2017年6月7日更新

リーダーシップと根気が必要!シベリアン・ハスキーのしつけについて

ブームにもなるほど人気が高かったシベリアン・ハスキー。でも飼ってみたら「あれ?」ということが多い犬種でもあったようです。シベリアン・ハスキーは人懐っこく飼い主に従順で、判断能力も高い賢い犬種ですが、だからこそしつけは少し難しいよう。今回はそんなシベリアン・ハスキーのしつけ方について調べてみました。

シベリアン・ハスキーの性格は?

しつけのことをご紹介する前に、まずシベリアン・ハスキーはどのような犬種なのかをお話ししておきましょう。

シベリアン・ハスキーは極東北極圏を中心とした地域で、主にトナカイなどを狩ることで生活をしていたチュクチ族とともに、古くから生活をともにしてきた犬種だといわれています。シベリアン・ハスキーの仕事は、人や重い荷物を載せたそりを牽引し運搬することとトナカイなどの狩りの補助で、とても重宝されてきました。

そのように長く人とともに生活してきた歴史を持つシベリアン・ハスキーは、オオカミのような精悍でワイルドな見た目をしていますが、人に対してとても友好的で飼い主には従順な性格をしています。他の動物や小さな子どもに対しても仲間意識を持つことができるので、家族構成を選ぶことがなく多頭飼いにも向いているといわれています。

とても好奇心旺盛で冒険好きな性格をしているので、脱走・放浪癖やイタズラで困ってしまうことも多いようですね。

厳しい環境で生活をしてきた犬種なので、独立心が旺盛でやや警戒心の強い面もあり、うまく主従関係を築くことができないとしつけをすることが困難になってしまうようです。また判断能力にも長けているので頑固な1面があり、納得できないことやしたくないと思うことは、理解できていてもやらないようなところがあるようですね。そのような頑固な面があることからしつけには根気が必要なようで、犬を飼うことに慣れていない方には飼うのが難しい、やや上級者向けの犬種だといわれています。

シベリアンハスキー_犬_素材

シベリアン・ハスキーのしつけではリーダーシップが大切

シベリアン・ハスキーのようなそり犬は他の犬との調和の中で生活することが多かったため、上下関係のはっきりとした規律正しい生活を好む犬が多いようです。つまりシベリアン・ハスキーにとってはしっかりとしたリーダーのもとで、一貫したルールにのっとって生活をすることは快適な環境になります。逆にしっかりとしたルールがなくリーダーがいないような環境だと、ストレスを感じてしまうようです。

基本的には人に対して友好的で、本来は攻撃的な面をみせることがないはずのシベリアン・ハスキーが問題行動を起こすのは、飼い主からリーダーとしての権利を奪おうとする際におこなわれる行為だといわれています。

つまり犬に問題行動を起こさせないためには、常に飼い主とその家族が犬の上位に立ち、犬が安心して自分の身を預けることができるリーダーシップを発揮してあげることが不可欠なのです。

では犬にとってのリーダーとはどのようなものなのでしょうか?

  • 常に一貫したルールに従って揺らがないこと
  • 何かあったら必ず守ってくれるという行動力

この2点を満たされているとシベリアン・ハスキーは自分の身を任せることができると安心し、相手のことをリーダーとして認めてくれるようです。

一貫したルールを決めておきましょう

リーダーとして認めてもらうためには、まず家族の中で犬と接する時のルールを統一しておく必要があります。そのためには犬を迎え入れる前に、家族の中で犬との生活ためのルールを話しあっておくとよいですね。

ルールを決める時に最初にするべきことはトイレの場所やケージの場所など犬の生活スペースを決めておくことです。特に大型のシベリアン・ハスキーの場合は寝起きするスペースやトイレの場所など、生活スペースは広さもしっかりと確保しておく必要がありますし、どこまで犬が自由に出入りしてよいのかなど人と犬の生活動線をはっきりとさせておくことが必要になります。

次に犬と生活するための家族のルールを決めていきます。食事の時のルール、寝る時のルール、留守番をさせる時のルール、散歩の時のルールなど具体的に犬がしていいことと悪いことを決めておきます。

ただし犬の行動や個性を見ながら必要なルールを追加できるように、あまり細かいルールにはせず、絶対に守らせたいことだけを決めておくようにしましょう。

犬に対する接し方では特に叱り方、褒め方を家族で統一しておくとよいですね。叱る時の言葉や褒める時のゼスチャーを統一しておくと、混乱することなくしつけが入りやすくなります。また褒める時におやつを与える場合も何をどれだけあげるかを決めておきましょう、おやつをあげる人とあげない人がいると、犬はそれだけで人に順列を付けてしまいがちです。

素材_shutterstock_39704329

そり犬にはリーダーウォークは必須

そり犬であるシベリアン・ハスキーは物を引っ張って歩くことに対する欲求が強くあります。重い荷物や人を乗せたそりを引くことができる馬力を持ったシベリアン・ハスキーですから、散歩で引っ張られるようなことがあると大人でも引き倒されてしまう危険があります。

シベリアン・ハスキーの場合は外を散歩させる前に、家の中でしっかりとリーダーウォークの訓練をしておくことが必要です。

リーダーウォークの教え方には色々とありますが簡単に実践できるものとしては、犬が飼い主の前に出た時にわざと犬の前を通って方向を変える方法、もう1つは引っ張ると首に負担がかかるチョーカーを利用して、犬が引っ張った時に首に軽いショックを与えるように犬と逆の方向に飼い主が動く方法です。

