしまうこともあります。

膿皮症

皮膚の上で菌が異常繁殖することで化膿し膿を排出している状態をいいます。表皮、真皮、皮下組織のどの個所でも発症する可能性があります。90%が犬と共生しているブドウ球菌が、皮膚の細菌バランスの崩れによって引き起こす病気です。脂漏症と同様で細菌のバランスを崩す原因となった病気により併発している可能性があり、まず基礎疾患の治療をおこなう必要があることが多い病気です。

夏場には注意が必要

季節によって体臭が変化するのは人でも犬でも同じことです。最近は温暖化の影響のせいか暑い時期が長く続くことが多くなってきました。暑くなると汗や皮脂の分泌が活発になるため、普段は臭いが気にならないペキニーズでも、気を付けていないとしわの間などから臭いが強くなる傾向があるようです。

梅雨から夏にかけての暑い時期は、他の季節よりもこまめに皮膚の手入れをして臭いと皮膚病を予防してあげましょう。

ペキニーズのような鼻の短い短頭種は骨格上パンティングによる体温調整が苦手で、暑い時期には熱中症にも注意が必要なります。暑い時期にはできるだけ室内で過ごさせ、クーラーなどを使用して適切な温度管理をしてあげましょう。

過ごしやすい快適な温度を保つことは、汗と皮脂の分泌を抑えることにつながるので、犬の体臭を予防するためにも有効な手段となります。

関連記事