2016年12月23日更新

【ちょっと猫飼いに聞いてみました!】猫は外に出たがっている?

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

猫について獣医師に聞くほどのことではないのだけど、でも知っておきたいことってありますよね。猫飼いのスタッフが考えてみました。

 

質問!猫は外に出たがっている?

素材cat-1540857_640
外で飼う人もまだまだ居ますが、最近では完全室内飼い猫が増えてきました。たまに家の猫が外を恋しそうに見ていることがありますね。それを見て飼い主さんは外に出たがっているのではと考えているようです。

猫の行動は不可思議なものが多い

猫が外を見ている理由は、聞きなれない音がしているから警戒しているや、匂いがしているからとかいろいろありますが、本当の理由は分かりません。

扉を開けると飛び出す猫もいますので、そういう猫ほど我に帰ったらびっくりしてしまい腰が引けて動けなくなりことも多いのです。外に出たくて仕方がない猫ではない気もしてしまいます。

愛猫が外を見ていたり、脱走してしまったから、外が恋しいと思うのは違う事が多いようです。

外に出してあげたら喜ぶの?

猫を外に出して見ると喜ぶのかと聞かれますが、それは絶対やめてほしいと言っています。猫は縄張りの中で生活をする動物です。室内飼育の猫の縄張りは家の中ですから、その外に行くのは極度のストレスがかかる可能性があるのです。

まれに楽しく外を散歩できる猫もいるようです。しかし順応できない猫の方が多いので無理にお散歩をしない方がいいでしょう。どうしてもしたい場合には、ワクチンをきちんと摂取しリードに慣れてもらってから、キャリーケースなどの万が一のための道具を準備して出掛けてください。

外は危険がたくさん?

猫が外に出たときの危険は、交通事故、感染症の危険、虐待などがあります。リードでつないでいたとしても脱走の危険もあります。無理に外に出すのではなく、家の中でストレス解消をしてみましょう。

猫は外に出なくても幸せになれる

猫_素材
外には猫にとって危険な事がたくさんあります。人が良かれと思って外に出してしまえば、取り返しのつかない事態になる可能性があるのです。猫が外を見ているのは、縄張りの中に外敵が入ってこないか警戒しているのかもしれません。猫の安全を守るためにも室内で安全な飼育をしましょう!

服部幸先生による「猫が快適に暮らすための環境づくり」。猫壱主催セミナーより

 
 

関連カテゴリ