2017年5月15日更新

備えが重要!シベリアン・ハスキーにおすすめのペット保険について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

そり犬らしい体つきが健康的なイメージのシベリアン・ハスキー。気を付けなければならない病気などはないのでしょうか?中型から大型にあたるシベリアン・ハスキーの場合は、医療費が高額になる可能性があるので気になるところですね。今回はそんなシベリアン・ハスキーにおすすめのペット保険について調べてみました。

 

シベリアン・ハスキーのかかりやすい病気とは?

保険に入る時に必要なことは、どのようなケースに対して保険を利用したいのかをはっきりとしておくことですね。ペット保険で補償されるものは主にペットの病気やケガに対する医療費ですね。

まずはシベリアン・ハスキーに適したペット保険を考える前に、シベリアン・ハスキーがどのような病気にかかりやすいのかを理解しておきましょう。

目の病気

シベリアン・ハスキーは目の病気には注意が必要な犬種のようです。シベリアン・ハスキーがかかりやすい目の病気は次のとおりです。

白内障

眼球内にある水晶体が白く濁った状態になる病気です。

水晶体の濁りによって光が遮られ灰色から黒の点が現れます。症状としては瞳孔の奥が白く変色して見える、家具などにぶつかりやすくなるなどです。シベリアン・ハスキーの場合は、遺伝などの先天的な要因で引き起こされる若年での発症が多いのが特徴ですが、糖尿病、低カルシウム血症、ぶどう膜炎などから併発している可能性があります。

緑内障

眼球内の眼圧が高まることによって網膜や視神経が圧迫され、視野が悪くなる状態のことです。

眼圧が高まる原因は眼球内を循環している体液である房水の循環不良で、通り道である隅角の障害が引き起こすことが多いといわれています。遺伝など先天的な要因で引き起こされることもありますが、ぶどう膜炎、全房出血、水晶体脱臼、眼球内腫瘍などから併発している可能性があります。

ブドウ膜炎

虹彩、毛様体、脈絡膜などの総称であるぶどう膜が炎症を起こす病気です。炎症を起こしている場所によって虹彩炎、毛様体炎、脈絡膜炎と呼び分けることもありますが、隋発して発症することが多いのでぶどう膜炎と呼ばれることが多いようです。

症状としては涙や目やにが増える、目をこする、虹彩や瞳孔の様子がいつもと違う、目の中に血が溜まったような状態になるなどが現れます。遺伝による原因も考えられますが、感染症や歯周病や腫瘍、角膜炎、結膜炎などの他の病気からの併発、ワクチン接種(アデノウィルス2型)の副作用の可能性があります。

他の病気からの併発の場合は原因となっている病気の治療が優先されます。原因となる病気が特定できない場合は、炎症を抑えるための点眼や結膜下注射などの治療がおこなわれます。

関節の病気

シベリアン・ハスキーは関節の病気にも注意が必要なようです。シベリアン・ハスキーがかかりやすい関節の病気は次のとおりです。

膝蓋骨脱臼

後ろ足の膝蓋骨(膝のおさら)が脱臼(ずれたり外れたり)してしまう病気です。骨や筋肉の形成異常で起こるような場合は先天性、高いところから落ちるなどがきっかけで発症する場合は後天性といいます。

症状としてはスキップのような歩き方をする、脱臼した足をかばい3本の足で歩く、つま先立ちのような歩き方をする、膝が腫れている、歩きたがらない、立ち上がりにくそうにするなどがあります。

治療法としては膝蓋骨を正常な位置に戻す手術を受けるのですが、あまり病気が進行してしまうと骨が変形してしまい、手術に適さない状態になってしまうことがあります。そのため早期発見、早期手術が必要になる病気です。

この病気は手術費用、通院介護の費用が高額になることが多いのですが、保険の補償対象外になっていることがある病気です。ペット保険を選ぶ際には補償内容を確認する必要があります。

股関節形成不全

太ももの骨と骨盤とを結合する股関節が外れてしまったり、外れかかっていて力が入らない状態になる病気です。遺伝による先天的な理由で発症する場合と、飼育環境や事故などによって後天的に発症する場合の2つのケースがあります。

