2017年6月7日更新

臭いは大丈夫?貴族的な美しさのボルゾイの体臭ついて

ロシアン・ウルフハウンドと呼ばれていたこともあるボルゾイ。白銀の雪の中を体をしならせて走る姿はまるで一幅の絵のような美しさです。少しウェーブのかかった絹のような被毛も上品さを醸し出していますね。1度は飼ってみたい大型犬の1つですが犬くさくはないのでしょうか?今回はボルゾイの体臭について調べてみました。

ボルゾイは体臭が強いの?

貴族的ともいえる気品のある顔立ちをしているボルゾイですが、見た目のとおり犬くささはないのでしょうか?ボルゾイの臭いについて調べてみると、臭いがあるという意見と臭わないという意見の両方があることがわかります。

そのどちらもよく読んでみると特定の犬種と比べて臭いの強弱を書いているものが多く、比べる犬種によって感じ方が異なっているようです。つまり臭いが弱いといわれているプードルやパピヨンなどの犬種よりは臭いが強く、臭いが気になるゴールデン・レトリバーやジャーマン・シェパードなどよりは臭いが弱いということのようですね。

臭いが強くなる原因の1つは犬の被毛の構造にあるといわれています。犬の被毛の構造にはシングルコートとダブルコートの2つのタイプがあります。

シングルコートとは温暖な地方で育種改良された犬が多く、冬の寒さから体温を守る必要がないため、被毛の中の風通しが比較的よい毛の構造になっています。代表的なところではトイ・プードルや、ヨークシャー・テリア、マルチーズなどがシングルコートの犬種となります。

それに対してダブルコートは上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の2層構造となっており、寒冷地で育種改良された犬が多いため、下毛によって体温を守るような構造になっています。代表的なところではコーギー、ポメラニアン、スピッツなどがダブルコートの犬になります。

ボルゾイは寒冷地のロシア原産の犬種なので寒さから身を守る必要があり、保温性の高いダブルコートの毛質をしています。保温性が高いダブルコートはシングルコートよりも、被毛の中に風を通しにくい構造になっているため臭いが被毛の中にこもりやすく、一般的にはダブルコートの犬種の方がシングルコートの犬種よりも臭いが強いといわれています。

素材dog-633817_640

犬の体臭とは?

では被毛の中にどのような臭いがこもって犬くさいといわれる臭いになるのでしょうか?

犬くさいといわれる臭いの大部分は犬の体臭です。体臭は人でも犬でも臭いが出る仕組みは同じで、汗と皮脂が混ざったものに雑菌が繁殖することによって独特の臭いが発生します。

「汗をかかないといわれている犬がなぜ人よりも臭いが強いの?」と思った方も多いと思います。実は汗には2つの種類がありそれぞれ別々の汗腺から分泌されます。体温を調整するためにかく汗と、生殖のためのフェロモンを含んだ汗の2種類で、体臭の原因となっている汗はフェロモンを含んだ方の汗になります。

人はフェロモンを含んだ汗を分泌する汗腺は腋の下などの限られた場所にしかありませんが、犬はほぼ全身にあるといわれており、また人よりも多くの被毛に覆われているため臭いもこもりやすいことから、人よりも臭いが強くなる傾向が高いのです。

2つの汗腺それぞれから発する臭いは具体的には次のようになっています。

エクリン腺

主に体温調整のための汗腺で、人の場合は全身にあるのに対して犬の場合は足の裏や鼻の頭などの限られた場所にあります。そのため犬は汗による体温調整が苦手だといわれているのです。このエクリン腺からの汗は、ポップコーンと形容されるような少し香ばしいような臭いを発します。ソファーや絨毯など犬が歩くような場所の家具が臭う原因はこのエクリン腺からの臭いによるものだといわれています。

アポクリン腺

この汗腺が臭いを発する汗腺で、人の場合は腋の下などの特定の場所にだけあるのに対して犬の場合はほぼ全身にあります。このアポクリン腺から分泌される汗にはフェロモンが含まれており、エクリン腺から分泌される汗よりも臭いの強い汗になっています。

