2016年10月27日更新

【動物看護師が徹底解説!】犬猫に薬を飲ませるとき注意するべきことは?

愛犬や愛猫が病気になったとき困るのは、「自宅でお薬を飲ませてください」と指示されたときではないですか?ちょっと我慢して飲んでねと頼み込んでも、飲んでくれるわけではなく、ごはんにうまく混ぜても、口の中に放り込んでもすぐに吐き出してしまって、うまく飲み込んでくれませんよね。

病気を治すためにきちんと飲まなくてはいけない薬ですから、飲んでくれないからといって中断するわけにもいきません。今回は、薬の飲ませ方や注意すべき点をご紹介します。

薬の上手な飲ませ方

まずはお薬の基本的な飲ませ方からご紹介していきましょう。

ごはんや、おやつに混ぜる


薬の飲ませ方で一番ポピュラーなのは、ごはんやおやつに混ぜる方法でしょう。ドライフードを食べている場合は、粒の中に薬を忍び込ませたり、ウェットフードを食べている場合は、ごはんで薬を包んだりします。ごはんをがつがつ食べる犬は混ぜるだけで一緒に食べてくれるので比較的楽ですが、慎重派の犬や猫はこの方法では苦戦することの方が多そうです。

ごはんやおやつに混ぜる場合は、混ぜるところを犬猫に見せず自然に振る舞うことが大切です。食べているときもちゃんと飲めているか凝視していると、いつもと違うことを察知して、ごはんを食べなくなったり、薬を探し当てたりするので、なるべく自然に振る舞いましょう。だからといって目を離しているのではなく、薬がお皿から漏れていないか、口から出していないかはきちんと確認しましょう。

ウェットフードに混ぜる場合は、薬が数粒あっても欲張らず、一粒ずつ包みましょう。粉薬を混ぜる場合も、混ぜたものを団子にするのではなく、お饅頭のように中は薬を混ぜたごはん、外はただのごはんというように、二層構造にして食べさせるようにしましょう。犬猫は味覚がとても敏感なので、少しでも薬の味がすると吐き出してしまいますので、うまく誤魔化して飲ませることが大切です。

口の中に入れる


ごはんに混ぜていたのがバレて食べなくなってしまった場合や、最初からごはん作戦が効かなかった場合は、直接口の中に薬を入れて飲ませましょう。

利き手でない方の手で上顎の犬歯の後ろのくぼみに上から指を入れます。このとき、親指と中指を使うとしっかりと持てます。利き手で薬をつまみ、空いた指で下あごの先(前歯あたり)を抑えたら、上顎を引き上げます。こうして口を開けたら、舌の付け根に薬を置いてすぐに閉じます。苦しそうに舌を動かしますが、しばらくは口を閉じたままにしてください。喉がゴクンと鳴ったら、飲めているか口の中を確認してください。

かかりつけの動物病院で水飲み用の針なしの注射器をもらっているのであれば、口を閉じたときに犬歯の後ろに空間があるので、そこから口の中に水を流しこみましょう。水を流すことによって、より薬を飲み込みやすくなります。

この方法はほぼ1発勝負です。1回失敗すると、次からやらせてくれなくなるので、手際よく1回で済ませるようにしましょう。

薬を飲ませたとき注意する点は?

一番に気を付けなければならないのは、飲ませたつもりだったのに、飲めていないということです。

病気の程度にもよりますが、命を左右するような投薬を自宅でする場合もあるので、きちんと飲めているかは絶対に確認をしましょう。ごはんに混ぜた場合は、皿のどこかに張り付いたままになっていないか。皿の周辺に落ちていないか。口周りの毛に絡んでいないかを確認してください。

口の中に直接入れたときも同様で、周りに落ちていないか。体の毛についていないか。口周りの毛についていないかを確認してください。多いミスは、シーズーやシュナウザーの口周りの毛が豊富な犬種で、ヒゲの中に薬がいくつも隠れていた、胸の毛に絡んでいた、などです。また、鼻の短い短頭種は口が横に広いので、頬の裏側に入り込んでいないか確認をしてください。

投薬は難しい作業ですが、慣れてしまえば上手に、犬猫に負担なく薬を飲ませることができるようになります。やり方がうまく理解できないとき、どの方法を試しても飲ませることができないときは、かかりつけの動物病院へ相談しましょう。錠剤を粉薬にしてシロップで解いてくれたり、あらゆる方法で対処してくれるはずです。

飲ませられないからといって、勝手に薬をやめてしまうことは絶対にしてはいけません。薬がなくなる前であっても、必ず病院へ行き、どうすればよいか相談するようにしてください。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

医療ミスでペットの犬や猫が死んだ場合、損害賠償請求はできるの?

獣医師のミスによるペットの死亡。考えたくないことですし、あってはならないことですが自分のペットに事故が起きる可能性はゼロではありません。 もし獣医師から充分な説明がなかったり、治療を選……

猫の幸せ

「猫風邪」の症状と治療について【動物看護師が解説】

”猫風邪”という言葉をよく聞きませんか?その名の通り、猫の風邪なのですが、人間のように放っておけば治るような軽い風邪のことをいうわけではありません。猫風邪は立派な病気で、治療をしなければ重篤……

猫の感染症

【動物看護師が徹底解説!】猫のお腹がゆるい時の対処法

猫は神経質な生き物であり、体調もストレスに左右されることがあります。 いつも通り元気があって、ご飯もよく食べたのに、便がいつもよりゆるくて心配になったことはありませんか?病院へ連れて行……

猫の健康と病気

猫の歯槽膿漏にも朗報!歯磨きが嫌いな猫のために『歯磨きガム』『歯磨きジェル』!

