2017年4月8日更新

臭いも皮膚病も予防!ラブラドール・レトリバーのシャンプー方法

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

優しい顔立ちときらきらとした瞳が魅力的なラブラドール・レトリバー。艶やかでそれぞれに特徴のあるカラーの被毛もラブラドール・レトリバーの魅力の1つですね。でもちょっと脂性の傾向があるようで、臭いや皮膚病が気になるところ。今回はそんなラブラドール・レトリバーのシャンプー方法について調べてみました。

 

ラブラドール・レトリバーの毛質は?

ラブラドール・レトリバーはカナダ原産の水中回収犬です。冷たい水の中でも作業がおこなえるように、ラブラドール・レトリバーの被毛は撥水性の高く、保温性の優れた構造になっています。

ラブラドール・レトリバーの被毛は長くやや脂の多い上毛と、短く密集した下毛の2重の構造になっています。上毛の脂が水をはじき下毛を濡らさないことで、密集した下毛が体温を外に逃さないようになっているのです。ラブラドール・レトリバーのように2重の構造をした被毛をダブルコートといいます。

ダブルコートの犬種はシングルコートの犬種と違って下毛の抜け替わりによって、季節にあわせた体温調整をおこなっていることから、春から夏と秋から冬にかけての換毛期にはブラッシングをするとブラシにたっぷりと抜け毛が取れるような状態になります。

ダブルコートの犬種の場合はこの死毛となった下毛をしっかりと取り除いておかないと、カビや菌、寄生虫の温床になり皮膚病につながってしまうことがあります。被毛を綺麗に保つためにも被毛の通気性をあげて皮膚の健康を守るためにも、換毛期は1日に数回、換毛期以外でも1日1回のブラッシングと、定期的なシャンプーをしてあげたいところです。

Dog in bathroom

シャンプーの仕方

ラブラドール・レトリバーは水中回収犬であったことから、泳ぎが得意で水遊びが大好きです。大型犬で水に抵抗のある犬の場合は、なかなか自宅でシャンプーをするのは難しいところですが、ラブラドール・レトリバーの場合は水に対する抵抗が少ない犬が多いので、1回のシャンプーに時間はかかりますが自宅でシャンプーをすることは可能です。

もちろん耳の中など洗うことが難しい部分もあるので、定期的に動物病院やトリミングサロンでシャンプーをしてもらうことはよいと思いますが、皮膚病や臭いが心配なラブラドール・レトリバーの場合は気になる時に自宅でシャンプーできるようにしておきたいですね。

ラブラドール・レトリバーを自宅でシャンプーする手順は次のようになっています。

ブラッシング

シャンプーをする前にはしっかりと抜け毛を取り除くためにブラッシングをします。

ラブラドール・レトリバーのような短毛の犬種のブラッシングには、ラバーブラシとイノシシや豚、馬などの毛を使用して作られた獣毛ブラシが効果的です。

背中やお腹などは毛の流れに逆らうように、頭部や顔は毛の流れに沿うようにブラッシングをしてあげましょう。ラブラドール・レトリバーは皮膚が弱い犬も多いので、強くこすらないように注意が必要です。

シャワー

シャワーの前に肛門腺を絞ります。尻尾を持ち上げて肛門の斜め下をつまんでしぼり上げます。臭い液体が出ますので洗い流してあげましょう。

使用するお湯はややぬるめ(36℃~38℃)に設定しておきます。撥水性の高い毛質をしているラブラドール・レトリバーの場合は、ただ水を上からかけただけだと水をはじいて肌まで水が届きません。毛の表面だけでなく皮膚までしっかりとお湯を行きわたらせるために、シャワーヘッドを体に密着させて滑らせるようにシャワーをするとよいようです。

シャワーを怖がる犬の場合は顔から遠いお尻や足元の部分から徐々に前へと濡らしていきましょう。慣れている犬の場合は頭部から順に前から後ろ上から下へ流していきます。

シャンプー

シャンプーに慣れていない犬の場合はお尻から順に後から前へ上から下への順に洗って行きます。シャンプーに慣れて怖がらない場合は顔から順に前から後ろへ上から下への順位で洗って行くとよいでしょう。

