2016年10月29日更新

【動物看護師が徹底解説!】犬猫に塗り薬を使用するとき注意するべきことは?

愛犬・愛猫がケガや病気をしたとき、自宅で軟膏などの塗り薬を塗ってくださいといわれることがあるでしょう。塗り方や塗る量は、獣医の先生の指示通りに行えばよいものの、塗ったところをどう管理してよいのか迷う方もいらっしゃるでしょう。薬を塗った後の管理や、注意点はどのようなことがあるのでしょうか?

用法、用量はきちんと守ること

塗り薬は飲み薬よりも効き目が少ないと感じている飼い主さんもいらっしゃるようで、一日に何度も塗ったり、多めに塗ったりすることもあるようですが、指示された用法・用量はきちんと守るようにしてください。抗生物質の含まれた塗り薬やステロイドの含まれた塗り薬を、一日に何度も塗り治したり、量を間違えて使い続けると効き目がなくなったり、皮膚を弱めてしまうこともあります。

塗ってすぐにこすったり、舐めたりして、薬を塗った意味がなくなってしまうようなときに、何度も塗りなおしたくなる気持ちもわかりますが、肝心なのは塗り直すようなことをさせないのが一番ですので、塗ったところをイジらせない工夫が必要です。

塗り薬にはほぼカラーが必須

どんな位置であっても、塗り薬を塗る場合はカラーが必須といえるでしょう。

犬も猫も体についた異物は舐めて取り除く習性がありますから、塗り薬を塗ったまま放置しているとすぐに舐めとってしまいます。塗り薬を飲み込んでしまうこと自体、よいことではなく、それを一日に何度も繰り返すのもよくありません。カラーは見栄えが悪く、かわいそうで、どうしてもすぐ取りたくなってしまいますが、病気やケガの完治を最優先に考え、薬を塗ったらカラーをするようにしましょう。

カラーで防げなければ絆創膏を

カラーで防げない位置にある場合や、カラーの先端で傷を広げてしまうような場合は、塗り薬を塗ったうえに絆創膏を貼るとよいでしょう。ガーゼを当てて、テープで固定するだけでも十分に効果があります。

しかし、絆創膏を丸出しにしていると高確率ですぐにはがすか、食べるかをしてしまうので、絆創膏を貼ったとしてもカラーははずさないようにしてください。洋服を嫌がらずに着てくれるのであれば、塗り薬の上に絆創膏、そのうえに洋服を着れば完璧な防御ができます。

余ったものを指示なしで使用しない

塗り薬はチューブで出されることがほとんどなので、処方日数によっては薬が余ってしまう場合があります。大抵の飼い主さんは、その薬を捨てずに取っておいて下さいますが、次に同じような症状があったとしても自己判断でその薬を使うのは絶対にやめてください

同じような症状が出た場合は、必ずかかりつけの動物病院へ受診し、”同じような症状でこのような薬を以前処方された”と現物を見せるようにしましょう。同じ薬で治療を進める場合は余っている薬を使用することで、薬の金額を払わずに済むことになります。決して指示なしに使用したりすることはないようにしてくださいね。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

【動物看護師が徹底解説!】猫のお腹がゆるい時の対処法

猫は神経質な生き物であり、体調もストレスに左右されることがあります。 いつも通り元気があって、ご飯もよく食べたのに、便がいつもよりゆるくて心配になったことはありませんか?病院へ連れて行……

猫の健康と病気

猫の食欲がない!体調不良で食べてくれない時のお役立ちフード

病気やケガ、老齢などで猫が食事をしてくれない…とても心配してしまいますよね。 ただでさえ弱っている時に食べてくれない状態が続くと一気に衰弱してしまうこともあります。そんなことにならない……

猫の動作や習慣の変化や異常

オシキャットってどんな猫?オシキャットの特徴・性格・飼うときの注意点を徹底解説!

野性的な豹柄が特徴のオシキャット。日本ではまだ珍しい猫種なので見たことがない方も多いと思いますが、その野性味あふれる姿がとても人気の猫です。 この記事ではまだあまりなじみのない猫種、オ……

猫の健康と病気

猫の健康を維持する為には?猫のエサの与え方と与えてはいけない食材

私たち人間は、健康に毎日を過ごす為に日頃から食生活に気をつけたり、運動や睡眠を充分にとったりしています。健康管理をする事で風邪などの病気を予防します。 猫も同じです。野良猫の場合は、本……

猫の食事の基礎

病気だと思って動物病院に駆け込んだら…(笑)犬や猫の飼い主さんの勘違いエピソード!

初めて犬や猫と暮らす飼い主さんは心配なことがたくさん!!ご飯はこれでいいのか?トイレのしつけは大丈夫か?接し方は間違っていないか?など分からないことだらけで不安になることが多いのではないでし……

初めて猫を飼う心構え

「猫風邪」の症状と治療について【動物看護師が解説】

”猫風邪”という言葉をよく聞きませんか?その名の通り、猫の風邪なのですが、人間のように放っておけば治るような軽い風邪のことをいうわけではありません。猫風邪は立派な病気で、治療をしなければ重篤……

猫の感染症

猫の歯槽膿漏にも朗報!歯磨きが嫌いな猫のために『歯磨きガム』『歯磨きジェル』!

