2017年6月7日更新

意外と抜け毛が多いボルゾイのブラッシング方法について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

流線型のボディーを鞭のようにしならせて、絹のように細く長い被毛をなびかせて走る姿が美しいボルゾイ。飼ってみたい憧れの大型犬ですね。最近では大型犬でも犬の健康を考えて室内で飼う方が増えています。室内で犬を飼う時に気になるのは抜け毛の問題ですね。今回はそんなボルゾイの抜け毛対策について調べてみました。

 

ボルゾイの抜け毛はなぜ多いの?

ほどよい長さで絹のように細いボルゾイの被毛ですが、被毛の量が多いという印象はあまりありませんね。では抜け毛の方もあまり気にならないのでしょうか?どうやらそうはいかないようで、かなりの抜け毛がある犬種のようです。

ボルゾイは極寒の地であるロシア原産の犬種です。そのためボルゾイの被毛は寒さに対応できるように体温を保護する役目の下毛と、雪や雨、風などから体を守る上毛の2重構造をしたダブルコートと呼ばれる被毛をしています。

犬の被毛にはボルゾイのようなダブルコートの他に、プードルなどの被毛タイプであるシングルコートの2つのタイプがあります。このうちボルゾイのようなダブルコートの犬種は、季節にあわせた体温調整を下毛が抜け替わることでおこなっているため、抜け毛が多いといわれています。

シングルコートとダブルコートの違いは具体的には次のようになっています。

シングルコート

一般的にシングルコートと呼ばれる犬種は抜け毛が少ないといわれています。

シングルコートとは温暖な地方で育種改良された犬が多く、冬の寒さから体温を守る必要がないため、人と生活しやすいように抜け毛の少ない犬へと改良されたという説が有力です。代表的なところではプードルやマルチーズ、ヨークシャー・テリア、パピヨンなどがシングルコートの犬種となります。

ダブルコート

ダブルコートと呼ばれる犬種は春から夏にかけてと秋から冬にかけて換毛期と呼ばれる毛の抜け変わりの時期があり、この時の抜け毛は犬が体を振ると毛が舞い上がるほどになります。

ダブルコートは上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の2層構造となっており、シングルコートの犬が温暖な地域で育種改良されたのに対して、寒冷地で育種改良された犬が多く、下毛が抜け替わることによって季節にあった体温調整をしているといわれています。代表的なところではコーギー、ポメラニアン、スピッツなどがダブルコートの犬になります。

ボルゾイを飼うのなら抜け毛があるものと考えて、予め対策を考えておくことが不可欠のようです。

犬_素材

抜け毛対策に有効な方法とは?

ではボルゾイの抜け毛の対策にはどのようなものが考えられるでしょうか?抜け毛が気になる時や場所を考えてみると、どのような対策が必要かわかってきますね。ここでは次のようなことをポイントに考えてみたいと思います。

  • 抜け落ちる毛をできるだけ少なくする
  • 抜け毛を付きにくくする
  • 抜けた毛をすぐに片づけられるようにする

それぞれに有効な対策を考えてみましょう。

抜け落ちる毛を少なくする方法

ブラッシング

ボルゾイは絹のように細く柔らかい毛質をしているため毛玉ができやすく、またゴミやダニ・ノミなどの寄生虫をからめやすい毛質をしています。抜け落ちの対策のためだけでなく、皮膚病や寄生虫の予防のためにもしっかりとブラッシングをしてあげるとよいですね。

できれば1日1回、換毛期には朝晩の散歩後などにこまめにブラッシングをしてあげましょう。

ボルゾイのブラシングはまずスリッカーブラシを使用して、毛玉や抜け毛を取り除き、毛のもつれを梳いていきます。スリッカーブラシは皮膚に強くあててしまうと皮膚を傷めてしまうので、力を入れずに肌に平行に梳いていきます。

最後にコームを使用して梳き残しがないか確認しながら被毛の艶をあげて仕上げます。

シャンプー

犬のシャンプーは回数が多すぎても少なすぎても逆効果になってしまいます。おおよそ月に1回~2回、皮脂の分泌が多くなる夏場は月に2回~3回の頻度が理想的だといわれています。

人間用のシャンプーは犬にとっては刺激が強すぎるので必ず犬用のシャンプーを使用しましょう。シャンプーに希釈するように書いてある場合は、その通りにぬるま湯などで希釈して予め用意しておきます。スポンジを用意しておくと顔を洗う時に目や耳に水を入れることなく顔を洗うことができるので便利です。

