2017年6月7日更新

ぬいぐるみが作れちゃう!シベリアン・ハスキーの抜け毛対策とブラッシング方法

寒いツンドラ地域で生まれ育ったシベリアン・ハスキーは、高温多湿の日本の夏はちょっと苦手なようです。シベリアン・ハスキーを飼うならできれば温度管理のできる室内で飼ってあげたいところ。室内で犬を飼う時に気になるのは犬の抜け毛ですね。今回はそんなシベリアン・ハスキーの抜け毛対策について調べてみました。

シベリアン・ハスキーの抜け毛はなぜ多いの?

シベリアン・ハスキーはシベリアやカナダの北方などのいわゆるツンドラ地帯と呼ばれる寒冷地域で、重い荷物や人をそりに乗せて運ぶ作業犬として生まれました。そのためシベリアン・ハスキーの被毛は、寒さに強く雨や雪などの悪天候の中でも作業がおこなえるような構造になっています。

犬の被毛の生え方にはシングルコートとダブルコートの2つのタイプがあります。このコートタイプの違いによって抜け毛が多い犬種と少ない犬種に分けられるようです。

シングルコートとダブルコートの違いは具体的には次のようになっています。

犬_素材

シングルコート

一般的にシングルコートと呼ばれる犬種は抜け毛が少ないといわれています。

シングルコートとは温暖な地方で育種改良された犬が多く、冬の寒さから体温を守る必要がないため、人と生活しやすいように抜け毛の少ない犬へと改良されたという説が有力です。代表的なところではプードルやマルチーズ、ヨークシャー・テリア、パピヨンなどがシングルコートの犬種となります。

ダブルコート

ダブルコートと呼ばれる犬種は春から夏にかけてと秋から冬にかけて換毛期と呼ばれる毛の抜け変わりの時期があり、この時の抜け毛は犬が体を振ると毛が舞い上がるほどになります。

ダブルコートは上毛(オーバーコート)と下毛(アンダーコート)の2層構造となっており、シングルコートの犬が温暖な地域で育種改良されたのに対して、寒冷地で育種改良された犬が多く、下毛が抜け替わることによって季節にあった体温調整をしているといわれています。代表的なところではコーギー、ポメラニアン、スピッツなどがダブルコートの犬になります。

シベリアン・ハスキーはスピッツなどと同様に寒冷地で生まれ育った犬種ですので、シベリアン・ハスキーの被毛も厚く密集した下毛と、中くらいの長さの撥水性の高い上毛の、2重構造をしたダブルコートの被毛をしています。体も大きく下毛の量も豊富なので全犬種の中でも抜け毛の量の多い犬種のようですね。シベリアン・ハスキーを飼う時は抜け毛はあるものと考えて、予め対策を検討しておくとよいでしょう。

抜け毛対策に有効な方法とは?

では抜け毛の対策としてはどのようなものが考えられるでしょうか?

抜け毛の対策を考える時は、どのような時に抜け毛が気になるかをよく考えてみるとよいですね。気になる場所や気になる時に抜けないようにしておくこと、気になった時にどうするか、これらの点を踏まえて考えると次のようなことを中心に対策を考えてみるとよいようです。

  • 抜け落ちる毛をできるだけ少なくする
  • 抜け毛を付きにくくする
  • 抜けた毛をすぐに片づけられるようにする

それぞれに有効な対策を考えてみましょう。

抜け落ちる毛を少なくする方法

ブラッシング

シベリアン・ハスキーの被毛は量は多いのですが粗く絡まりにくい毛質をしていて、長さも中程度なので被毛のブラッシングは比較的楽なようです。ただし抜け毛の量は通年を通して多く、特に換毛期にはクッションが作れるほどだといわれるくらいなので、抜け毛を予防するためにはこまめにブラッシングをすることが大切です。

シベリアン・ハスキーの場合は被毛を綺麗に保つためには、週に1回程度のブラッシングでよいといわれていますが、抜け毛が気になる場合はコミュニケーションも兼ねてブラッシングの回数を増やしてあげるとよいですね。換毛期には朝晩の散歩後などにこまめにブラッシングをしてあげるとよいでしょう。

シベリアン・ハスキーのブラシングはまずスリッカーブラシを使用して、抜け毛や死毛を取り除いてあげます。スリッカーブラシは皮膚に強くあててしまうと皮膚を傷めてしまうので、力を入れずに皮膚に平行に梳いていきます。

