2016年11月13日更新

【動物看護師が解説】バーニーズマウンテンドッグにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

大型犬好きの方の中で、高い人気を誇るバーニーズマウンテンドッグ(以下、バーニーズ)。優しく、賢く、小さな子供とも遊べる家族に馴染みやすい犬種です。体が大きく、毛量もかなりあるので被毛の手入れが大変そうに思えますが、実際はどうなのでしょうか?

本来トリミングは必要ない

バーニーズは毛量もあり、長さもそれなりですが、基本的にはトリミングの必要はありません。しかし、夏場は特に被毛で守られている分バテやすく、色も黒いので熱がこもります。30分程度の散歩であっても、体調を崩す場合もあるので、夏バテ回避のためにサマーカットを行う飼い主さんもいらっしゃいます。

換毛期には抜け毛もひどいので、一年中を通して毛を短く整えることもあります。被毛の管理は飼い主さんがどこまで手間をかけられるかで、どうするか選択すると良いでしょう。本来トリミングをしない犬種であっても、絶対にトリミングができない、してはいけないわけではないので、体も大きく手間もかかるので、あまり自然体を保つために無理をしすぎない方が良いでしょう。

体の大きさから金額が大きくなることも

トリミングやシャンプーに連れて行っても、体が大きいために追加料金がかかったり、最初から値段が高めに設定してあることがほとんどです。小型犬のトリミング代を目安に考えていると、大変なことになるので時前に問い合わせるか調べておいた方が良いでしょう。

あまり被毛の手入れで金銭的負担を負いたくなければ、自宅でシャンプーすることもできますが、かなり重労働になることは覚悟しておきましょう。シャンプーだけで体力を消耗してしまって、タオルドライのみで自然乾燥させる方もいらっしゃいますが、濡れたまま放置するのは皮膚炎や体臭の原因になりますので、なるべくドライヤーで丁寧に乾かすようにしましょう。夏場はさらに大変にはなりますが、熱中症防止のために冷風で乾かすのが愛犬にとっては1番です。

ダブルコートで抜け毛も多い

バーニーズは上毛と下毛をもつダブルコートなので、冬に下毛を密に蓄え、夏に向けて下毛を抜き捨てていきます。ただでさえダブルコートの抜け毛は多いのに加えて、体も大きいのでその量はかなりのものになります。毎日はさすがに大変ですが、短いスパンでブラッシングを行い、抜け毛を除去しておくことが大切です。

トリミングサロンでレーキングという下毛処理をしてもらうと、ブラッシングや抜け毛掃除の手間も省けて飼い主さん自身が少し楽になるでしょう。それなりに金額はかかりますが、飼い主さんの日々の負担を考えると、非常に良い支えになってくれるはずですので、少しお金をかけてでも付き合っていくことを考えるとよいでしょう。

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

ペットが喜ぶブラッシングタイムに!!犬や猫のブラッシングにおすすめのブラシはどれ?

[関連記事]【便利!】猫用抜け毛ブラシのおすすめ10選 ペットと気軽にできるコミュニケーションとしてブラッシングをお勧めする事があります。コミュニケーションしながら毛の抜け代わりを手助……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】ホワイトテリアにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

自尊心が強く、しつけがしにくいと言われるテリア種の中で、温厚で人懐っこく、明るい性格のウエストハイランドホワイトテリア(以下、ホワイトテリア)。テリア種らしい我が強い一面ももちろんありますが……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】バーニーズマウンテンドッグにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

大型犬好きの方の中で、高い人気を誇るバーニーズマウンテンドッグ(以下、バーニーズ)。優しく、賢く、小さな子供とも遊べる家族に馴染みやすい犬種です。体が大きく、毛量もかなりあるので被毛の手入れ……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】柴犬にトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

和犬の中で1番馴染みがあるのは柴犬ですね。外でも、室内でも買いやすい体格と、飼い主さんにしか懐かない従順さが人気の理由であり、お年寄りから若い人まで幅広く愛されている犬種です。柴犬は毛が短く……

犬のトリミング

【ペットシッターが解説】シーズーとの暮らしで注意すること

シーズーの性格と性質 性格 シーズーは家族と遊ぶことが大好きで、楽しく遊んだかと思えば、膝の上で抱っこされたまま寝てしまうなど、愛玩犬として代表的な可愛らしさを持っています。人懐っこ……

犬のブラッシング