2016年10月30日更新

エサやりの引き継ぎはどうする?【ねりまねこブログ】

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

 

お悩み相談シリーズです。(笑)
ボランティアさんからのご相談です。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

「高齢による体調不良や引っ越し等で
餌やりができなくなってしまうが
引き継いでくれる方がいません」

という相談が増えています。

゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚

私も同様の相談を受けることはありますが、

私が、
エサやりの引き継ぎを探したり、
誰かにお願いすることはせず、

エサやりさん自身が猫好き仲間や
ご近所の親しい方に
お願いするよう助言しています。

エサやりは生き物相手で
雨でも寒くても休めないし、
お金もかかります。

病気やケガや未手術の猫が来たら
悩みますし

病院に連れていけば
エサ代どころではない
お金がかかります。

何より、
エサやりを反対する人から
責められたり
嫌な思いをするかもしれません。

それぐらい大変なことなので、
自発的にエサをやろうという方でないと
引き継ぎは難しいです。

私達の登録地域は住宅街なので、
人間も猫もたくさんいます。

「猫が多いところにエサやり有り」で、

20件に一件くらいの割合で
エサを与えています。

だから、
一件のエサやりさんが引越ししたとしても、
猫たちは餓死することはなく、

近所の他のエサ場に移動するだけです。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

私が働きかけるのは
猫ではなく、人間の方です。

引越しで、地域猫たちを置き去りにすることで
悩む飼い主さんには以下のように伝えています。

「大丈夫ですよ。猫は人間が思うより
ずっとたくましいです。

お腹を空かせた猫を可哀想に思って
エサをやる人はたくさんいます。

町の人たちの優しさを信じましょう」

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

私達がめざすのは、

エサを与えたい人が誰かに怒られたり
責められたりせず、

周囲に気兼ねせずに、餌やりができる環境づくり

  • 不妊・去勢手術を済ませ、
  • ルールを守った餌やり
  • 糞尿の清掃

といった適正管理を浸透させて

猫が好きな人も
猫が嫌いな人も

平和に暮らせるまちづくりを進めることです。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