このフェロモンを含んだ臭いの強い汗を分泌するアポクリン腺は、もう1つの臭いの原因である皮脂を分泌する皮脂腺とつながっています。

そのためアポクリン腺から分泌される汗は2つの臭いの原因である、フェロモンと皮脂が混ざった状態で分泌されることになり、この汗が酸素に触れて酸化し脂肪酸へと変化した結果、脂肪酸を好物とする雑菌が繁殖することによって強い臭いを発する体臭となるのです。

ボルゾイの皮脂の分泌量は個体差が大きいようで、やや乾燥肌気味の犬から脂性の犬までいるようです。皮脂の分泌量に個体差が大きいことも、ボルゾイの臭いについての感じ方が人によって異なる理由の1つといえるかもしれません。

体臭をケアする方法は?

体臭を抑えるためにはできるだけ被毛の中に臭いをこもらせないことが大切です。そのためには日々のブラッシングと定期的なシャンプーが不可欠ですね。

ボルゾイのブラッシングとシャンプーの注意点などをまとめてみました。

ブラッシング

ボルゾイのようなダブルコートと呼ばれる被毛の場合は、抜けた下毛が上毛に絡んで毛玉になったり、取り残された状態で肌に残っていると蒸れて臭いの原因になるだけでなく皮膚病の原因にもなります。

またボルゾイの絹のような細く長い被毛はゴミをからめ捕りやすく、からんだゴミが見つけにくい毛質をしています。ゴミをからめたままにしておくと、雑菌が繁殖しやすく臭いの原因になってしまいます。

できれば1日1回、換毛期には朝晩の散歩後などにこまめにブラッシングをしてあげるとよいでしょう。

ボルゾイのブラシングはまずスリッカーブラシを使用して、毛玉や抜け毛を取り除き、毛のもつれを梳いていきます。スリッカーブラシは皮膚に強くあててしまうと皮膚を傷めてしまうので、力を入れずに肌に平行に梳いていきます。

最後にコームを使用して梳き残しがないか確認しながら被毛の艶をあげて仕上げます。

シャンプー

シャンプーですが臭いが気になるからといってあまり頻繁におこなうと、雑菌から皮膚を守るために必要な皮脂まで落としてしまうことになり、かえって臭いの原因になってしまうことがあります。適切なシャンプーの頻度は犬の皮膚や被毛の状態によって異なりますが、おおよそ月に1回~2回、皮脂の分泌が盛んになる夏場は週に1回~月に3回くらいのシャンプーが理想的なようです。

被毛を洗っているだけでは臭いの予防にはなりません。シャンプーをする際は肌をしっかりと洗い、不要な皮脂を洗い流すことを心がけましょう。

臭いが気になる時は食事を見直してみましょう

ボルゾイの臭いについて調べていて感じたことは、臭いが気になる時にエサを見直すと臭いが抑えられたという方多いことです。食べ物に対してやや神経質な面があり、アレルギーの心配もあるボルゾイの場合は、食べているものが直接臭いに影響してしまうことが多いようです。

食べ物によって臭いが変化する理由の1つは臭いの強弱の原因となる皮脂が、脂質やたんぱく質の多い食事を続けると分泌が増加する傾向があるということです。特に動物性の脂肪は皮脂の分泌を盛んにしてしまうようで、動物性脂肪が多く含まれたフードやおやつをあげていると分泌が促進されてしまうようです。

市販のドッグフードを主に与えている場合は少し量を控えて、かわりにカボチャやサツマイモなど野菜を蒸したものと野菜スープを加えるとよいようです。

Russian Borzoi dog

注意しておきたいボルゾイの臭い

体臭以外でも犬が臭う原因となっているものがいくつかあります。それらの臭いは耳や口など特定の場所から臭いが発生しているもので、中には臭いに気付かずにそのままにしておくと病気につながってしまうものもあるので注意が必要です。