使用しているシャンプー剤が希釈が必要なものの場合は、シャンプーの前にぬるま湯などで希釈をして用意しておきましょう。シャンプーをなじませる時に手だけでなくラバーブラシを使うと、抜け毛をしっかりと取り除くことができるのでよいようです。

すすぎはできれば頭部の高い位置から流すとすすぎ残しが少ないのですが、嫌がるような場合はお尻から順に流していっても大丈夫です。指の間などの細かい部分にシャンプーが残らないように注意します。

リンス・コンディショナー

リンスもしくはコンディショナーを体全体に馴染ませていきます。

できれば頭部の高い位置から流していくと自然と体全体に広がっていくのですが。慣れていなくて怖がるような場合はお尻から順に手で流していってあげましょう。

全体に馴染んで来たら手でもむように毛に馴染ませていきます。

最期に毛の流れに沿ってすすいでいきますが、これも怖がる場合は顔から遠いお尻から順にすすいでも大丈夫です。足の裏や指の間などはコンディショナーがたまりやすいので注意しましょう。

ドライヤー

シャンプーをした後は自然乾燥させずにドライヤーを使用してしっかりと乾かしていきます。吸水タオルで水分をとったあと、バスタオルを使用して全体を拭いていきます。あまりこすらないのがコツのようです。

ラブラドール・レトリバーは見た目には毛の量が多く見えないかもしれませんが、いがいと下毛が生乾きの状態になってしまうことが多いようです。下毛が生乾きのままにしてしまうと蒸れて、臭いや皮膚病の原因になってしまいます。乾かす時はやけどに注意しながらも、しっかりと毛をかき分けて下毛まで乾かすようにしましょう。

最後に獣毛ブラシで被毛を梳いて艶をあげて仕上げます。

素材_shutterstock_214869082

 

皮膚病に注意してあげましょう

ラブラドール・レトリバーが気を付けたい病気の1つが皮膚病です。皮膚病はなかなか完治が難しく、長期の通院が必要になる難しい病気です。犬にとってもかゆみや痛みが長く続いてしまうので、できれば早く治してあげたいところです。

皮膚病はかゆみなどの症状が現れる前に治療をすると治りが早い傾向があるようです。シャンプーの時は皮膚の状態をチェックする絶好の機会です。皮膚の状態を手と目でよく確認して、皮膚病の兆候をできるだけ早い段階で見つけてあげましょう。

ラブラドール・レトリバーがかかりやすいといわれている皮膚病は、アレルギー性の皮膚炎と、急性湿性皮膚炎いわゆるホットスポットと呼ばれる皮膚病です。

アレルギー性皮膚炎は食べ物や、ノミやダニなどの寄生虫、ハウスダストや花粉などのアレルゲン(アレルギーを起こす元となる物質)が肌についたり、呼吸とともに吸い込んだりすることで発症する皮膚病です。症状としては痒がって手足を噛んだり、足でかくと大量のフケが出たりするようになります。重症化していくと脱毛を起こしたり、患部が赤黒くなり皮膚が分厚くなるなってしまったりします。

ホットスポットは発症の原因ははっきりとわかっていないのですが、細菌感染などによって皮膚が部分的に激しく炎症を起こし、その部分の被毛がごっそりと脱毛してしまう病気です。特に細菌の活動が活発になる湿度が高く気温の高い夏場に多く発症するようです。

症状などを参考にしながらいつもはなかなか確認できない足のつけ根や足の裏、お腹の皮膚を、しっかり確認しながらシャンプーをするとよいですね。

ラブラドール・レトリバーにおすすめのシャンプーは?

シャンプーをおこなう時に気になるのは、どのシャンプー剤を使えばよいのかということですよね。ペットショップなどでも多くの種類が販売されているので、どのシャンプー剤がよいのか迷ってしまいます。できれば肌に優しく臭いもスッキリと取れるようなシャンプー剤を選んであげたいところですね。

ここでは人気の高い犬用のシャンプーをご紹介します。参考にしながら試してみてはいかがでしょうか?