どちらの場合も犬に命令などをせずに無言でおこない、だらだらと長い時間訓練をしないことが大切なようです。家の中でリードを付けることに慣れてきたら、1日5分~10分くらいの時間で訓練をしてあげるとよいですね。

なかなか散歩の最中の引っ張り癖が治らないような時は、散歩の前にも時間を作ってリーダーウォークの訓練をおこなってから出かけるとようにするとよいようです。

飛びつきには突き放してから無視が有効

人が大好きなシベリアン・ハスキーは、来客のときなどに歓迎の意味を込めて飛びついてしまうことがあるようです。体も大きく力の強いシベリアン・ハスキーに思い切り飛びつかれたら、大人でもよろめいてしまいます。まして小さな子どもでは大きなけがにつながりかねませんね。

シベリアン・ハスキーに飛びつきをやめさせるには突き放してから無視をすることが1番有効的だといわれています。

飼い主が大好きで甘えん坊なところがあるシベリアン・ハスキーにとって、飼い主から無視されることはとても辛いことです。犬が飛びついてきたら両手で犬を突き放し、その後犬に背を向けて目をあわせないようにしましょう。飼い主に無視されることが嫌いなシベリアン・ハスキーは、飛びつくと嫌なことがあると学習し段々と飛びつかなくなってきます。

飛びつく素振りをみせても我慢できるようになったら、しっかりと褒めてあげましょう。褒める時はややオーバーアクションで褒めてあげるとよいようです。

飛びついた時に犬が嫌いな手を叩くなどの炸裂音を出して驚かすという方法もあります。飛びつくと怖いことが起こると認識させることで飛びつきをなくしていく方法で、この方法もシベリアン・ハスキーには有効だといわれています。無視をしてもなかなか収まらないような時は試してみるのもよいのですね。

imasia_5699858_S

頑固なのは賢さの裏返し

シベリアン・ハスキーは厳しい環境でも自分の身を守ることができるように、自己判断能力がとても高い犬種です。そのためたとえ飼い主の命令でも、今はするべきではないと判断した時や自分が納得できないと、理解していても従わない傾向が強いようです。そのため他の犬種よりも1つのことを覚えるまでに時間がかかってしまうことが多いようです。

頑固でしつけが難しいのは、シベリアン・ハスキーが賢く能力が高いことの裏返しです。根気強く冷静に教えてあげれば必ず覚えてくれます。焦らずにシベリアン・ハスキーのいたずら好きで冒険心旺盛なところも楽しみながら、ゆっくりと教えてあげるとよいですね。

またとても運動能力も高く運動することに対する欲求も強い犬種です。運動量が足りていないとストレスから、いうことをきいてくれなくなってしまうこともあるようです。なかなかしつけが進まないと感じた時は、散歩の時間や内容、ドッグランへ行く回数などを見なおしてみるのもよいでしょう。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

抜け毛も汚れもスッキリ!シベリアン・ハスキーのシャンプー方法

シベリアン・ハスキーの魅力の1つは独特なカラーリングと粗くワイルドな手触りの被毛ですね。きれい好きな犬が多いことでも知られているシベリアン・ハスキーですから、できればいつもベストコンディショ……

犬のトリミングサロン

「シベリアンハスキー」の性格や飼い方をご紹介!

シベリアンハスキーの特徴 オオカミの様な顔立ちや「犬ぞり」でも有名な犬種です。日本では、80年代~90年代に爆発的なブームになった中型犬です。このブームは映画「南極物語」やマンガ「動物のお……

シベリアン・ハスキー

ぬいぐるみが作れちゃう!シベリアン・ハスキーの抜け毛対策とブラッシング方法

寒いツンドラ地域で生まれ育ったシベリアン・ハスキーは、高温多湿の日本の夏はちょっと苦手なようです。シベリアン・ハスキーを飼うならできれば温度管理のできる室内で飼ってあげたいところ。室内で犬を……

シベリアン・ハスキー

人から賞賛を受ける犬。シベリアン・ハスキーの里親になるには?里親を探すには?

体が大きく、鋭い目が特徴のシベリアン・ハスキーですが人懐こくどこかユーモラスな印象があるので親しみやすい存在です。遊ぶ事が大好きで、いたずらもします。とても利口なのですが独立心も強く、時には……

犬・小犬の里親になる

食べむらが心配なシベリアン・ハスキーのエサの量について

オオカミのような精悍な見た目と人懐こい性格が魅力のシベリアン・ハスキー。野性味のある見た目からは好き嫌いもなくよく食べる印象がありますが、実際にはどうなのでしょうか?エサの与え方など気を付け……

シベリアン・ハスキー

リーダーシップと根気が必要!シベリアン・ハスキーのしつけについて

ブームにもなるほど人気が高かったシベリアン・ハスキー。でも飼ってみたら「あれ?」ということが多い犬種でもあったようです。シベリアン・ハスキーは人懐っこく飼い主に従順で、判断能力も高い賢い犬種……

シベリアン・ハスキー

フサフサの被毛は臭いが強いの?シベリアン・ハスキーの体臭ついて

ホワイトカラーをベースとした独特なカラーリングの被毛はシベリアン・ハスキーの魅力の1つですね。極寒の中でも耐えることができる豊かな被毛は、フワフワとした手触りでいつまでも撫でていたくなります……

シベリアン・ハスキー

備えが重要!シベリアン・ハスキーにおすすめのペット保険について

そり犬らしい体つきが健康的なイメージのシベリアン・ハスキー。気を付けなければならない病気などはないのでしょうか?中型から大型にあたるシベリアン・ハスキーの場合は、医療費が高額になる可能性があ……

シベリアン・ハスキー