2016年2月4日更新

子犬が家にきた!迎えたら最初にする準備と心構え。

新しく犬を迎える時に、ワクワクした気持ちの反面で、準備やしつけなど知っておかないといけない事が沢山あり、「不安」が生まれる事と思います。子犬を迎えるという事は実際大変で、人間の赤ちゃんを迎えるのと同じくらい準備と覚悟が必要なのです。そんな子犬を迎える時に知っておくと便利な事、最初に行なう事を注意点などと共にいくつか、ご紹介します。

準備するもの

サークルやケージ

子犬の居場所となるスペースを作ります。トイレのしつけなどにも使えるので、用意をしておきましょう。犬種によって成犬の時の大きさが違います。成犬になった時の大きさを考えてゲージやサークルは大きめの物を購入しましょう。成犬時に1頭入るものがベストです。扉はあっても無くてもどちらでも良いのですが、無いものは出入りが出来るように一面だけを解放しておきましょう。
サークルにはしきりを付けて、2つの部屋を用意してあげましょう。一つにはトイレを置いて、もう一つにはふかふかのベッドやぬいぐるみを置いて、お昼寝が出来る場所を作ってあげましょう。

ご飯のお皿とお水のお皿

食事を与えるための専用のお皿と、お水を入れておくお皿を用意しましょう。鼻の長い犬には底が深いものを用意して、鼻の短い犬には底が浅めのものを用意しましょう。
そして、水の置き場はいつも同じ場所にして、犬を惑わせないようにしてください。ご飯を与える場所も毎回同じにした方がよいです。部屋のど真ん中よりも安心して飲める部屋の角や、サークルの端の方に置くことをおススメします。

ブラッシングセット

人間がシャワーを浴びて髪をとかすように、犬も月に1度、もしくは5~6週間に1度のシャワーと毎日のブラッシングが必要です。トリミング専門店にお願いするのも良いですが、飼い主さん自身が犬の全身を専用のシャンプーで洗ってあげるとコミュニケーションの時間となり、さらに絆が深まります。子犬のうちは積極的なスキンシップが大事です。迎え入れた直後にはシャンプーは必要ありませんが、ブラッシングは迎え入れた3日後あたりから毎日行ないましょう。毎日行なう理由としてはコミュニケーションの他に、皮膚病を防いだり病気の早期発見の為にもなります。毛の長い犬は特に時間をかけて念入りに行なって下さい。

そんなブラッシングに必要な道具としては、犬専用のブラシと霧吹きです。
霧吹きで毛を濡らしながらゆっくりと行ないます。毛を引っ張りすぎて痛い!と思わせないように丁寧に行ないましょう。

観察する

子犬でも成犬並みに吠えます。一般的に成犬が吠える意味として「威嚇」と「要求」の2種類ですが、子犬の場合は威嚇をまだ知らないので「要求」のみの吠え方になります。しかし人間は犬が要求している事を理解出来ません。

意味も無くしつけだと思って叱ってしまうと、それが犬にとって恐怖症になる事があり、子犬でも威嚇を覚えてしまいます。
一緒に生活していると、吠え方やタイミングで何を要求しているかが読み取れてくるでしょう。十分に観察して、意味のあるしつけをするように頑張って下さい。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

「いま何を考えている?」行動・仕草からわかる犬の気持ち8選

犬は言葉を話すわけではありませんが、気持ちや体調を仕草や行動で飼い主さんに伝えてきます。犬の体調を管理し犬に健康で長生きしてもらうためには、犬の仕草や行動の意味するところを理解する必要がある……

犬の雑学

犬を飼ってから思うこと人それぞれ

犬を飼うにあたって人それぞれ色々な思いがあります。 犬と一緒に暮らすのが夢だった ペットショップで一目惚れ 子供に命の大切さを教えるために 子供が手を離れたから ……

初めて犬を飼う心構え

犬を飼うなら必ず覚えておきたい!犬に頼られる飼い主になるために必要なこと

愛犬かわいさに愛犬を甘やかし、ご機嫌を取ってしまう飼い主さんは意外に多いようですね。犬を甘やかしてしまうと犬が飼い主さんをリスペクトしなくなってしまいトラブルの元になることも。これは犬にとっ……

初めて犬を飼う心構え

愛犬家必見! 犬がストレスを感じる瞬間 3選

いつも無邪気で悦びに満ちているように見えるペットの犬たち。飼い主さんを癒し、ストレスを解消させてくれるありがたい存在でもあります。でもちょっと待ってください。実は犬たちの方も意外なことでスト……

犬の雑学

ペットを飼うと良いことばかり?ペットを飼うことのメリット・デメリット

ペットフード協会が2015年に行った調査によると、日本で飼われている犬は約991万7千匹、猫は約987万4千匹。全体の約4割の家庭がペットと暮らしていると言われています。では、なぜ人はペット……

初めて犬を飼う心構え