2016年11月6日更新

かわいそうだと思った人が助ける【ねりまねこブログ】

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

 

「子猫を保護してほしい」

または

「子猫を保護してくれる人を紹介してほしい」

という依頼は毎日のように来ます。

知らない人から頼まれて
快く猫を引き取るような
そんな都合のいい人は
私は知りません。

いるなら私もお願いしたいです。(笑)

相談してくる人よりも私達の方が
圧倒的に猫の頭数は多いし、
時間もお金も労力も使い
寝食削ってやりくりしてます。

そんな忙しい人に押し付けても
十分に面倒を見てもらえるでしょうか?

私達が保護したら30匹のうちの
一匹としてしか面倒を見れません。

私達よりもっと大きな団体

たとえば
100頭いるなら、
100分の1

1000頭いるなら
1000分の1
の扱いです。

その子猫に何かの縁を感じて
かわいそう、助けたいと
思った人自身が

保護してあげた方が猫にとって
絶対に幸せだと思います。

相談してきた人はその猫だけに
飼育や飼い主探しを集中することができます。

もしかしたら、それがご縁で
飼うつもりはなかったけど、
家族の一員になるかもしれません。

私達は猫の引き取りはしませんが、

保護する方法や飼い主探しの方法は
いくらでもアドバイスします。

勇気を出して目の前の子猫を
助けてあげてください。

その気になれば、
誰にでも、きっとできます。

私達も目の前の
子猫のためにがんばりますから

いっしょにがんばりましょう。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

 
 

関連カテゴリ