2016年10月1日更新

僕らの居場所は言わにゃいで 特別編:横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展その1

さて、今回は特別編というか完全に告知というか宣伝と言いますか・・・11月2日~7日で開催される横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展2016にて今回「僕らの居場所は言わにゃいで」をテーマとした写真展示をさせていただくことになりました。

このところ各地で猫を題材にした写真展やイベントが催されており、知り合いが出展していても顔を出すには身体が幾つかないと追いつかないほど。そんな中、今回の写真展の企画をされているジャパンクリエイト株式会社の星野俊光様に、テーマやコンセプト、見所についてお話を伺って参りました。

星野俊光様の作品

末吉:ご無沙汰しております。浅草橋の写真展以来ですね。

星野:すっかりご無沙汰してしまい申し訳ありません。普段は普通の会社員として、休日は猫写真家として作家活動に勤しんでおりました(苦笑)

末吉:自分も普段は猫以外の写真や動画撮影をしながら暮らしています。作品作りに専念できる時間は貴重ですよね。そんな貴重なお時間を頂戴してお話を伺わせていただくワケですが、横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展2016について、まず基本的なテーマ、コンセプトについてお聞きしても宜しいでしょうか?

星野:近年、街の風景から野良猫の姿を見かけなくなってきました。猫たちが自由に歩き回っていた人間社会の隙間は、人間の生活様式や心の変化によって、静かに消えつつあります。

昔は当たり前にいた野良犬が、今はもうすっかり見かけることがなくなってしまったように、いつか「猫たちが自由に暮らしていたなんて嘘みたいだ」と思う時代が来るのかもしれませんね。

本写真展では昨年に引き続き「今を生きる猫たちのキロク・キオク」というサブタイトルを採用しており、出展作家様によって被写体は野良猫・家猫と様々ではあるものの「猫」という被写体を通じて「今という時代」をそれぞれの視点で捉えたドキュメンタリー性の高い写真展になっています。

末吉:なるほど。猫の愛らしさ、かわいらしさだけではなく、写真としての作品性や、作家のメッセージ性も重視されているんですね。

星野:そうですね。猫はかわいくて愛らしい身近な存在なので、写真は実物には到底かなわないですから(苦笑)。また、そのような写真は1000円位の写真集として書店で多数売られていますが、あえて私がそういった作品をプロデュースする必要も感じていません。

一方で、猫の写真を自己表現として捉えて作品作りをしている多くの方が、作品を発表する場が少ないと感じており企画しました。実は2008年に渋谷で小規模ながら同じような企画を開催しており、今回が4回目の開催となります。

(2015年の様子)

(2015年の様子)

末吉:ちなみに今回、私も参加させていただくのですが、昨年から引き続き参加する作家さん以外に新規の方が沢山出展されますね?

星野:はい。今回はFacebookで作品の公募を行い、新たに23組の方が参加されます。

コンペではなく末吉さんのように首都圏で写真展をやられている方の写真展を拝見した上で、直接お声がけをさせて頂いた方もいますが、普段は表に出ないけど、SNSを駆使し表現者として作品を発表している方に参加して欲しいと考え、Facebookでのコンペ形式にしました。

末吉:あまり他の写真展等でお見かけしない方もいらっしゃいますが、選考の基準等についてお伺いしても宜しいでしょうか?

星野:Facebookへの投稿とすることで、投稿された数点だけではなく、作家さんが普段発表しているたくさんの写真を見ることが出来ます。これによりコンテストのようにたった1点のベストショットではなく、写真展としてきちんと作品をまとめられる力が有るかか否かを審査基準としています。

末吉:確かに一枚のベストショットだけで写真展は成立しませんからね。構成力や一貫したテーマ性はSNSで普段発表している作品も見た方がより深く理解できる気がします。それにしても、一般公募の受付にSNSを使うのは斬新です。

星野:SNSが普及して以降、写真展やコンテストに参加せず、自らのSNSですばらしい作品を発表している作家さんが増えていますからね。Facebookで公募を受け付けることによって、そうした方々に対して間口を広く設けることが出来ました。

今回の横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展への参加を契機に、活躍のステージを広げてもらえれば嬉しく思います。

末吉:初めて写真を展示する方もいるようですしね。モニターよりも遙かに大きなサイズで展示をして、来場者の反応を肌で感じるというのは貴重な経験だと思います。

星野:最近は高級なカメラで撮影しても、プリントをせずにモニターで見て楽しんでいるだけの方も数多くいますが、写真とは紙の選定や試し刷りの試行錯誤を繰り返し、プリントという形に落とし込むことにより、作品として圧倒的な説得力を持ちます。

昨年出展された方の中にも、初めての写真展だった方が多数いらっしゃいましたが、最初の一歩を赤レンガで踏み出したことにより、その後多数の企画展に参加されている方が多かったのがとても嬉しいですね。