人間の場合は60歳になった時点でどのくらい自分の歯が残っているかが寿命を決める…などと言いますが、猫の場合も同じです。猫は虫歯になることはほとんどないと言われていますが歯周病になることが多く……

猫の歯・口の病気

猫も車に酔う?車酔いの症状と対策【動物看護師が徹底解説】

愛猫を動物病院に連れて行くときに車に乗せる飼い主さんも多くいるのではないでしょうか。そこで気になるのが、車酔い。猫は車に酔うのでしょうか?また、どんな症状が出て、どんな対策をすればよいのでし……

猫の健康と病気

猫の健康を維持する為には?猫のエサの与え方と与えてはいけない食材

私たち人間は、健康に毎日を過ごす為に日頃から食生活に気をつけたり、運動や睡眠を充分にとったりしています。健康管理をする事で風邪などの病気を予防します。 猫も同じです。野良猫の場合は、本……

キャットフード

サルにそっくりな猫!? キンカジューの生態、食性、性格について紹介します

キンカジュー、という動物を最近知った方も多いのではないでしょうか。「珍ペット」というマイナーな存在のキンカジューですが、最近、テレビ露出が増えてきたこともあり、にわかに注目が集まってきていま……

猫の健康と病気

野生的な猫の姿に犬のような性格? オシキャットの歴史、特徴、魅力

ヒョウ柄で野生的なルックスにもかかわらず、人懐こい犬のような性格のオシキャット。そのギャップは多くの猫好きを惹き付けています。 我道を行くタイプの猫と違って濃厚なコミュニケーションや心……

猫の健康と病気

【猫の育て方】特に子猫を育てる時に絶対にしてはいけないポイントとは

愛猫カイトを拾った日の事は、今でも鮮明に思い出します。明け方から庭の隅でニャオニャオ鳴き声が聞こえる、と知らせに来たのは、いつもは寝起きの悪い娘。まだ薄暗い中、私と一緒に外に出て子猫を探し出……

猫の健康と病気

猫の飼い主は、情報交換の場として活用できる動物病院の待合室

動物病院の診察代は高い… 怪我や病気でなくても、猫は予防接種や虫対策のために動物病院へ通院する機会があります。ただ病気の予防対策のために通院しても、保険のきく人間と違って支払う金額は安くあ……

猫の動物病院

【獣医師が教える】動物病院でうまく症状を伝えるコツ

猫の問診の難しい理由の1つとして、「猫」「獣医師」「オーナー」の3者が医療に絡むことが挙げられます。これは乳幼児の医療と同じ構造ですね。猫は人間の言葉を話さない(なんとなくわかることもありま……

猫のニュース

【動物看護師が徹底解説!】犬猫に薬を飲ませるとき注意するべきことは?

愛犬や愛猫が病気になったとき困るのは、「自宅でお薬を飲ませてください」と指示されたときではないですか?ちょっと我慢して飲んでねと頼み込んでも、飲んでくれるわけではなく、ごはんにうまく混ぜても……

猫の健康と病気

手こずっている飼い主さん必見! 猫への上手な投薬方法について

どうしてもこの薬を飲んでもらわないと困る!そんな飼い主さんの痛切な思いは、残念ながら猫には通じません。 フードに薬を混ぜても“ペッ”、直接錠剤を口に入れようとしても頑として口を閉ざした……

猫の言葉・気持ち

猫の目を見て健康管理! 猫の目のチェックと手入れのポイントとは?

猫の目を毎日チェックしているでしょうか?実は目の色や目やにの色など、細かい点に気をつけてみることが病気の早期発見などにもつながります。 猫の目やにがひどい時は細菌感染などになっている場……

猫の目のお手入れ

猫の食欲がない!体調不良で食べてくれない時のお役立ちフード

病気やケガ、老齢などで猫が食事をしてくれない…とても心配してしまいますよね。 ただでさえ弱っている時に食べてくれない状態が続くと一気に衰弱してしまうこともあります。そんなことにならない……

猫の食事の基礎

病気だと思って動物病院に駆け込んだら…(笑)犬や猫の飼い主さんの勘違いエピソード!

初めて犬や猫と暮らす飼い主さんは心配なことがたくさん!!ご飯はこれでいいのか?トイレのしつけは大丈夫か?接し方は間違っていないか?など分からないことだらけで不安になることが多いのではないでし……

初めて猫を飼う心構え

【動物看護師が徹底解説!】心配しなくていい嘔吐と危険な嘔吐の見分け方(猫篇)

猫は比較的よく吐く生き物ですが、だからといって「いつものことだから」と見逃すのもよくありません。嘔吐という症状が出る疾患はたくさんあり、病院に連れて行くか否かの判断は100%飼い主さんに任さ……

猫の体外に排出したものの変化や異常

獣医師が教える!犬や猫はインフルエンザにかかるの?

冬本番となり、今シーズンもインフルエンザの流行が本格化してきました。人がかかるととても辛いインフルエンザですが、犬や猫にもインフルエンザがあるのか気になった人はいませんか?今回は、犬や猫のイ……

猫に関する冬の注意

背中が突然ビクビク…■1~4歳の猫は要注意!猫の「知覚過敏症」とは

愛猫をブラッシングすると突然背中を波打った様にビクビクさせることがあります。結構良く見る現象です。ワタクシ、「あら、ここが気持ちよいのね。」くらいに思っていました。 しかし!この背中の……

猫の健康と病気

【動物看護師が徹底解説!】猫の健康チェック!毎日チェックしたい項目は?

猫は病気を隠す生き物です。犬も同じですが、猫のほうが見破るのがとっても難しいのです。些細な病気のサインを見逃さないためにも、愛猫の普段の状態をよくよく知っておくことが大事です。愛猫の健康チェ……

猫の健康の基礎