症状としてはモンローウォークと呼ばれる腰を振るような歩き方をするのが特徴で、その他には後ろ足がうまく曲げられない、スキップのような仕草をみせるなどがあります。

軽度なものの場合は安静にして投薬により治療をおこないますが、投薬では効かない重度の症状の場合は外科な処置が必要な病気です。

シベリアンハスキー_犬_素材

皮膚疾患

シベリアン・ハスキーは皮膚が弱く皮膚の疾患も多い犬種だといわれています。シベリアン・ハスキーのかかりやすい皮膚病は次のようにいわれています。

アレルギー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎

アレルギー性の皮膚炎は再発率が高く難治性の皮膚病だといわれていて、長期での投薬が必要になり再発を繰り返すと徐々に重症化する傾向のある難しい病気です。

アレルギーを起こす原因としては食べ物によるもの、ノミやダニなどの寄生虫、ハウスダストや花粉などの環境的な要因が考えられ、それらのアレルゲン(アレルギーを起こす元となる物質)が肌についたり、呼吸とともに吸い込んだりすることで発症します。

症状としては痒がって手足を噛んだり、足でかくと大量のフケが出たりするようになります。重症化していくと脱毛を起こしたり、患部が赤黒くなり皮膚が分厚くなるなってしまったりします。

治療方法はアレルゲンによって異なりますが、アレルギー性の病気は体質によるものなので完治が難しく長期の通院が必要になります。

脂漏性皮膚炎・マラセチア皮膚炎

マラセチア属の酵母によって引き起こされる皮膚炎の事です。

犬の外耳道、肛門嚢、指の間、唇、皮膚粘膜に常駐している酵母で、はっきりとはわかっていませんが過剰な脂質の分泌や、宿主である犬の免疫力の低下などが原因で発症するといわれています。皮膚のべとつきやフケの増加、発疹などの症状が現れます。また外耳道にも存在するので外耳炎の原因になることもあります。

免疫力の低下で発症することが考えられるので、脂漏性皮膚炎を発症した場合は他の病気からの併発の可能性があり、まず基礎疾患の治療をおこなう必要があることが多い病気です。

糸状菌症・白癬・皮膚真菌症

小胞子菌などの真菌が皮膚や被毛、爪の根元などに寄生することにとって発症する病気です。

顔のまわりや耳、四肢などに脱毛をともなう発疹ができ、その周りにフケやかさぶたが見られるようになります。免疫力の弱い子犬や免疫不全の犬、何らかの疾患を患っている犬に発症することが多い病気です。

治療方法は塗り薬の塗布か投薬によって真菌を駆除していきます。

膿皮症

皮膚の上で菌が異常繁殖することで化膿し膿を排出している状態をいいます。

表皮、真皮、皮下組織のどの個所でも発症する可能性があります。90%が犬と共生しているブドウ球菌が、皮膚の細菌バランスの崩れによって引き起こす病気です。脂漏症と同様で細菌のバランスを崩す原因となった病気により併発している可能性があり、まず基礎疾患の治療をおこなう必要があることが多い病気です。

突発性てんかん

原因やメカニズムははっきりとわかっていませんが、脳には異常がないのに急に痙攣発作をおこす病気です。意識なく全身が痙攣しよだれがひどくなったり失禁を起こすような場合や、部分的に痙攣や震えが起こるなどさまざまな症状が現れます。

突発性のてんかんは完治させることは難しく、生涯に渡って付き合っていくことになる病気の1つです。発症している症状によって治療方法は異なりますが、主には投薬により経過観察を続けるようなケースが多いようです。

胃拡張胃捻転症候群

シベリアン・ハスキーのような胸の深い大型の犬種に多い病気で、突然死の原因の1つになっています。胃にたまったガスで胃が拡張し、風船がひっくる返るように捻じれてしまう病気です。

捻じれることで排出口を失ったガスはそのまま胃に充満し、拡張を続け周囲の血管や臓器を圧迫しやがて全身の循環不全に陥ります。また捻じれた胃や捻じれる際に巻き込まれた臓器では壊死が進んでいくため、早期発見早期治療をしなければ命に関わる危険な病気です。

初期の症状としては急に腹部が膨らむ、嗚咽をするが吐けない、よだれが多くなるなどが現れます。救急の処置で胃の中のガスを外へ排出し、緊急手術で捻じれた胃の整復、胃洗浄、捻じれ防止のための固定をおこなう必要があります。

救急の処置が必要なこと夜間である可能性もあることなどから、高額な治療費がかかる可能性の高い病気の1つです。

素材husky-672760_640

シベリアン・ハスキーにおすすめの保険は?

