2016年11月24日更新

ことわざは猫だらけ!どうして「猫ことわざ」が多いの?

「猫に小判」や「借りて来た猫」「猫の手も借りたい」「窮鼠猫を噛む」など、日本のことわざには猫にまつわる「猫ことわざ」が数多く存在し、その数は100個近くあるとも言われています。誰しも一度は日常生活の中で「猫ことわざ」を耳にしたことがあるのではないでしょうか。日本にはどうしてこんなに猫にまつわることわざが多いのか……それは、私たちの御先祖さまの暮らしに猫が密接に関係していたから。ここでは、猫のことわざが多い理由と有名な「猫ことわざ」の由来をご紹介します。

はじまりは奈良時代~私たちと猫の関わり~

猫_素材
日本において、猫は昔からとても馴染み深い動物でした。
猫がペットとして日本に入ってきたのは意外にも古く、奈良時代だと言われています。もともと、日本にはペットとしての猫は存在しませんでしたが、中国と交流を持つようになり、中国から船に乗って日本にやってきたのです。

当時、中国からやってくる猫には大切な役目がありました。船で仏教の経典を運ぶ際、経典がネズミに食い荒らされないようにネズミを捕る役目です。猫はネズミから書物を守ってくれる大切益獣でもあったため、今と違って逃げないように紐で繋いで飼育していた記録も残っています。

やがて平安時代になると、猫はペットとして貴族に飼われるようになりました。中には猫を文字通り「猫かわいがり」する天皇も居たんだとか……。

しかし、江戸時代初期まで、なかなか猫は繁殖せず、数が増えませんでした。そのため、江戸時代には「ネズミ除け」の御利益を掲げた「猫絵」と呼ばれる猫のイラストが飛ぶように売れたと言われています。

日本の歴史を紐解いて見れば、あちらこちらに猫の姿を確認することができます。猫は私たち日本人にとって、古くからのパートナーなのです。そのため、最も身近な動物と言っても過言ではない猫にまつわることわざが、数多く生み出されたと考えられています。

猫と人との関わりの中で生まれた「猫ことわざ」

猫_素材
猫にまつわることわざの中で、おそらく最も有名なのが「猫に小判」ではないでしょうか。「猫に小判」とは「価値の解らない人に立派なものをあげても、何の役にも立たないこと」を表すことわざです。同じような意味のことわざに「猫に石仏」というものもあります。

人間にとっては大変価値のある小判ですが、猫にとってみれば何の価値もないただの金属板です。猫にしてみれば、食べて美味しい鰹節や新鮮な魚の方が嬉しいものに違いありません。

猫にまつわることわざは、どちらかというとポジティブな意味より、ネガティブな意味で使われることが珍しくありません。それは私たち人間から見れば猫が勝手気ままに生きているように見えたからでしょう。それでもこうして多くのことわざに猫が取り上げられているのは、猫がわがままだけど憎めない大切な存在であったからにほかなりません。

猫にまつわることわざを目にしたときは、ちょっとだけ猫の仕草や行動にも思いを馳せてみると面白いかもしれませんね。

猫と人間と「猫ことわざ」

猫_素材
いかがでしたか?
私たち人間とペットとしての猫は、1000年以上のお付き合いです。私たちの生活には欠かせいパートナーであった猫にまつわることわざが多いのも納得できるのではないでしょうか。

猫にまつわることわざは「猫に小判」や「猫の手も借りたい」の他にもたくさんあります。ぜひ、猫の仕草などにも注目して、猫にまつわる「猫ことわざ」を探してみましょう。「猫ことわざ」を知れば、今以上に猫に対して親しみを感じられるかもしれません。

ペット生活



編集部

犬や猫との暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

この記事が気に入ったらいいねをしよう!

関連記事

発表!2016年アメリカで人気の猫の名前、オス・メスTOP10!

猫を飼うときに最初にすること。それは名前を決めることです。皆さんあれこれ悩んでつけていると思います。2015年に発表された、日本の猫の名前トップ3は、男の子で「レオ」「ソラ」「コタロウ」、女……

猫の雑学

猫のことわざは世界共通? 英語の中の「猫ことわざ」

「猫に小判」や「猫の手も借りたい」など、私たちの暮らしの中には猫にまつわることわざがたくさんあります。では、海外にも猫にまつわることわざはあるのでしょうか? 以外にも世界各地に猫にまつわるこ……

猫の雑学

ブラッシングに+α 猫の抜け毛を減らす方法

猫を抱っこしたあと服を見たら、抜け毛がべったり……なんて経験がある人も多いのではないでしょうか。猫の毛は細くて軽く、掃除がしにくいものです。服やカーペットに就いたものは粘着テープで簡単に取り……

猫の雑学

これ、知ってる? オモシロ猫のことわざ辞典

猫に小判、猫に杓子、猫の額……。考えてみると猫にまつわることわざはとても多く、なんとその数は100以上にものぼります。非常に狭い場所を「猫の額」というなど、誰でも知っている猫のことわざもあり……

猫の雑学

ベルギーの猫祭り!起源と悲しい歴史の真実とは?

TV番組の「世界ふしぎ発見」でも取り上げられたことがある「ベルギーの猫祭り」。この“猫祭り“はベルギーのとある小さな町で、3年に1度開催されているお祭りです。 猫に扮してパレードに参加……

猫の雑学