2017年6月7日更新

気持ちは優しいけどちょっぴり気ままなボルゾイのしつけについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

最高速度は時速50kmといわれる俊足で走る姿で見る人を魅了するボルゾイ。もとは猟犬で飼い主から離れた状態でも獲物を仕留めることができるように育てられてきた歴史からか、飼い主を気遣う優しさと独立心旺盛でちょっぴり気ままな両面を持っているようです。今回はそんなボルゾイのしつけ方について調べてみました。

 

ボルゾイの性格は?

ボルゾイはロシアン・ウルフハウンドと呼ばれていた時もあり、オオカミ狩りのための猟犬としてロシア帝国の貴族たちに飼われてきた歴史を持つ犬種です。この頃のボルゾイは俊足の足を生かしてオオカミを追うだけでなく、2~3頭のグループでオオカミを仕留めることもある勇敢な犬種だったようです。

このような歴史からかボルゾイは自立心が旺盛で、自己判断能力に優れ思考力が高いといわれています。あまり飼い主にベタベタと甘えるようなところはありませんが、基本的にはとても優しい性格をしており、帰宅した飼い主にそっと寄り添うような気遣いを見せてくれる1面も持っています。

室内では吠えるようなことはあまりなく、大人しくマイペースに生活することを好みますが、運動能力が高く走ることに対する欲求が強い犬種なので、毎日しっかりとした運動量を確保してあげないとストレスをためてしまいます。

またボルゾイは独立心旺盛なサイトハウンド系の犬種の中で、人や他の動物に対してもっとも友好的な性格をしているといわれており、比較的社会性を身に付けやすい犬種だといわれています。しかし猟犬としての本能も健在で動くものや小動物に対して急に反応して走り出してしまったり、小さな動物や子供に対して猟犬としての攻撃的な面が出てしまうことがあるようなので、散歩やドッグランなどへ連れて行く前にはしっかりとしたしつけをしておく必要があるようです。

素材_shutterstock_199288319

安心感のあるリーダーになることが重要

ボルゾイのしつけで1番大切なことはボルゾイにリーダーとして認めてもらい、しっかりとした信頼関係を築くことです。ではリーダーとは一体どのようなものなのでしょうか?犬にとってのリーダーとは下の2つの点を満たしていることだといわれています。

  • 常に一貫したルールに従って揺らがないこと
  • 何かあったら必ず守ってくれるという安心感

人でもその場の雰囲気で意見を変えてしまうような人とは一緒に仕事はできませんね。まして失敗したら逃げてしまうような人はなおさらです。犬にとっても同じことです。どんな時も一貫して揺らがない安心感こそが犬がリーダーに求めるものなのです。

特に独立心が強くやや神経質な面のあるボルゾイの場合は、安心して自分を委ねられる相手にしか心を開かない傾向があり、うまく信頼関係を築くことができないとしつけをするところまで持って行くことも難しくなってしまうことが多いようです。

このことがボルゾイはしつけが入りにくいといわれてしまう原因になっているようですね。

Russian Borzoi dog

 

家族のルールを決めておきましょう

ではボルゾイに安心感を持ってもらうためにはどうしたらよいのでしょうか?ボルゾイに安心感を持ってもらうためには、家族全員が1つのルールに沿って一貫した態度で犬に接することが大切です。そのためにはまず犬を迎え入れる前に家族のルールを決めておきましょう。

最初にするべきことはトイレの場所やケージの場所など犬の生活スペースを決めておくことです。特に大型のボルゾイの場合は寝起きするスペースやトイレの場所など、生活スペースは広さもしっかりと確保しておく必要がありますし、どこまで犬が自由に出入りしてよいのかなど人と犬の生活動線をはっきりとさせておくことが必要になります。

次に犬と生活するための家族のルールを決めていきます。食事の時のルール、寝る時のルール、留守番をさせる時のルール、散歩の時のルールなど具体的に犬がしていいことと悪いことを決めておきます。

ただし犬の行動や個性を見ながら必要なルールを追加できるように、あまり細かいルールにはせず、絶対に守らせたいことだけを決めておくようにしましょう。

犬に対する接し方では特に叱り方、褒め方を家族で統一しておくとよいですね。叱る時の言葉や褒める時のゼスチャーを統一しておくと、混乱することなくしつけが入りやすくなります。また褒める時におやつを与える場合も何をどれだけあげるかを決めておきましょう、おやつをあげる人とあげない人がいると、犬はそれだけで人に順列を付けてしまいがちです。

ナイーブなところがあるボルゾイは褒めて伸ばしましょう

基本的に優しくややナイーブな性格をしているボルゾイの場合は、叱ってしつけをすると飼い主に対して萎縮してしまったり、怯えてしまうようなところがあるようです。

あまり感情を表に出さないクールな印象のあるボルゾイですが、心を許した相手が喜んでくれることは何よりもうれしいことなのです。しつけでもその性格をいかして、教えたことができた時は「すごいね!」「よくできたね!」とややオーバーアクション気味に褒めてあげましょう。飼い主が喜んでいると感じるとしつけに対しより意欲的に取り組むようになってくれます。

逆に悪いことを教えるために叱るような場合は、悪いことをしたその場で短く「いけない」や「No」と叱ってあげましょう。あまり時間をおいてしまったり、長く叱ったりすることは逆効果になってしまいます。

ボルゾイのしつけでもっともしてはいけないことは、体罰を与えてしつけをすることだといわれています。飼い主から体罰を受けることは、ボルゾイにとっては信頼していた人からの裏切りだと感じてしまうことがあるようです。ナイーブなところがあるボルゾイの場合は1度裏切られたと感じてしまうと、相手に対して恐怖心を持ってしまい再び心を開いて信頼関係を築くことがなかなか困難になってしまいます。

素材dog-633817_640

メリハリのある生活が大切

ボルゾイはゴールデン・レトリバーなど飼い主と常に一緒に居たいという犬種とは異なり、相手を感じながらもそれぞれが自分のペースで時間を過ごすことを好むところがあります。

「かまって。かまって。」と積極的に来ることはありませんが、いつもそっけない態度をとるようなことはなく、そっと側に来て座ってみたり飼い主の寛いでいる足元に寝転んでみたり、スキンシップを求めてくるところもあるようです。そんな控えめな態度もボルゾイの魅力の1つのようですね。

ボルゾイとうまく生活していくにはお互いに自由に過ごす時間、一緒に走り回ったりドッグスポーツを楽しんだりする時間、側に居て静かに時を過ごす時間と、お互いを尊重しながらメリハリのある生活を送ることを心がけるとよいようですね。

 
 

関連カテゴリ