ここではボルゾイで注意しておきたい臭いをご紹介します。

耳の臭い

ボルゾイのチャームポイント1つは小ぶりな垂れ耳ですが、垂れ耳の犬種は立耳の犬種に比べて耳の臭いに注意が必要です。

垂れ耳の犬種は立耳の犬種より耳の中が蒸れやすく、耳の臭いの原因である黒くベタッとした耳垢が溜まりやすい構造になっています。この耳垢が溜まった状態を放置しておくと雑菌が繁殖し外耳炎になる可能性があります。耳の中の皮膚はとてもデリケートなので、掃除をし過ぎると耳の中を傷つけてしましまい逆効果になってしまうこともあるようです。掃除の頻度としては臭いの気にならない状態であれば週に1回~2回でよいといわれています。

掃除方法ですがデリケートな耳の中を傷つけないようにコットンやガーゼ、耳そうじ専用のウェットティッシュなどの柔らかい素材のものを使用して、耳の汚れを拭き取っていきます。この耳垢が悪臭の原因になるので、できるだけ綺麗にふき取ってあげましょう。

奥の汚れは無理に綿棒などを使用して取ると鼓膜を傷めてしまう可能性があります。専用のイヤーローションを使用して耳垢を浮かしとるようにします。イヤーローションの使い方がわからない場合や汚れがひどい場合は、獣医師やトリマーなど専門の知識のある方にお掃除をお願いするとよいでしょう。

定期的に耳の掃除をしているのに耳からの悪臭がおさまらない場合は、外耳炎などの耳の病気を発症している可能性があります。できるだけ早めに獣医師の診察を受けるとよいですね。

目やに涙やけの臭い

ボルゾイで耳の臭いに次いで注意が必要なのが目やにや涙の臭いです。目の周りにいつも目やにや涙があるとその部分の皮膚や被毛が濡れた状態が続いてしまい、そこに雑菌が繁殖し臭いを放つことがあります。

ボルゾイの気を付けたい病気の1つに流涙症という病気があります。この病気は鼻涙管が何らかの原因で詰まってしまうことで、本来鼻に抜けて行くはずの涙がうまく抜けずに溢れてしまう病気です。この病気を発症すると目の下の被毛が赤茶色く焼けたようになり、場合によっては皮膚炎を併発することがあります。

できれば1日数回目の周りをチェックして、気になる場合は優しく拭いてあげるとよいでしょう。

歯周病などによる口臭

口臭は特に老齢になってから気になってくる臭いの1つですが、原因は歯についた歯垢です。歯垢は歯についた食べかすに菌が付着し繁殖したもので、この歯垢が石灰化したものが歯石になります。この歯垢から歯石ができることを繰り返すことによって、歯茎や歯自体に菌が繁殖し炎症などをおこすのが歯周病です。

歯周病を予防するには毎日のデンタルケアで歯垢をためないことが大切です。そのためにはできるだけ小さな頃から歯磨きのトレーニングをし、歯磨きに苦手意識をなくしておくとよいですね。またデンタルガムなどを使用するのもよい方法でしょう。

それでもなかなか完全に防ぐことは難しいものです。少しでも異臭を感じたら早めに獣医師に口腔内チェックをしてもらうとよいでしょう。

肛門腺からの臭い

犬が自分の臭いを付けるための臭いを貯めておく袋を肛門腺といいます。肛門腺は字のごとく犬の肛門付近にあり、排泄と一緒に臭いを排出する仕組みになっています。

ただうまく排出されていないような場合、お尻のあたりから強い臭いを放ち始め、放っておくと破裂してしまうこともあります。肛門腺はトリミングの際や動物病院などで絞ってもらうことができますので、定期的に絞ってもらい臭いの軽減につなげるとよいでしょう。

皮膚病にも注意が必要

ボルゾイはとても皮膚が敏感で皮膚病に注意が必要な犬種のようです。皮膚病は症状によって異なりますが独特の臭いを放つものが多く、犬がくさいと感じる原因の1つになっています。

また皮膚病は1度かかると完治させるのが難しく、痛みやかゆみが長い期間続くことになる犬にとっても辛い病気です。皮膚病をできるだけ早く治すためには、症状が進行する前に見つけてあげることが大切です。