もう一点重要なのは、普段は個人で写真活動をされている方が、60組以上の方と同じステージに自分の写真を並べることにより、色々な「気づき」があります。自分の実力とか、ポジションとか、思想とか。これこそが私の狙いであり、「横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展」から新進気鋭の作家が生まれ、ここが猫写真家の登竜門的な場になれたらいいな、と思っています。

末吉:自分も今回の横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展を「僕らの居場所は言わにゃいで」の周知だけでなく、活動の場を広げるキッカケに…誤解を生む言い方かもしれませんが、利用させていただければと思っています。

星野:是非そうしてください。

(2015年の様子)

(2015年の様子)

末吉:今年は写真の展示以外にもサロンスペースで催し等があると聞いておりますが、写真+αの見所についても教えて頂けますか?

星野:星野と写真展出展者7名で母と子をテーマにした写真集「ハハネコ コネコ」を会期にあわせて発行し、会場にて先行販売します。また、主会場となる1号館2階に加え、1階のスポットの一部も追加し、9名のアーティストによる作品の販売やワークショップを行う「猫アートフェスタ」を開催します。

末吉:なるほど。二階だけでなく一階でも作品に触れられるんですね。

今回は長い時間、ありがとうございました。また横浜赤レンガ倉庫の会場でお会いできることを楽しみにしております。遅刻魔なので遅刻しないように気をつけなきゃですな・・・(笑)

横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展 2016

~今を生きる猫たちのキロク・キオク~

■会場:横浜赤レンガ倉庫 1号館2階(展示スペースA/B/C/エレベータホール)

〒231-0001 神奈川県横浜市中区新港1-1-1(GoogleMap)

みなとみらい線「馬車道駅」または「日本大通り駅」徒歩約6分(馬車道駅推奨)

※有料駐車場あり

■会期:2016年11月2日~7日

■時間:10:00~19:00(最終日は15:00閉館)

■入場料:500円(小学生以下無料、当日に限り再入場可)

■企画:星野俊光(写真家)

■主催:ジャパンクリエイト株式会社 EC事業部 art+books事業課

〒101-0032 東京都千代田区岩本町1-14-5 アクタス岩本町3F

http://www.art-books.jp/

■窓口:TEL 03-3851-6375 担当/本間・星野(平日10:00~17:00※土日祝はお休み)

※「僕らの居場所は言わにゃいで」をテーマにした写真の展示を行います。ここでしか買えない限定フォトブックもありますよ!!★facebookページでのイイね!も宜しくお願いします。https://www.facebook.com/events/669234779899544/

flyer

末吉弦太



写真家

カメラマンとして企業のウェブサイト・広告用の写真を撮影する傍ら、各地を転々としつつ外暮しの猫たちを撮り続ける。 主要機材:PENTAX 645Z、Nikon D5、FUJIFILM X100 撮影場所を公にすることのリスクや問題について警鐘を鳴らすハッシュタグ「#僕らの居場所は言わにゃいで」を使って、猫の居場所をシェアするのではなく、静かに見守る気持ちをシェアしませんか?

instagram
Facebook
Twitter

関連記事

野良猫に懐いてもらうのは危険?

自由で野性味あふれていて、とても魅力的な野良猫さん。飼い猫にはない凛々しさとクールさを備えながらも、とてもキュートです。そんな野良猫と仲良くなりたいと願う人も多いですよね。けれど野良猫と人が……

ニュース

【動物看護師が解説】猫のストレス解消法ってどんなこと?

猫は神経質でストレスに弱い生き物です。突然の来客や外出などがあると、途端に食欲がなくなってしまったり、お腹を下してしまったりすることがあります。しかし人間と暮らす上で、通院のための外出や長期……

ニュース

僕らの居場所は言わにゃいで その16:口にしにゃい方がイイ

横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展の準備だなんだと忙しく毎日を過ごしている今日この頃。 皆様いかがお過ごしでしょうか。 前回は「#僕らの居場所は言わにゃいで」の根本にある考え方について……

ニュース

【ちょっと猫飼いに聞いてみました!】トイレ砂は何を選んだらいい?

猫について獣医師に聞くほどのことではないのだけど、でも知っておきたいことってありますよね。猫飼いのスタッフが考えてみました。 質問!トイレ砂は何を選んだらいい? 猫砂も猫のフード……

ニュース

僕らの居場所は言わにゃいで 特別編:横浜赤レンガ倉庫 ねこ写真展その2

さて今回も赤レンガ倉庫の告知。第二弾は昨年に引き続き出展される猫写真家のばんひろみさんにお話を伺ってみました。 末吉:普段はどんなカメラとレンズをお使いですか? ばん:F……

ニュース