2016年10月26日更新

死にかけた子猫は生きてます【ねりまねこブログ】

あらたな現場に着手しています。

すでに子猫が10匹も生まれ
今後も生みそうな猫が
何匹もいます。

一刻の猶予もないので、
日曜の朝から、
捕獲作業をしていました。

するとフェンスの外から、
女性が声をかけてきました。

「この子猫は
そちらの子ですか?」

見ると、フェンスの外側に
子猫が倒れています。

目やにで真っ黒
体はガリガリ、
飢えと脱水で
ぐったりしています。

その女性は
倒れた子猫を見つけ、
慌てて、近くで
子猫用のウェットフードを買って
もどってきたところでした。

ペット不可のマンションで
保護ができないので
この後、どうしよう、と
困っていました。

そこで私達が
保護して飼い主探しをする
と伝えたら
とても喜んでくださり、

その場で
ご寄付をくださいました。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

保護当初の姿
体重はわずか650g

体重だけで判断するなら
生後2ヶ月くらいですが・・・

o0800053313706796844

顔立ちや歯の状態から
おそらく3ヶ月近いでしょう。

男の子で、「わかちゃん」と名づけました。

そばにいた兄弟の黒白も保護しました。

o0800053313706796760

すぐに病院に連れていき
ノミダニ寄生虫駆除
身体検査、検便をして
点滴、抗生剤の注射など
初期治療を行いました。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

その翌日

お水も飲んでごはんも食べてます。

o0800053313706797085

下痢がすごいので治療中です。

おとなしい子たちで触らせてくれます。
o0800053313706797988

o0800053313706798000

黒白も人懐こくてゴロゴロです。

o0800053313706798025

o0800053313706798014

通りすがりの優しい方へ

死にかけた子猫に
情けをかけてくださり
ありがとうございました。

あの時、
声をかけてくださらなければ、
私は気づかず、子猫は死んでいました。

子猫たちは無事です。

元気になって
幸せな飼い猫になるまで
見守ってあげてください。

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

ねりまねこブログ

関連記事

7人の侍(地域猫篇)【ねりまねこブログ】

私達は練馬区保健所と協働で 地域猫活動を推進していますが、 自分の登録地域以外に、 新しく登録されたボランティアグループを 支援するアドバイザーの役割も担っています。 ……

ねりまねこブログ

できることを続ける【ねりまねこブログ】

地域猫活動を続ければ ケガ・病気や死に接することもあります。 できるだけしてあげたいけれど、 金銭的な問題や住環境の問題があり どこまでしてあげたらいいのか・・・ ……

ねりまねこブログ

団地内でできること【ねりまねこブログ】

余命1-2ヶ月には見えないはるみちゃん 今日もモリモリ食べてます。 同じことを繰り返さないため 自治会長さまに相談に行きました。 団地のみなさんと問題を共有する ……

ねりまねこブログ

恐るべき子猫の死亡率【ねりまねこブログ】

毎週、 農家さんの敷地で捕獲作業をしています。 猫の総数は約50匹 うち、今年産まれた子猫の数は約20匹 とにかく数を増やしたくないので、 全頭、保護する覚悟でした。 ……

ねりまねこブログ

地域猫は公益のための活動【ねりまねこブログ】

1年前、 優しい飼い主様のもとに 行ったポワールとソレイユ 仲良く幸せに暮らしています。 この2匹もともとは ボランティアグループが 地域猫としてお世話をしてきま……

ねりまねこブログ