最後にコームを使用して梳き残しがないか確認しながら被毛の艶をあげて仕上げます。

シャンプー

犬のシャンプーは回数が多すぎても少なすぎても逆効果になってしまいます。おおよそ月に1回~2回、皮脂の分泌が多くなる夏場は月に2回~3回の頻度が理想的だといわれています。

人間用のシャンプーは犬にとっては刺激が強すぎるので必ず犬用のシャンプーを使用しましょう。シャンプーに希釈するように書いてある場合は、その通りにぬるま湯などで希釈して予め用意しておきます。スポンジを用意しておくと顔を洗う時に目や耳に水を入れることなく顔を洗うことができるので便利です。

またシャンプー前には必ずブラッシングをして抜け毛や汚れを落としておきましょう。ブラッシングをおこなわずにシャンプーをしてしまうと、汚れた死毛が絡まりフェルトのような状態になってしまいます。しっかりと毛を梳いてからシャンプーをするようにしましょう。

シャンプーのあとは自然乾燥をさせずに、ドライヤーを使用してしっかりと乾かしましょう。生乾きの状態で放置しておくと雑菌が繁殖し、体臭や皮膚病の原因になることもあるので注意が必要です。

洋服を着せる

犬に洋服を着せて抜け落ちを予防する方法もありますね。最近ではシベリアン・ハスキーのような大型の犬でも着ることができる洋服も販売されているので、試してみてはいかがでしょうか?

洋服を着せて抜け落ちを予防する対策は日中はお気に入りのお出かけ着を、寝る時は着心地がよく通気性のよい部屋着を着せてあげるなど、飼い主も楽しみながら対策ができるところがよいところです。また暑さが苦手なシベリアン・ハスキーの場合は、夏場の暑い時期にはクールベストやTシャツなどを着せてあげると、涼しく快適に過ごすための助けになりますね。

洋服を着せる時の注意点は着せっぱなしにはしないことです。どうしても洋服を着せていると服の中が蒸れてしまいます。皮膚病に注意が必要なシベリアン・ハスキーの場合は、皮膚が蒸れた状態になってしまうのは避けたいところです。洋服を着せて対策をする場合は、家の中に抜け毛を気にせずに洋服を着ないで過ごせる場所を作っておいてあげるとよいですね。

素材_shutterstock_97166249

抜け毛を付きにくくする方法

抜け毛で1番気になるのはソファーなどの布製の家具や洋服に、抜け落ちた毛が付いてしまったときですよね。シベリアン・ハスキーの被毛は短く固い毛質をしているため、布製の家具や洋服などに刺さってしまい、粘着テープを使用してもなかなか取りきることが難しいという問題があるようです。

掃除を楽にするためには、抜け毛の付きやすい布を使った家具には滑りのよい布でカバーをしておいたり、カーペットなどは毛足の短いものに取り換えておくなど、予め抜け毛が付きにくくなるように工夫をしておくとよいですね。

洋服への付着に対する対策としては、普段に着る洋服をできるだけ抜け毛が付いても目立たない色や、抜け毛の付きにくい素材の物を選ぶようにする、外行きの服を着ている場合はできるだけ抱っこをしない、抱っこをする時はエプロンなどを着用するなどの対策をしてみてはいかがでしょうか?

またシベリアン・ハスキーはホワイトカラーがベースの犬種なので、色の濃い制服やスーツに付いてしまうと目立ってしまうという問題もあるようですね。制服やスーツなどをかけておく場合は、洋服カバーをして舞い上がった被毛が付着しないように予防しておくとよいでしょう。

抱っこではなく膝にのせるような場合は、専用のラグを膝に敷いてからのせるようにすると、毛が洋服に付くことを防ぐことができます。

抜けた毛をすぐに片づけられるようにする方法

どんなに対策をしていても抜け落ちを完全に防ぐことは難しいものです。特にシベリアン・ハスキーの場合はパラパラと抜ける上毛はブラッシングでもなかなか取りきれず、床に抜け落ちてしまうことが多いようです。

毎日長い時間をさいて抜け毛の掃除をするのはとても大変です。抜け毛の掃除はためずに気が付いた時にさっととるのがコツです。

気になる時に簡単に片手で操作できるハンディークリーナーなどを用意しておくとよいでしょう。フローリングの床にはウェットタイプのハンドワイパーがソファーや絨毯などには粘着ローラーが効果的なようです。

また家具の配置を掃除がしやすいように変えておくのもよい方法ですね。

犬_素材

抜け毛で遊んじゃうくらいの気持ちで

シベリアン・ハスキーの抜け毛について調べてみましたがいかがでしたでしょうか?

