2016年11月2日更新

赤ちゃん猫の死【ねりまねこブログ】

昨日、地域猫活動に
日頃からご支援くださるお姉さんが
道端で幼猫を拾いました。

目も開いていないへその緒がついています。

o2736182413712771139

うちに来た時は低体温でした。

下痢でお尻が汚れています。

喉が乾いていたようで
ミルクは飲めました。

これは助かると思いました。

o2736182413712771158

しかし

.3時間後2回目の哺乳は
ほとんど飲めず。

よく見ると、肩に小さく深い傷があり、
出血していて左手がブランとしています。

o2736182413712771203

この傷はこれまでにも
何度か見ています。

みみちゃんも同じ場所です。

o0640048011460643332

ごんちゃんはオス猫に襲われた傷です。

o0800053513374922535

ひかりちゃんも
同じ場所に、同様の傷がありました。
(古傷で治りかけています)

o0800053713396860683

この傷のせいか
衰弱し、半日も持たずに
死んでしまいました。

o2736182413712771286

このサイズを育てるのは
本当に難しい。

去年も
同じ大きさの子猫を
数時間で看取っていました。

o0800053613295420372

お姉さんは
赤ちゃんのために
こんなにたくさんの
ご寄付をくださったのに
助けられずごめんなさいね。

o2736182413712817384

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

死んだ赤ちゃんには生んだ母猫がいる。

きょうだいもいるかもしれない。

お姉さんは
すぐに、近隣に聞き込みをしました。

一件、不妊手術をせず
放し飼いをしているらしい家があります。

「らしい」というのは外国の方で
いろいろトラブルもあり、
近所付き合がないから
よくわからないのです。

お話しやすいお子さんから

「赤ちゃん猫がいて
助けようとしたけれど
死んでしまったの。

もしかして、
あなたのおうちの猫は
赤ちゃんを産んでない?」

と、さりげなく聞いてもらいます。

もし、この家なら、母猫の不妊手術をしないと
悲劇の繰り返しです。

ということで引き続き
フォローします。

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

関連記事

苦情のための地域猫【ねりまねこブログ】

そもそも、地域猫活動を誰のため、何のためにやっているかというと、 猫で起因する問題に困っている人を助けるためです。 困っている人には、2つのタイプがあります。 ①猫が嫌い・……

ねりまねこブログ

猫の腫れものは何か?【ねりまねこブログ】

行き倒れのわかちゃんを保護して すぐに病院に連れていき、療をしました。 その時に検便も行い投薬を開始しました。 飢餓状態からの回復期で 消化器系も弱っているため、、 ……

ねりまねこブログ

エサやりの引き継ぎはどうする?【ねりまねこブログ】

お悩み相談シリーズです。(笑) ボランティアさんからのご相談です。 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 「高齢による体調不良や引っ越し等で 餌……

ねりまねこブログ

救えた命、救えなかった命3【ねりまねこブログ】

救えた命、救えなかった命3 「急変する子猫の命」 ある朝、あけびちゃんは激しく嘔吐し、急激に衰弱しました。 その日、私は重篤な親類の所に行かなければならず 動物病院に事情……

ねりまねこブログ

激突?業者VS愛護活動家【ねりまねこブログ】

東京弁護士会が主催するシンポジウムに行ってまいりました。 「人と動物の共生する社会の実現へ」 ~ペット流通のあるべき姿を考える~ さすが東京弁護士会! なんと小池都知事か……

ねりまねこブログ

不寛容な社会なのか?【ねりまねこブログ】

暑さで 猫がたくさん落ちてます。(笑) 写真の子猫は 全員おうちがきまりました。 パン生エサ現場の ボギーちゃん(写真中央) モモちゃん(写真左端) ……

ねりまねこブログ

耳カットはかわいそう【ねりまねこブログ】

店長がイタリアで修行した 近所で人気のピザ屋さんに行きました。 プロジェクターにはイタリアの町並みと猫が次々と映しだされています。 お店のあちこちに猫の置物もあります。 店長……

