2016年11月20日更新

こんなにすごい猫の運動能力~猫がオリンピック選手になったら~

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

日本人のメダルラッシュに沸いたリオオリンピック。オリンピック選手の人並み外れた身体能力に驚き、感動した人も多かったでしょう。
さて、あなたのお家の中にもオリンピック選手並みの身体能力を持つ動物がいるのはご存知ですか? そう、そこでくつろいでいる猫です。家の猫や野良猫を見ていて、時々その動きにびっくりすることはないですか? 「もし、猫が本気で陸上競技をしたらどうなるだろう」、今日はそんな疑問に答えてみます。今回考える種目は「高跳び」「100m走」の2種目です。

 

2mの壁は簡単に飛び越える。人の大きさなら高跳び7m越えの大ジャンプ

素材_shutterstock_242482852
野良猫が人の背よりも高い壁にひょいと乗る姿を見たことがある人は多いと思います。実は猫は2mの高さの壁なら軽く越えられます。中には3mの壁を越えることができるという報告もあります。つまり、走り高跳びの世界記録2.45mよりも高く飛ぶことができるのです。
さらに、2mのジャンプ力だとしても、猫は自分の体長の4倍以上の高さを飛び越えている計算になります。人の大きさであれば垂直跳び7mに相当します。この記録は走り高飛びはおろか、棒高跳びの世界記録6.16mも優に超える大ジャンプです。猫の後ろ脚には地面をける強い筋力が備わっており、人間の何倍ものジャンプ力があるのですね!

ボルトを超える時速50㎞。100mの記録は?

野良猫が本気で逃げたら捕まることはできませんよね。いったい猫はどれくらいの速さで走っているか考えたことはありますか?
実は、猫は最高時速50kmで走っていると言われます。ボルトが100mを走る時の最高瞬間速度は時速45km弱だと言われており、ボルトが一番スピードに乗っている瞬間よりも、猫の方が早く走ることができるという計算になります。ボルトが本気で追いかけても、野良猫には追い付かないんですよ。
また、加速の速い猫が最初から最高速度で走ると、100m約7.2秒。とてつもない記録ですね。

 

オリンピック選手以上の猫の身体能力を観察してみよう!

猫_素材

猫の運動神経、すごくないですか? 普段あんなにのんびりしているあなたのお家の猫も、オリンピック選手以上の能力を隠し持っているのです。他にも、走り幅跳びやハードル走など猫がヒトよりいい記録を出せそうな種目はたくさんあります。たまに一緒に遊びながら、オリンピック選手以上のジャンプ力や走力を観察してみましょう。

 
 

関連カテゴリ