シベリアン・ハスキーの場合は白内障などの医療費が高額になる可能性があるけれど、保険の対象外となってしまう病気にかかりやすいこと、皮膚病やてんかんなど完治が難しく長期の通院が必要な病気に注意が必要なことに考慮して保険を選ぶ必要があるようです。

その点を踏まえて考えると次のようなことを考慮して保険を選ぶとよいようです。

  • 膝蓋骨脱臼、白内障などの高額治療が補償内容に入っているもの
  • 長期通院の必要な病気に備え、通院の補償日数や回数が十分もしくは制限なしのもの
  • 1回の事故(傷病)に対しての上限がないものもしくは補償が十分なもの

考慮すべき点ふまえてシベリアン・ハスキーにおすすめの保険を考えてみました。

アニコム損害保険(株)

ペット向け保険の業界大手の実績があり、動物病院との提携件数も多くお会計の窓口でペット保険証を提示するだけで保険を使うことができるのが特徴です。

プランは2つのプランが用意されており、かかった医療費の70%を保険で負担してくれる「ふぁみりぃ70%プラン」と、50%を負担してくれる「ふぁみりぃ50%プラン」になります。

ただし通院・入院の利用回数に制限があるので、長期通院の場合には利用の仕方を考えて使用する必要があります。

アイペット損害保険会社

提携の動物病院で加入者カードをみせるだけで保険を使うことができます。

保険料はやや高くなりますが通院から入院・手術までを幅広く補償してくれる「ペット保険うちの子」の50%補償プランと70%補償プラン、手ごろな保険料で高額になりがちな手術の費用に特化した「ペット保険うちの子ライト」の3つのプランがあり、備えたい内容にあわせてプランを選ぶことができます。

またペットが他人にケガをさせてしまった場合の損害賠償を補償する、ペット賠償責任を特約として付けることができます。

ペット&ファミリー少額短期保険(株)

太陽生命や大同生命などのT&Dグループが手掛けているペット保険なので安心感があり、1日あたりの支払限度額、支払い回数に制限がないのが特徴です。

4つのプランが用意されており1日あたりの免責金がなく保険料と補償内容のバランスが取れている「ペット保険げんきナンバーわんプラン70」「ペット保険げんきナンバーわんプラン50」、「ペット保険げんきナンバーわん」よりもやや安い保険料で、1日あたりの免責金額が3,000円となりますが、股関節脱臼、膝関節脱臼、膝蓋骨脱臼、病理組織学検査料が補償される「ペット保険げんきナンバーわんSlimプラン70」「ペット保険げんきナンバーわんSlimプラン50」があります。

GIガーデン少額短期保険・いぬとねこの保険

年間補償額はプランによって決まっていますが、支払い回数の制限や1日当たりの限度額などの制限がないのが特徴です。谷型保険料体系という独特の保険料計算をおこなうので、0歳から3歳までは保険料が下がっていき、3歳から加齢による保険料加算がはじまるのも特徴的です。

プランは保険料はやや高くなりますが入院、通院、手術のすべてを補償してくれ賠償責任特約の付帯も可能な「プラチナ90%プラン」「プラチナ70%プラン」「プラチナ50%プラン」、通院に特化した補償内容で賠償責任特約の付帯も可能な「ゴールド90%プラン」「ゴールド70%プラン」「ゴールド50%プラン」、手術のみを補償する「パール70%プラン(使用回数に制限有)」の7つのプランがあります。それぞれの%は医療費の負担%をあらわしていて、90%プランを選択した場合は医療費の90%を保険で負担してくれます。

犬_素材

 

運動量豊富なシベリアン・ハスキーには賠償責任特約が必須

シベリアン・ハスキーにおすすめのペット保険について考えてみましたがいかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した保険は、長期通院の可能性があるシベリアン・ハスキーの場合は通院のたびに保険の申請をおこなう手間を軽減する必要があると考えて、提携病院であれば会計の窓口で保険が使用できる保険であること、膝蓋骨脱臼や白内障などに対する補償ができるだけ充実している保険であることを考えて選ばせていただきました。

運動量も豊富でスタミナのあるシベリアン・ハスキーは、運動に対する欲求をしっかりとみたしてあげないとストレスをためてしまいやすい犬種です。ドッグランなどの走り回れるような場所で自由に遊ばせてあげたいところですね。

でもドッグランのように家族以外の人や他のペットがいる場所でシベリアン・ハスキーを遊ばせる場合には注意が必要なようです。重い荷物を引いて走れるほどの馬力があるシベリアン・ハスキーですから、その気はなくてもあたっただけで小さなお子さんや小型のペットを傷つけてしまうこともあるようです。

家族以外の人や他のペットを傷つけてしまった場合は、相手から損害賠償を請求させる可能性があります。損害賠償の話し合いは当事者同士がおこなうと、なかなかうまくまとまらないことが多いものです。ペット保険の中には賠償責任特約と付けると相手との示談交渉まで含まれているものもあります。シベリアン・ハスキーのペット保険を考える時には、賠償責任についてもよく検討しておくとよいですね。