ボルゾイのかかりやすい皮膚病を理解し、いつもと臭いが違うなと感じたら皮膚の状態を確認してあげるとよいですね。

アレルギー性皮膚炎

アレルギーを起こす原因としては食べ物によるもの、ノミやダニなどの寄生虫、ハウスダストや花粉などの環境的な要因が考えられ、それらのアレルゲン(アレルギーを起こす元となる物質)が肌についたり、呼吸とともに吸い込んだりすることで発します。

症状としては痒がって手足を噛んだり、足でかくと大量のフケが出たりするようになります。重症化していくと脱毛を起こしたり、患部が赤黒くなり皮膚が分厚くなるなってしまったりします。

治療方法はアレルゲンによって異なりますが、早期の発見で重症化する前に治療を始めることが大切なようです。

脂漏性皮膚炎・マラセチア皮膚炎

犬の皮膚に共生している酵母の一種であるマラセチアが、犬の免疫力の低下や脂質の過剰分泌などの要因が複数重なることで、病原体へと変異することが原因で発症する皮膚病です。マラセチアは耳の中にも存在し耳の中で起こると外耳炎になります。

症状としてはフケが多くなり脂っぽい滲出物がでて被毛がべとつき、カビのような悪臭を放ちます。ひどくなると脱毛してしまうこともあります。

アラカス症・毛包虫症

イヌニキビダニという寄生虫が犬の皮膚に入り込み、大量に寄生することで発症する病気です。母乳からの感染が多く1歳未満の仔犬の発症が多い病気ですが、イヌニキビダニが多く寄生しているものに触れた場合も感染することがあり、成犬や免疫力が低下した老犬でも発症することがあります。

症状としては抜け毛や皮膚のかゆみが生じ、症状が進行するとフケやかさぶた、皮膚の化膿や出血が起こります。

発症した場合の治療方法はダニの駆除薬の投与やダニの駆除効果のある薬浴やシャンプーでイヌニキビダニの駆除をおこないます。また免疫力の低下などが原因である可能性があるので、食事療法や運動療法などの体質改善が必要な場合があります。

糸状菌症・白癬・皮膚真菌症

小胞子菌などの真菌が皮膚や被毛、爪の根元などに寄生することにとって発症する病気です。

顔のまわりや耳、四肢などに脱毛をともなう発疹ができ、その周りにフケやかさぶたが見られるようになります。免疫力の弱い子犬や免疫不全の犬、何らかの疾患を患っている犬に発症することが多い病気です。

治療方法は塗り薬の塗布か投薬によって真菌を駆除していきます。

素材_shutterstock_199288319

臭いが気になる時は早めに動物病院へ

ボルゾイの臭いについて調べてみましたがいかがでしたか?ボルゾイの臭いの強弱はそれぞれの犬は持っている皮脂の分泌量や被毛の毛質だけでなく、エサの内容やケアの仕方などによっても異なるようですね。

犬の臭いでもっとも注意が必要なのはいつもの臭いと違うと感じた時です。皮膚病のところでも書きましたが、皮膚病に限らず病気の中には口や便、時には体全体から病気特有の臭いを放つものがあります。

特にボルゾイの場合は甲状腺機能低下症に注意が必要な犬種です。甲状腺機能低下症は発症すると新陳代謝が悪くなるため皮膚病や消化器官の病気を併発することがあり、症状によっては便や口臭などが独特の臭いを発するようになることがあるようです。

臭いが気になる時はその陰に病気が潜んでいることはよくあるものです。いつもと違うなど気になる臭いがある時は、早めに獣医師に相談してみるとよいでしょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

ボルゾイの寿命ってどのくらい?長く一緒にいるためには?

落ち着いた優美なたたずまいが貴族のような印象をあたえるボルゾイ。長い絹糸のような被毛をたなびかせて走る姿が美しいですね。近年は犬の健康への関心も高まり犬の寿命が延び、高齢化も進んでいるといわ……

ボルゾイ

ボルゾイの里親になるにはどうしたらよい?里親を探す方法は?

すんなりとした長い脚に、気品の漂う目鼻たちをしたボルゾイ。俊敏で足が速く、細い絹糸のような被毛をなびかせて走る姿はとても美しいです。そんなボルゾイの里親になる方法や、里親になるための注意点な……

犬・小犬の里親になる

ブリーダーからボルゾイを迎える時の選び方やメリットは?

