2016年11月13日更新

子猫が歓迎されない町【ねりまねこブログ】

毎日のように
「子猫が産まれた!(´Д`;)」と
相談が来ます。

人口72万の広大な練馬区にはたくさん猫がいるので、
子猫が生まれるのはあたりまえ。

おそらく何千という単位で生まれているでしょう。

しかし、現代の住宅密集地において
子猫の誕生が歓迎されないこともあります。

それどころかひと騒動になってしまうことも。

なんだか息苦しい世の中になりました。

o1024068313716926758

新たに着手した現場もその一つです。

大きな農家さん

自然豊かな敷地にはたくさんの猫が居ついています。

農家さんは追い払うこともなくあるがままにさせていました。

おそらくネズミ対策のため昔からの習慣で
猫と共存していたのでしょう。

それは、どこの家も同じで文句を言う人もいませんでした。

しかし・・・

23区中で最大の農地面積を有する練馬区でさえ

開発の波にさらされ、周囲はどんどん住宅地に変わっていきます。

居場所を失った猫たちはますます農家さんの元に
集まるようになりました。

敷地に居着いた猫の総数は40匹以上

敷地の外にも姿を見せるようになります。

たとえば

農家さんの敷地のフェンスの外で倒れていたわかちゃん

o0800053313706796844

「死にかけた子猫は生きています」

わかちゃんはもちろん農家さんの飼い猫ではないので
適正飼養の責任はありません。

それでも敷地の中で産まれたために

「農家さんの猫」と周囲に思われてしまうのです。

「あそこで猫が増えているのではないか?」

「ちゃんと飼っているのか?」

不安に思う人からのご相談で、

私達が問題解決のお手伝いに伺うようになりました。

o2736182413716930168

広い敷地は猫の楽園です。

農家さんは猫を増やしたいわけではありませんでした。

それどころか、

たくさんの猫を手懐けて、捕まえて、
正規の料金で不妊・去勢手術をしていました。

これまでに何十万円も使ってきたそうです。

ただ、警戒心の強い猫は素手では、捕まえられません。

納屋に居着いた生粋の野良猫は毎年出産します。

農家さんはできるだけのことはしてきたのに

野良猫の繁殖まで責任を負わされるのは納得できませんでした。

(私達も、「責任を負わせよう」などとは考えてません)

私達の訪問は、苦情を鵜呑みにして
注意しに来たように見えるので

農家さんにとってご気分が悪かったでしょう。

確かに地域猫活動は苦情や通報から始まることが多いです。

しかし、私個人としては、

苦情者のご要望を叶えるためだけに
対策をしているわけではありません。

むしろ、

行き場のない野良猫に心を寄せる優しい人々と

野良猫たちを

適正な管理をすることで

周囲の批判や苦情から守りたい
そういう思いがあります。

なぜなら、捕獲を手伝い、
手術費用を負担し、
今後の適正管理に協力をしてくれるのは

苦情者ではなく、猫に心を寄せる人たちだからです。

その思いが最初から通じるわけがなく、
何度も訪問をすることになりました。

地域猫活動は「苦情者のため?エサやりのため?」

答えは、両方のため

もっと言えば、無関心な人も含め
町のすべての人のためという気持ちで行っています。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

他人に干渉されるのは誰でも嫌なものです。

私達も最初から歓迎されたわけではありません。

しかし訪問を重ねることで、
少しづつ、お話ができるようになりました。

農家さんを助けたいという
私達の思いはやがて相手にも通じ、

捕獲と手術のご許可をいただきました。

朝どりのお野菜をお土産に持たせてくれた時は
本当にうれしかったです。
o2736182413718221763

そうして始まった捕獲作業

頭数が多いので、最初は楽勝かと
思ったら、とんでもない。

大変、難航しています。

それは、敷地内の猫で
どれが手術済なのか見てわからないせいです。

耳カットがないのです。

捕獲器に入るのは、慣れた手術済の猫ばかり。

耳カットの必要性を強く感じました。(;´Д`)ノ

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

ねりまねこブログ

この記事が気に入ったらいいねをしよう!

関連記事

赤ちゃんを迎えたい!?【ねりまねこブログ】

赤ちゃんを迎えたい!? 昨日 「赤ちゃん猫を飼いたい」 というお電話がありました。 !!? まだ募集してないのに? 目も開いてないのに? その方は8/13(土)……

ねりまねこブログ

いなくなった子猫たちのこと【ねりまねこブログ】

「猫がたくさんいる」と通報された家には 何頭いるのでしょう? 手術済の飼い猫2匹、未手術の外猫2匹 以上4匹です。 たった4匹?? 2012年ごろは未手術猫ばかりで……

ねりまねこブログ

苦情のための地域猫【ねりまねこブログ】

そもそも、地域猫活動を誰のため、何のためにやっているかというと、 猫で起因する問題に困っている人を助けるためです。 困っている人には、2つのタイプがあります。 ①猫が嫌い・……

ねりまねこブログ

猫の腫れものは何か?【ねりまねこブログ】

行き倒れのわかちゃんを保護して すぐに病院に連れていき、療をしました。 その時に検便も行い投薬を開始しました。 飢餓状態からの回復期で 消化器系も弱っているため、、 ……

ねりまねこブログ

放置していた猫問題【ねりまねこブログ】

私達の活動史上、猫がもっとも多かったのは、 駅前の商店街です。 小さな路地が多く、たくさんの猫が生息しています。 不妊・去勢手術した頭数は100匹近いです。 ……

ねりまねこブログ