2016年12月15日更新

『甘えたい』わけじゃないのかも?!猫がヒザに乗りたがる3つの気持ち

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

 

猫が膝の上に乗りたがる♥
すぐに動けなくなってしまうので少し困ってしまいますが、飼い主からすると猫が膝にいてくれる時って幸せな時間なのではないでしょうか。
我が家の猫もすぐにヒザに乗りたがるのですが、最近では2歳の娘と私のヒザを巡って膝の上でバトルを繰り広げるので幸せなようなちょっと困るような…。
不思議な気持ちを毎日味わっています。
しかし二人(一匹と一人?)でヒザを取り合ってくれるのは、それだけ二人とも私のことが好きなんだ!と思って喜んでいたのですが、どうやら猫がヒザに乗って来る理由は『好き』や『甘えたい』という気持ちだけではないようです。

猫が膝に乗りたがるとき、いったい猫は何を思っているのでしょうか?
ヒザに乗たがる猫の心理に迫ります♪

 

甘えている

『甘えたい』という気持ちだけで膝にのってくるわけじゃない、とは言いましたが『甘えたい』気持ちの時にももちろん猫はヒザにやってきます。
お留守番をしていて寂しかった、今日はたまたま甘えたい気分♪など、なぜ甘えたいと思ったのかの理由は違えども『甘える』ことだけが目的で膝にやって来ることも少なくありません。
『甘えたい』気持ちでヒザにやってくる猫は『ナデナデして』『かまって』とアピールしてくることが多いでしょう。
喉をならし、完全に甘えた声や表情でアピールしてくるので『甘えている』ことか分かりやすいかもしれませんね。
甘えたい気持ちの猫は思う存分、甘やかしてあげるのが飼い主の勤めです♪
満足するまでしっかりとあまやかしてあげましょう!

温もりを求めている


これからの時期は特にかもしれませんが、猫は肌寒い季節になってくると温もりを探し始めます。
温かく、気持ちいい寝床を毎日探しているのです。
秋~冬にかけてのみ膝に猫がやって来る回数が増える、というのであれば、猫に『温かい寝床』としてヒザを使われている可能性が高いでしょう。
膝の上で猫が無防備に寝ていたり、長居している時も『温かい寝床』だと思われているケースが多いようです。
なるべくそのまま『温かい寝床』でいてあげてください。
きっと猫との絆も暖まるはずですよ♪

 

『イス』『ソファー』だと思っている

猫には特になにも考えていない『無心』の時間があると言います。
眠くてボーッとしているのか、ただ単純になにも考えていないだけなのか、家猫歴が長い猫ほど『無心』の時間は長くなるのだそう。

猫が無心の時は本当になにも考えていません。
そのためイスやソファーに座っている飼い主さんをきちんと認識せずに『イスやソファーの一部』だと思って座ってくることもごくたまにあるようです。
人が急に動くと猫が驚いてしまうので、猫が移動するか貴方に座っていることに気がつくまではなるべく動かないようにしましょう。

どんな気持ちであったとしても…
貴方に気を許して、警戒心を抱いていないから『甘えたい』気持ちになったり、『温もりを探して』無防備な姿をしたり、『無心』になることができるのです。
膝に乗ってくれる気持ち全てが『甘えている』『好き』というアピールではありませんが、『信頼関係』はしっかりとできている証拠なのかもしれませんね。

 
 

関連カテゴリ