またシャンプー前には必ずブラッシングをして抜け毛や汚れを落としておきましょう。ブラッシングをおこなわずにシャンプーをしてしまうと、汚れた死毛が絡まりフェルトのような状態になってしまいます。しっかりと毛を梳いてからシャンプーをするようにしましょう。

シャンプーのあとは自然乾燥をさせずに、ドライヤーを使用してしっかりと乾かしましょう。生乾きの状態で放置しておくと雑菌が繁殖し、体臭や皮膚病の原因になることもあるので注意が必要です。

シャンプー剤

洋服を着せる

ボルゾイを飼っている多くの方が有効だと感じているのが洋服を着せる対策です。洋服を着せて抜け落ちを予防する対策は日中はお気に入りのお出かけ着を、寝る時は着心地がよく通気性のよい部屋着を着せてあげるなど、飼い主も楽しみながら対策ができるところがよいところですね。

洋服を着せる時の注意点は着せっぱなしにはしないことです。どうしても洋服を着せていると服の中が蒸れてしまいます。皮膚病に注意が必要なボルゾイの場合は、蒸れてしまうと皮膚病が心配ですね。

洋服を着せて対策をする場合は、家の中に抜け毛を気にせずに洋服を着ないで過ごせる場所を作っておいてあげることが大切です。

抜け毛を付きにくくする方法

抜け毛で1番気になるのはソファーなどの布製の家具や洋服に、抜け落ちた毛が付いてしまったときですよね。ボルゾイの被毛は絹のように柔らかく細い毛質をしているため、布製の家具や洋服などについてしまうと、粘着テープを使用してもなかなか取りきることが難しいという問題があるようです。

掃除を楽にするためには、抜け毛の付きやすい布を使った家具には滑りのよい布でカバーをしておいたり、カーペットなどは毛足の短いものに取り換えておくなど、予め抜け毛が付きにくくなるように工夫をしておくとよいですね。

洋服への付着に対する対策としては、普段に着る洋服をできるだけ抜け毛が付いても目立たない色や、抜け毛の付きにくい素材の物を選ぶようにする、外行きの服を着ている場合はできるだけ抱っこをしない、抱っこをする時はエプロンなどを着用するなどの対策をしてみてはいかがでしょうか?

また日本ではホワイトカラーのボルゾイが多いため、色の濃い制服やスーツに付いてしまうと目立ってしまうという問題もあるようです。制服やスーツなどをかけておく場合は、洋服カバーをして舞い上がった被毛が付着しないように予防しておくとよいですね。

抱っこではなく膝にのせるような場合は、専用のラグを膝に敷いてからのせるようにすると、毛が洋服に付くことを防ぐことができます。

抜けた毛をすぐに片づけられるようにする方法

どんなに対策をしていても抜け落ちを完全に防ぐことは難しいものです。特にボルゾイの場合はパラパラと抜ける上毛はブラッシングでもなかなか取りきれず、床に抜け落ちてしまうことが多いようです。

毎日長い時間をさいて抜け毛の掃除をするのはとても大変です。抜け毛の掃除はためずに気が付いた時にさっととるのがコツです。

気になる時に簡単に片手で操作できるハンディークリーナーなどを用意しておくとよいでしょう。フローリングの床にはウェットタイプのハンドワイパーがソファーや絨毯などには粘着ローラーが効果的なようです。

また家具の配置を掃除がしやすいように変えておくのもよい方法ですね。

Russian Borzoi dog

 

抜け毛に便利なグッズも試してみましょう

ボルゾイの抜け毛に付いて調べてみましたが、抜け毛の対策はなかなか大変なようですね。でもボルゾイを飼っている方の多くはボルゾイの魅力の前には、抜け毛の問題も愛すべきものだと感じていらっしゃる方が多いようでした。

確かに美しい外見だけでなく、気ままで飼い主に媚びない性格や、名前の由来にもなっている疾風のごとく走る姿など、ボルゾイには多くの魅力がありますね。でもお互いに心地よく過ごしていくためには、できるだけ手軽にストレスにならない抜け毛の対策をみつけていきたいものです。

最近では抜け毛を除去することに特化した、ファーミネーターやフーリーといったブラシなども販売されており、抜け毛の対策に効果があるといわれています。またお掃除ロボットを導入して、留守にしている間にお掃除を済ませるのも効果的かもしれません。

新しいグッズには使用する時に注意が必要なものもあります。口コミなどの情報をよく読んで検討し、気になるグッズをみつけたら試してみるのもよいのではないでしょうか。

 
 

関連カテゴリ