人間の場合は60歳になった時点でどのくらい自分の歯が残っているかが寿命を決める…などと言いますが、猫の場合も同じです。猫は虫歯になることはほとんどないと言われていますが歯周病になることが多く……

猫の歯・口の病気

サルにそっくりな猫!? キンカジューの生態、食性、性格について紹介します

キンカジュー、という動物を最近知った方も多いのではないでしょうか。「珍ペット」というマイナーな存在のキンカジューですが、最近、テレビ露出が増えてきたこともあり、にわかに注目が集まってきていま……

猫の健康と病気

嫌がる猫でも大丈夫! 猫に薬を飲ませる方法とは?

猫を病院に連れて行って診察してもらった後、獣医さんから「家に帰ったら、食事の後にお薬を飲ませてください」と言われて、焦った経験、ありませんか? そもそも猫は強要されるのが大嫌いです。薬……

猫の動物病院

猫の歯磨きを無理なく始めたい! 焦らず習慣にするポイントとは?

猫の歯磨きを思い立って始めようとしても、たいていの猫は口を触ったり開けたりすること自体を嫌がってしまいます。歯磨きは焦らず習慣にしていくことが大切です。 また最近では、様々なデンタルケ……

猫の歯・口の病気

野生的な猫の姿に犬のような性格? オシキャットの歴史、特徴、魅力

ヒョウ柄で野生的なルックスにもかかわらず、人懐こい犬のような性格のオシキャット。そのギャップは多くの猫好きを惹き付けています。 我道を行くタイプの猫と違って濃厚なコミュニケーションや心……

猫の健康と病気

猫の目を見て健康管理! 猫の目のチェックと手入れのポイントとは?

猫の目を毎日チェックしているでしょうか?実は目の色や目やにの色など、細かい点に気をつけてみることが病気の早期発見などにもつながります。 猫の目やにがひどい時は細菌感染などになっている場……

猫の目のお手入れ

医療ミスでペットの犬や猫が死んだ場合、損害賠償請求はできるの?

獣医師のミスによるペットの死亡。考えたくないことですし、あってはならないことですが自分のペットに事故が起きる可能性はゼロではありません。 もし獣医師から充分な説明がなかったり、治療を選……

猫の動物病院

【動物看護師が徹底解説!】猫の健康チェック!毎日チェックしたい項目は?

猫は病気を隠す生き物です。犬も同じですが、猫のほうが見破るのがとっても難しいのです。些細な病気のサインを見逃さないためにも、愛猫の普段の状態をよくよく知っておくことが大事です。愛猫の健康チェ……

猫の健康の基礎

飼い猫が薬を飲んでくれない!猫に薬を飲ませる方法とは

飼い猫が高齢になってくると、年齢に比例する形で疾病のリスクが高まります。 中には手術が必要な病気もありますが、基本的には投薬によって治せるものが多く、家庭で投薬をしてあげる方法を知って……

猫のストレス

【獣医師が教える】動物病院でうまく症状を伝えるコツ

猫の問診の難しい理由の1つとして、「猫」「獣医師」「オーナー」の3者が医療に絡むことが挙げられます。これは乳幼児の医療と同じ構造ですね。猫は人間の言葉を話さない(なんとなくわかることもありま……

猫のニュース

【猫の育て方】特に子猫を育てる時に絶対にしてはいけないポイントとは

愛猫カイトを拾った日の事は、今でも鮮明に思い出します。明け方から庭の隅でニャオニャオ鳴き声が聞こえる、と知らせに来たのは、いつもは寝起きの悪い娘。まだ薄暗い中、私と一緒に外に出て子猫を探し出……

猫の健康と病気

背中が突然ビクビク…■1~4歳の猫は要注意!猫の「知覚過敏症」とは

愛猫をブラッシングすると突然背中を波打った様にビクビクさせることがあります。結構良く見る現象です。ワタクシ、「あら、ここが気持ちよいのね。」くらいに思っていました。 しかし!この背中の……

猫の健康と病気

【動物看護師が徹底解説!】痩せ型の愛猫を健康的な体重に近づけるためには?

猫には様々な種類がありますが、それぞれに標準体重があるのはご存知ですか?もちろん体格や性別によって体重は変わってきますが、あなたの愛猫は標準体重に当てはまっていますか?それとも少し痩せている……

猫の健康の基礎

猫の飼い主は、情報交換の場として活用できる動物病院の待合室

動物病院の診察代は高い… 怪我や病気でなくても、猫は予防接種や虫対策のために動物病院へ通院する機会があります。ただ病気の予防対策のために通院しても、保険のきく人間と違って支払う金額は安くあ……

猫の動物病院