2016年11月2日更新

赤ちゃん猫の死【ねりまねこブログ】

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

 

昨日、地域猫活動に
日頃からご支援くださるお姉さんが
道端で幼猫を拾いました。

目も開いていないへその緒がついています。

o2736182413712771139

うちに来た時は低体温でした。

下痢でお尻が汚れています。

喉が乾いていたようで
ミルクは飲めました。

これは助かると思いました。

o2736182413712771158

しかし

.3時間後2回目の哺乳は
ほとんど飲めず。

よく見ると、肩に小さく深い傷があり、
出血していて左手がブランとしています。

o2736182413712771203

この傷はこれまでにも
何度か見ています。

みみちゃんも同じ場所です。

o0640048011460643332

ごんちゃんはオス猫に襲われた傷です。

o0800053513374922535

ひかりちゃんも
同じ場所に、同様の傷がありました。
(古傷で治りかけています)

o0800053713396860683

この傷のせいか
衰弱し、半日も持たずに
死んでしまいました。

o2736182413712771286

このサイズを育てるのは
本当に難しい。

去年も
同じ大きさの子猫を
数時間で看取っていました。

o0800053613295420372

お姉さんは
赤ちゃんのために
こんなにたくさんの
ご寄付をくださったのに
助けられずごめんなさいね。

o2736182413712817384

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

死んだ赤ちゃんには生んだ母猫がいる。

きょうだいもいるかもしれない。

お姉さんは
すぐに、近隣に聞き込みをしました。

一件、不妊手術をせず
放し飼いをしているらしい家があります。

「らしい」というのは外国の方で
いろいろトラブルもあり、
近所付き合がないから
よくわからないのです。

お話しやすいお子さんから

「赤ちゃん猫がいて
助けようとしたけれど
死んでしまったの。

もしかして、
あなたのおうちの猫は
赤ちゃんを産んでない?」

と、さりげなく聞いてもらいます。

もし、この家なら、母猫の不妊手術をしないと
悲劇の繰り返しです。

ということで引き続き
フォローします。

 
 

関連カテゴリ