肥満になりやすいので要注意!ブルドッグのエサの量について

独得の厳つい顔と愛嬌たっぷりの仕草で長く人を魅了してやまないブルドッグ。強くて怖そうな見た目とは裏腹にどちらかといえば温厚で甘えん坊な性格のようです。しわが多くぽっちゃりとしたイメージですが、エサを与える時の注意などないのでしょうか?今回はそんなブルドッグのエサの適量などについて調べてみました。

 

ブルドッグのエサの適量は?

ブルドッグは食欲旺盛でよく食べる犬が多いようですね。お皿に鼻を突っ込んでガツガツと食べる姿はブルドッグらしい微笑ましい姿ですが、食べても食べても物足りなさそうにされてしまうので、「どのくらいがエサの適量なのかわからない。」と悩んでいる飼い主の方も多いようです。

また肥満になりやすい傾向があり、肥満が誘発しやすい股関節形成不全や膝蓋骨脱臼などの病気にもかかりやすいことから、エサの量のコントロールがとても大切な犬種のようです。

エサの適量の算出方法はいろいろな方法がありますが、ここでは一般的によく言われている算出方法をご紹介します。

体重から割り出す方法

おおよそ体重の2.5%の量が適量といわれています。カロリーでいうと体重1kgあたり50~110カロリーの計算になります。

ただしこれは成犬の場合の計算になるので、成長期の子犬の場合は約2倍、逆にシニア期の犬の場合は2~3割少なめに与えるとよいといわれています。

パッケージの記載量を目安にする

市販のフードの場合はパッケージに給仕量が記載されているものがほとんどになります。記載されている量を目安に運動量や太り気味であるかなどを考慮して、エサの量を決めていくとよいといわれています。

係数から計算する方法

年齢や月例、体質などの係数を使用して1日に必要なカロリーを割り出す方法です。次のような式を使用します。

  • 安静時の必要エネルギー=70×(適正体重)の0.75乗
  • 1日の必要エネルギー=安静時の必要エネルギー×ライフステージ係数

ライフステージ係数

  • 4ヶ月まで:3.0
  • 4ヶ月以降体重増加が止まるまで:2.0
  • 避妊・去勢をしている成犬:1.6
  • 避妊・去勢をしていない成犬:1.8
  • 肥満気味の場合:1.2~1.4
ブルドッグ_犬_素材
 

個体差にあわせたエサの適量の見極めは?

算出方法を使って割り出したエサの量を与えていればいいかといえば、そういうわけにはいかないようです。人にも個人差があるように、犬にも1頭1頭消化能力や運動量などに個体差があります。

算出されたエサの量を目安にそれぞれの犬の個体差にあわせたエサの量を見極めていく必要があるようですね。

個体差にあわせたエサの量の見極め方で1番よいのといわれているのが便の硬さを見る方法です。便が柔らかい状態が続く場合は与え過ぎ、逆にポロポロと硬い便が続く場合は少な過ぎだと考えられています。

丁度よい便は硬さが耳たぶくらいの柔らかさで、拾うと便のあとが少し残るくらいがよいといわれています。

まずは算出方法を利用して割り出したエサの量を与えてみて、便の量や状態を確認してみましょう。便の量が多かったり便の状態がゆるい場合は、少しエサの量を控えてみるとよいですね。

 

月例や年齢によるエサの与え方

ブルドッグは幼少期に肥満傾向にさせてしまうと、成犬になってからいくら食事量をコントロールしても痩せさせるのが難しくなってしまうようです。そのため成長期にあたる幼少期や青年期からしっかりとカロリーコントロールをしながら、必要な栄養素をしっかりと摂れるような与え方をしてあげる必要があるようです。

犬の成長も消化能力や運動量などと同じく個体差があるので、一概にこの月齢だからこうするということは難しいのですが、一般的にいわれている与え方は次のようになっています。

参考にしながら便の状態、体重の増加の仕方などを見て調整をしてくとよいですね。

2ヶ月~3ヶ月

このころに子犬を引き取った場合は、急な変化による胃腸障害を起こさないために、量や回数、食べ物の硬さなど基本的に引き取った時と同じようにして与えます。

自宅で出産した子犬の場合は、市販の離乳食やパピー用の高カロリーのフードを与えます。ドライフードの場合はお湯や犬用のミルクでふやかしてあげるようにしましょう。

食事の回数は3回~4回が目安になります。

4ヶ月~7ヶ月

ドライフードの場合は便の様子を見ながら少しずつ硬い状態で食べられるようにしていきましょう。おやつもこの時期から開始します。

食事の回数は2回が目安になります。

8ヶ月ころ

成犬として体ができてきて体重の増加がおさまってきます。成犬用のフードに変えていく時期ですが、いきなり変えてしまうと胃腸障害につながってしまいます。もともと食べているフードに少しずつ混ぜて慣らしていくとよいでしょう。

