2016年10月30日更新

有名人が語る「私は猫のココが好き」思わず納得してしまう猫の名言集

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

 

「ネコ科の一番小さな動物、つまりネコは最高傑作である」

と語ったのはレオナルド・ダ・ヴィンチ。ネコの姿形を忠実に模写した絵も残されています。

世界中の人々を魅了し続けるネコ。ペットブームが囁かれ、ネコノミクスという言葉も囁かれる日本ですが、猫は江戸時代から庶民の生活に密着して暮らしてきました。

人間はどうしてこんなにネコに夢中になるのでしょうか?ネコの魅力とは?今回は、有名人が語った、思わず納得してしまう猫の名言集を集めてみました。

 

養老孟司:「機能的にも心理的にもネコには無駄がない」


東京大学名誉教授。解剖学者の養老孟司先生も大のネコ好き。スコティッシュフォールドのまるちゃんを溺愛しています。

養老先生曰く、ネコには完成された可愛さが備わっているとか。

「動物も人間も子供の可愛さには共通の特徴があります。目がつぶらで、顔全体が丸くて、比率的に目が大きい。これは親が守ってあげたいと思う様に、敵に襲われたりいじめられたりしないようにそういう容姿になっているのです。」

と、熱く語っていました。猫は見た目も可愛く、触っても気持ちが良いとメロメロに絶賛しています。

山下洋輔:「猫は人の心を広くする」


ネコがいなくなったときに神社にお参りしたらネコが戻ってきた…。こんな話を聞いたことがありませんか?

この話の生みの親がジャズピアニストの山下洋輔さん。大切に世話をしていたネコが姿を消した時に何日探しまわったあげく、近所の立川水天宮阿豆佐味神社に「ネコが帰ってきますように」と祈願したところ、なんと翌日戻ってきたそうです。

この阿豆佐味神社は「ネコ返し神社」として全国の愛猫家から祈願が寄せられています。

 

川上麻衣子:「ネコから人生を教わっています。」


自宅はまるでネコカフェだという女優の川上麻衣子さん。愛猫3匹と友達から預かった2匹のネコと暮らした経験もあるそうです。

「ネコからはいろんなことを教わります。生き様や死に様、人生そのものですね」

ネコと暮らしている中で、ネコが7歳を過ぎたあたりからネコとの関係が深まってより愛着が増すといいます。

7年をすぎると、ネコも自分を理解して見守ってくれるような感覚になるのだとか。ネコと対等に暮らしているからこそそう感じるのでしょうね。

いかがですか。私が一番好きなネコの名言は、ジョージ・ミケシュの

「犬を飼う事はできる。だがネコの場合、ネコが人間を飼う。なぜならネコは人間を役に立つペットだと思っているからだ。」

という言葉です。ネコはこんなに長い間人間と暮らしているのに、決して人間に媚びず、万が一の場合は家を飛び出して外の世界でも生きて行く力を持っています。賢くて強く美しい動物。本当に素晴らしい生き物。見習いたいところばかりです。

本当に人間のほうがネコに教わる事は多いのかも知れませんね。

 
 

関連カテゴリ