ねりまねこブログ

多頭崩壊を防ぐ地域猫活動【ねりまねこ】

地域猫活動で多頭飼育崩壊を未然に防いだケースもあります。 5年前、 たくさんの猫がいると相談を受けた現場です。 野良猫ではなく、放し飼いの猫でした。 餌をあげ始め……

ねりまねこブログ

雪の日、カッパちゃんは現れた【ねりまねこブログ】

一昨年まで、 私達は、ここでカッパちゃんに餌を与えていました。 2年前、雪のある日 突然現れたカッパちゃん 2階から雪を眺めていたら、黒猫が……

ねりまねこブログ

救えた命、救えなかった命2【ねりまねこブログ】

救えた命、救えなかった命2 「飼えない猫でも拾う?拾わない?」 子猫には、お兄さんに名前をつけてもらいました。 元気なキジトラ男の子、ダイくん 瀕死のキジシロ女の……

ねりまねこブログ

団地内でできること【ねりまねこブログ】

余命1-2ヶ月には見えないはるみちゃん 今日もモリモリ食べてます。 同じことを繰り返さないため 自治会長さまに相談に行きました。 団地のみなさんと問題を共有する ……

ねりまねこブログ

治せない、譲渡できない、生きられない【ねりまねこブログ】

ゆずくん、連日、通院しています。 糖液を皮下注射して、腫れた肛門の炎症を抑える消炎剤と抗生剤を注射して 肛門をしぼり圧迫排便します。 薬や食事療法をしていますが、 ……

ねりまねこブログ

死にかけた子猫は生きてます【ねりまねこブログ】

あらたな現場に着手しています。 すでに子猫が10匹も生まれ 今後も生みそうな猫が 何匹もいます。 一刻の猶予もないので、 日曜の朝から、 捕獲作業をしていました。 ……

ねりまねこブログ

ブログ落としました(;^ω^A【ねりまねこブログ】

さっき会った人から 「どうしたの? 昨日、ブログ書いてなかったでしょう? 大丈夫?」 と心配されました。 大丈夫です。 必勝バーガー食べて 元気です。(;^ω^……

ねりまねこブログ

動物愛護はオシャレだヽ(*’0’*)ツ【ねりまねこブログ】

みなさんは「動物愛護活動」に どんな印象を持たれますか? 人間の都合で不要になった犬や猫が殺処分されたり 邪魔者にされて死んでいく野良猫など 暗い現実があります。 ……

ねりまねこブログ

モモゴジラ進化中!【ねりまねこブログ】

うちのモモゴジラが 急激に進化し始めました! 第一形態 第二形態 そして第三形態 歩行を始めました! ガ……

ねりまねこブログ

多頭崩壊を考える5・6【ねりまねこブログ】

ねこけんさんが全頭保護を決断した後のレスキューのプロセスです。 頭数が多すぎてすぐに保護できる場所はなかったので、しばらく元の家で世話を続けるつもりで、獣医さんに往診をお願いしました。……

ねりまねこブログ

愛護ではなく人間救済【ねりまねこブログ】

「保護活動」というと「動物愛護」と捉えがちですが、 今回は、餌やりAさんを救う「人間救済」のために飼い主探しをすることにしました。 もちろん譲渡可能な子猫だからお引き受けしたのであっ……

ねりまねこブログ

猫シンポジウム@練馬2【ねりまねこブログ】

【2/11猫シンポジウム@練馬】 NPOねこけん代表  溝上奈緒子さんの講演をYouTubeにあげてくださったのでシェアします。 ねこけんの名前の由来ですがねこ……

ねりまねこブログ

子猫が歓迎されない町【ねりまねこブログ】

毎日のように 「子猫が産まれた!(´Д`;)」と 相談が来ます。 人口72万の広大な練馬区にはたくさん猫がいるので、 子猫が生まれるのはあたりまえ。 おそらく何千という単位……

ねりまねこブログ