便の状態が変わらないようなら1週間くらいを目安に切り替えていくとよいようです。

食事の回数は2回が目安になります。

9ヶ月~7歳

できるだけ体重の増減のない状態を保つような食事に気を心がけます。成犬用のフードを与えていても体重が増えて行ってしまうような場合は、食事量を減らすかダイエット用のローカロリーの物に切り替えましょう。

その際はできればかかりつけの獣医師に相談し、適したフードをアドバイスしてもらうとよいですね。

食事の回数は2回が目安になります。

8歳以降

シニア期に入ってきて消化機能や噛む力が衰えてきます。ドライフードの場合はふやかすなどして柔らかい状態の物を与えるようにしましょう。フードは高タンパク低カロリーのシニア用のフードに切り替えていくとよいでしょう。

食事の回数は2回~3回が目安ですが、歯が抜けたりして1回に多くの量を食べることが難しい場合は、1回の食事量を減らして回数を増やしてあげるようにしましょう。

ブルドッグ_犬_素材
 

アレルギーに注意!

ブルドッグは顔や体に多くのしわがあるため、しわの間が蒸れやすく湿疹などの皮膚トラブルが多くなってしまうようです。

皮膚トラブルを起こす原因の1つは食べ物によるアレルギーです。食べ物によるアレルギー性皮膚炎の症状は耳や目の周り、唇、わきの下、後ろ足のつけ根などにかゆみをともなう赤い発疹ができます。

食物アレルギーの原因の1つはタンパク質だといわれています。また人は主食として摂取することが多い穀物ですが、もとが肉食の犬たちにとって穀物は消化しにくい物の1つのようで、アレルギーの原因になってしまうことがあるようです。

アレルギーを起こしているアレルゲンの特定は、動物病院でアレルギー検査を受けなければはっきりとはわかりませんが、エサの量を調整しても便の状態がゆるかったり嘔吐をするような場合は、予め消化・分解されたたんぱく質を使用したフードやグレインフリーといわれる穀物を除いて作られたフードに切り替えてみるのもよいでしょう。

また発疹が出ていたり、やたらと痒がるなどのアレルギー性の皮膚炎が疑われる症状が現れている場合は、早めにかかりつけの獣医師に相談するようにしましょう。

ブルドッグに必要な栄養素とは?

前にも書いた通りブルドッグは股関節形成不全や膝蓋骨脱臼など関節の病気にかかりやすいといわれています。また大きくやや出っ張り気味の目は病気やケガをしやすい傾向があるようです。

エサでもこれらの病気などを予防する栄養素をうまく取り入れてあげたいものです。具体的には次のような栄養素が目や関節にはよいようです。

  1. コラーゲン
  2. 摂取食品:鳥肉、皮つきの鮭などの魚類

  3. グルコサミン
  4. 摂取食品:牛、鳥、豚などの軟骨

  5. DHA
  6. 摂取食品:マグロ、ブリ

  7. EPA
  8. 摂取食品:イワシ、サンマなどの青魚

鶏肉はどの部位でもコラーゲンを多く含んでいるうえに肉の中では比較的ローカロリーなので、エサの量を少し少なくして鶏肉を混ぜてあげるのもよいですね。またご褒美のおやつに煮干しやマグロのフレークなどを与えると、ジャーキーなどを与えるよりもカロリーを抑えることができます。

またドライフードの中にもこれらの栄養素が入っているものがあります。パッケージを確認してこれらの栄養素がバランスよく入っている物を選ぶようにするのもよいですね。

犬_素材

暑さに弱いブルドッグは夏場の食事に注意!

ブルドッグのような鼻の短い短頭種と呼ばれる犬種は、パンティングによる体温の調整が苦手で、暑さにとても弱い傾向があります。そのため夏場は食欲が落ちてしまう犬が多いようですね。

夏場に食欲が落ちてしまうと夏バテや熱中症になりやすいので、できればしっかりと食べてもらいたいものです。缶詰のようなウェットタイプのエサを与えてる場合は冷やしてから与えたり、ドライフードの場合は食事の前に氷をあげるなどの工夫をしてあげるとよいですね。

関連記事