ロシア原産のボルゾイは、厳しい寒さの中でも自由に体を動かして獲物を追いかけることができる、走ることが得意な犬種です。独特の細い体の線とスラっとした面長な顔、その気品溢れる動きに憧れを抱く方も……

ボルゾイ

気品に満ち溢れたスポーティーな犬! ボルゾイの魅力4選

グレーハウンドのような流線型の体と、美しい絹糸のような艶のある被毛が上品な雰囲気を醸し出すボルゾイ。足を高く上げて優雅に歩く姿はまるで中世の貴人のよう。美しい被毛をたなびかせて疾走する姿は神……

ボルゾイ

ボルゾイ の価格の相場は?購入する方法・里親になる方法は?

細く絹のような美しい被毛をたなびかせて疾走する姿は、どこか貴族的な気品を感じさせるボルゾイ。落ち着いた優雅な犬です。そんなボルゾイ の価格の相場はどのくらいなのか、ペットショップで購入する場……

犬の購入・入手方法

臭いは大丈夫?貴族的な美しさのボルゾイの体臭ついて

ロシアン・ウルフハウンドと呼ばれていたこともあるボルゾイ。白銀の雪の中を体をしならせて走る姿はまるで一幅の絵のような美しさです。少しウェーブのかかった絹のような被毛も上品さを醸し出しています……

ボルゾイ

ボルゾイの平均体重や、年齢による食事の目安

長〜い足とスラッとした体型、優雅な身のこなしで人々を魅了するボルゾイですが、その昔はオオカミ狩りで活躍していました。今でも多くの著名人に飼われる事もあり、ショーやモデル犬としてその魅力を発揮……

ボルゾイ

いざという時の備えは大切!ボルゾイにおすすめのペット保険について

美しい被毛と貴族的な顔立ちからドッグショーの花形でもあるボルゾイ。華奢な体つきからは体が強いというイメージはありませんが、実際のところはどうなのでしょうか?ペットの医療費には公的な保険があり……

犬のペット保険

絹のような美しい被毛を守るボルゾイのシャンプー方法について

鼻筋のとおったすっとした貴族的な顔立ちと、ほどよい長さでややウェーブのかかった被毛が上品な印象のボルゾイ。その美しさからドッグショーでも花形で評価の高い犬種ですね。せっかくボルゾイを飼うのな……

犬のトリミングサロン

気持ちは優しいけどちょっぴり気ままなボルゾイのしつけについて

最高速度は時速50kmといわれる俊足で走る姿で見る人を魅了するボルゾイ。もとは猟犬で飼い主から離れた状態でも獲物を仕留めることができるように育てられてきた歴史からか、飼い主を気遣う優しさと独……

ボルゾイ

気品あふれる ボルゾイおすすめブログ5選

ボルゾイは非常に優雅で立ち姿が美しく、気品にあふれています。公園などでボルゾイを見かけて、超大型犬にも関わらずおっとりとした気質と優しい顔立ちから、飼いたいと思う方が多いようです。とても足の……

ボルゾイ

意外と抜け毛が多いボルゾイのブラッシング方法について

流線型のボディーを鞭のようにしならせて、絹のように細く長い被毛をなびかせて走る姿が美しいボルゾイ。飼ってみたい憧れの大型犬ですね。最近では大型犬でも犬の健康を考えて室内で飼う方が増えています……

ボルゾイ

ボルゾイの性格、特徴、歴史、気になる寿命をご紹介。

ボルゾイの歴史 古来はロシアの貴族・王族が好んで飼育し、狼狩りなどの狩猟犬として活躍していました。 その大きさはアイリッシュ・ウルフ・ハウンド、グレート・デンに次ぐ大きさです。立ち上……

犬の習性

食べむらが心配なボルゾイのエサの量について

ロシア原産の大型サイトハンドであるボルゾイ。ロシア帝国の貴族たちに愛された気品ある顔立ちと、流線型の細くしなやかな体つきが美しいですね。1度は飼ってみたい憧れの大型犬ですが、どうもエサを食べ……

ボルゾイ