ノバルサン

アメリカで開発された信頼ある薬用シャンプーです。殺菌作用の高いクロルヘキシジンを配合しており皮膚や被毛の殺菌効果があり、膿皮症、真菌症などの皮膚炎に有効だといわれています。また低刺激なので子犬でも使用できます。(皮膚炎を患っている犬に使用する場合は、必ずかかりつけの獣医師の指導の下で使用してください。)

APDC

オーストラリアの植物科学者と共同開発された、植物が本来持っている力を最大限に引き出したシリーズになっています。100%無農薬のティーツリーを主成分に、ユーカリ、シトロネラなど厳選された複数のハーブを使用しています。

アボグリーンシャンプー

ビタミンAやビタミンE、ビタミンDなどのビタミン類やアミノ酸が豊富なアボカドオイルが配合されたシャンプー剤で、被毛のパサつきや皮膚の乾燥を抑えて皮膚や被毛を静電気から守ってくれます。低刺激なのでシャンプーをする飼い主の方の手肌にも優しいシャンプーです。

ピクニックシャンプー

アレルギー性の皮膚炎などはだのトラブルに対し、無症状の状態から治療していくためのスキンケアをコンセプトに商品開発をおこなっている会社です。シャンプーはドライスキン用、ノーマルスキン用、オイリースキン用と3つのタイプが用意されており、肌のタイプによって選ぶことができるようになっています。

Cutting toenails

適切なシャンプーの頻度は?

ラブラドール・レトリバーの被毛や皮膚を清潔に保つためには月に1回~2回、夏場は汗や皮脂の分泌が増えるので月に2回~3回の頻度が丁度よいといわれています。

皮脂や汚れを気にするあまりシャンプー剤を使う回数を増やしてしまうと、皮膚や被毛を保護するために必要な皮脂まで落としてしまい、かえってダメージを与えてしまうことになるので注意が必要です。

でも外から帰ってきて泥だらけの状態なのをみると、シャンプーしてあげたくなってしまいますよね。

散歩やドッグランなどへ行って汚れがひどくなってしまった場合は、蒸しタオルで汚れを拭き取ってあげるか、シャンプー剤を使わずにシャワーやお風呂で洗い流してあげるとよいでしょう。水遊びが大好きなラブラドール・レトリバーのことですから、散歩の後にお風呂に入れてあげるときっと喜んでくれると思いますよ。

お風呂やシャワーで洗い流す時は、入る前にブラッシングをして出てきたらしっかりとドライヤーで被毛を乾かしてあげてください。

耳のケアも大切!

ラブラドールで気を付けなければならないのは耳のケアです。垂れ耳のラブラドール・レトリバーは耳の中が蒸れやすく耳垢が溜まりやすい構造になっています。

耳垢は臭いの原因になるだけでなく、外耳炎を引き起こすきっかけになってしまいます。外耳炎は皮膚病と同じで1度かかると治すのに時間がかかる病気です。かかる前に予防するには耳のケアをしっかりとしてあげることが大切です。

シャンプーの時は耳の中に水が入らないように注意すると同時に、シャンプーの後はしっかりと水を拭き取り耳の中を掃除してあげましょう。

耳の中はとてもデリケートなので耳掃除に使用するものは、綿棒やコットン、ガーゼなど柔らかい物を使用して耳の汚れを拭いていきます。奥の汚れは無理に取ると鼓膜を傷めてしまう可能性がありますので、ふき取るのではなく洗浄液を使用して汚れを浮かせて取るようにします。

プロのトリマーの方にシャンプーをお願いすると耳の中までしっかりと洗ってくれます。外耳炎を予防するには定期的にトリミングサロンや動物病院にシャンプーをお願いするのもよい方法ですね。

便利グッズを取り入れて楽しくシャンプー

ラブラドール・レトリバーのシャンプーについて調べてきましたがいかがでしたか?

ラブラドール・レトリバーのシャンプーで大変なことは、被毛がしっかりと乾くまでに時間がかかることと、なかなか綺麗にシャンプー剤がすすげないことのようです。最近では犬用の高吸水性バスローブや、ドライヤー、シャンプー専用のブラシなど便利なグッズが販売されています。

特に犬用の高吸水性バスローブは、ラブラドール・レトリバーのような大型の犬種には効果的なグッズのようで、口コミなどでも高い評価を得ていました。

「自宅でのシャンプーは時間がかかってつらい・・・。」とついつい億劫になってしまうようでしたら、口コミなどを見ながら便利だといわれているグッズを試してみてはいかがでしょうか?