2016年10月19日更新

【動物看護師が徹底解説!】初めての動物病院。マナーは?お金は?

家に子犬や子猫を迎え入れて、初めての動物病院。以前にも飼ったことがあるのであれば心配はいりませんが、まったくの初心者の飼い主さんにとっては動物病院へ行くのも緊張してしまいますよね。どんな準備をしていったらいいのだろう?お金はどれくらいかかるのだろう?そんなビギナー飼い主さんの疑問にお答えします。

病院選びは気楽に

最近では動物病院の数がどんどん増え、近所に2、3件動物病院があるという飼い主さんはたくさんいらっしゃるでしょう。遠くまで足を伸ばして通っている飼い主さんもいらっしゃいますが、まず初めは近所の動物病院へ受診してみましょう。

病院の良し悪しは、行ってからしかわかりません。口コミもその病院をひどく嫌った人か好いた人など、限られた人しか書いていないのであまりあてにならないことがほとんどでしょう。まず、検診がてら動物病院に行き、看護師や獣医師の先生の雰囲気を確認するのがよいでしょう。

気に入ったなら、何かあった際にはその病院へ通院して、何か気に入らない点があれば病気になる前に他の動物病院へ行ってみましょう。ポイントは、”検診がてら”ということです。病気になって治療が始まってしまっては、病院を変えるに変えられません。やっぱりこんな病院、やめておけばよかった・・・と後悔する前に、いろんな病院へ足を伸ばしてみてそれぞれの雰囲気を確認してみましょう。

料金はピンからキリまで

動物病院の診察料等は、それぞれがそれぞれの基準で決めているため、初診で3000円かかるところもあれば、500円で済むところもあります。犬猫は保険が効かないので、料金面はきちんとホームページなどで確認した方がよさそうです。

ホームページなどに書いていなくても、電話や直接行って確認することもできます。診察料が高いところはそれなりのサービスがついていたり(診察の度、爪切り無料、耳掃除無料など)、診察料が安くても細かな処置1つ1つでお金がかかってくることもあるので、それらの情報も細かく教えてくれる動物病院へ通うことをお勧めします。

来院時のマナーは? ~犬~

初めて動物病院へ連れていく時期は、散歩もしたことのない子犬なので、必ずキャリーに入れていきましょう。小さいところへ閉じ込めるのが可哀想だから、寂しそうに鳴くから、といって抱っこやタオルに包んだだけで来院するのはやめましょう

動物病院には、小型犬もいれば大型犬もいます。それぞれ体格別や種類別に待合室が区切られているわけではないので、ほかの患者さんを刺激しないためにも、必ずキャリーに入れてください。子犬や子猫が大型犬に噛まれる事故などは大抵待合室で起こります。そういった事故を防止するためにも絶対にキャリーから出さないようにしましょう。

犬の場合はキャリーに入れ、替えのペットシーツがあれば、あとは何も準備する必要はありません。検診のついでにワクチンなどを打つ予定であれば、ブリーダーやペットショップにいた間のワクチン接種証明書を忘れずに持っていきましょう。

来院時のマナーは? ~猫~

猫も犬と同じく、必ずキャリーに入れて連れていきましょう。猫の場合は犬の吠え声などに驚いて外へ逃げ出してしまう可能性もあるので、診察室や個室に入るまでは絶対にキャリーから出してはいけません

待合室で待っている間、飼い主さんがキャリーの扉を少し開けて手を入れて撫でている光景をよく目にしますが、何かの拍子に隙間から逃げ出して事故に巻き込まれたり、ケガをすることもあるので、寂しそうに鳴いていたとしてもぐっとこらえてください。猫は特に病院を嫌いますので、暴れたり、逃げ出したりしないよう、体がすっぽり入るような洗濯ネットも準備していったほうが良いでしょう。

子猫の時に使用することは極稀ですが、暴れて仕方ないときはネットに入れて診察することもあるので、必ず持っていきましょう。ネットの中にいれた状態でキャリーで連れてきても構いません。洗濯ネットに入れる理由は、脱走防止と、猫はある程度視界が遮られていた方が落ち着いて診察を受けられるためです。また、ネットの目の間から注射をしたり、処置をすることができるので、洗濯ネットを使用します。

少し可哀想に思えるかもしれませんが、暴れたり逃げ出したりするよりも、ネットに入れた方がずっと安全ですので、必ず用意するようにしてください。

犬と同様にワクチンと打つ場合は、ブリーダーやペットショップにいた間のワクチン接種証明書を忘れずに持っていきましょう。

子犬・子猫のうちが肝心

子犬・子猫のうちは動物病院に対する恐怖心がないので、用がなくてもどんどん病院へ足を運びましょう。検診にきた、体重を測りに来た、爪を切りに来た、どんな小さなことでも構いません。たくさん足を運び、病院という場所に慣れ、楽しいことを経験していけば、動物病院好きの犬猫になることでしょう。

子犬・子猫のうちに看護師や獣医の先生にたくさん可愛がってもらい、病院は楽しい!優しい!という印象をどんどん植え付けていきましょう。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

犬を飼ってから思うこと人それぞれ

犬を飼うにあたって人それぞれ色々な思いがあります。 犬と一緒に暮らすのが夢だった ペットショップで一目惚れ 子供に命の大切さを教えるために 子供が手を離れたから ……

初めて犬を飼う心構え

引き取り手なく殺処分を待つ老犬や障害犬のために安全なバリアフリーの保護施設を!

環境省のデータによれば平成26年に保健所に持ち込まれた犬は53173頭。そのうち21593頭が飼い主の元に戻れず、譲渡されることもなく殺処分されています。近年では保護団体の活躍やペットを大切……

初めて犬を飼う心構え

犬猫の飼い始め、まずは何をすればいいの?

犬と猫と暮らしはじめ、まず何をすればいいのかとても不安ですね。犬や猫が心地よく、静かで安心できる環境をつくり、あとは安心して慣れてくれるまで待ちましょう。消極的な方法ですが、一番無理なくいい……

言葉を使った犬とのコミュニケーションは、“家族で統一”が鍵!

突然ですが飼い犬を叱る場合、どんな言葉で叱っていますか?「だめ」「いけない」など、いくつも使っていませんか?“言葉”は飼い主と飼い犬を結ぶ大切なものです。そこで、今回はこの“言葉”を使った犬……

初めて犬を飼う心構え

可愛さだけで選んでませんか?犬を選ぶ際のポイント・注意点について

『犬を飼ってみたいけれど、可愛いってだけで選んでしまっていいものなの?』『犬は従順だってよく聞くけれど、どの犬種も同じように従順なの?』と心配になった経験のある方は多いのではないでしょうか。……

初めて犬を飼う心構え