シベリアン・ハスキーはワイルドな見た目に人が大好きな優しい心をあわせもった犬種です。ちょっと気ままなでとっても甘えん坊な性格が1度飼うと人を虜にしてしまうようですね。そんな魅力的なシベリアン・ハスキーですが、一緒に暮らすためには抜け毛の問題は避けて通れないようです。神経質に考えるよりも、抜け毛で遊んでしまうくらいの気持ちが大切かもしれませんね。

抜け毛の多いシベリアン・ハスキーのような犬種を飼っていらっしゃる方の中には、粘着性の弱い粘着ローラーで愛犬をコロコロしてしまったり、撫でる時に滑り止めの付いた軍手を使うことでブラッシングのかわりにするなどのユニークな対策をとっている方もいらっしゃいます。

中には抜け毛を集めてミニシベリアン・ハスキーのぬいぐるみを作ってしまったり、クッションのようにしてみたりと積極的に楽しんでしまうような方もいらっしゃるようですね。シベリアン・ハスキーは飼い主の気持ちに機敏に反応する犬種です。飼い主が自分のことでイライラしているよりも、楽しそうに遊んでくれる方が喜んでくれるのではないでしょうか。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

抜け毛も汚れもスッキリ!シベリアン・ハスキーのシャンプー方法

シベリアン・ハスキーの魅力の1つは独特なカラーリングと粗くワイルドな手触りの被毛ですね。きれい好きな犬が多いことでも知られているシベリアン・ハスキーですから、できればいつもベストコンディショ……

犬のトリミングサロン

フサフサの被毛は臭いが強いの?シベリアン・ハスキーの体臭ついて

ホワイトカラーをベースとした独特なカラーリングの被毛はシベリアン・ハスキーの魅力の1つですね。極寒の中でも耐えることができる豊かな被毛は、フワフワとした手触りでいつまでも撫でていたくなります……

シベリアン・ハスキー

ぬいぐるみが作れちゃう!シベリアン・ハスキーの抜け毛対策とブラッシング方法

寒いツンドラ地域で生まれ育ったシベリアン・ハスキーは、高温多湿の日本の夏はちょっと苦手なようです。シベリアン・ハスキーを飼うならできれば温度管理のできる室内で飼ってあげたいところ。室内で犬を……

シベリアン・ハスキー

リーダーシップと根気が必要!シベリアン・ハスキーのしつけについて

ブームにもなるほど人気が高かったシベリアン・ハスキー。でも飼ってみたら「あれ?」ということが多い犬種でもあったようです。シベリアン・ハスキーは人懐っこく飼い主に従順で、判断能力も高い賢い犬種……

シベリアン・ハスキー

食べむらが心配なシベリアン・ハスキーのエサの量について

オオカミのような精悍な見た目と人懐こい性格が魅力のシベリアン・ハスキー。野性味のある見た目からは好き嫌いもなくよく食べる印象がありますが、実際にはどうなのでしょうか?エサの与え方など気を付け……

シベリアン・ハスキー

「シベリアンハスキー」の性格や飼い方をご紹介!

シベリアンハスキーの特徴 オオカミの様な顔立ちや「犬ぞり」でも有名な犬種です。日本では、80年代~90年代に爆発的なブームになった中型犬です。このブームは映画「南極物語」やマンガ「動物のお……

シベリアン・ハスキー

人から賞賛を受ける犬。シベリアン・ハスキーの里親になるには?里親を探すには?

体が大きく、鋭い目が特徴のシベリアン・ハスキーですが人懐こくどこかユーモラスな印象があるので親しみやすい存在です。遊ぶ事が大好きで、いたずらもします。とても利口なのですが独立心も強く、時には……

犬・小犬の里親になる

備えが重要!シベリアン・ハスキーにおすすめのペット保険について

そり犬らしい体つきが健康的なイメージのシベリアン・ハスキー。気を付けなければならない病気などはないのでしょうか?中型から大型にあたるシベリアン・ハスキーの場合は、医療費が高額になる可能性があ……

シベリアン・ハスキー