2017年1月7日更新

【動物看護師が徹底解説!】愛犬の目に目やにが!何か病気のサイン?取り方は?

ある日突然、愛犬の眼に目立つ目やにが。でも、目やには毎日出るものだし、病気ではないはず?では、病気との見分け方はどうしたらいいのでしょうか?また、目やにが眼頭へ流れずに眼の中にとどまるようについていたら、どうやって取ればよいのでしょうか?気になる目やにの疑問に、お答えします。

目やにが出ることは自体は異常ではない

我々人間も、毎日ではないものの目やにが出ることってありますよね。特にメイクをしている女性は寝て起きると眼頭に白っぽい目やにが出ていることが多いでしょう。目やにが出ていること自体は、病気でもなんでもなく、正常に体が機能している証拠です。犬は特に人間に比べて瞬きが少なく、ゴミが入りやすいので目やにも頻繁に出てきます。量が多いかな?と感じても、黄色や緑の色がついていなければ、普段よりもゴミが多く入ってしまったと考えてよいでしょう。

どんな目やにが病気のサイン?


目やにが出ることは異常ではないとはいえ、病気の可能性もあります。それを見分けるためには、目やにの色に注目してみましょう。普段は色のついていない、白い目やにが出ますが、病気になっているときは黄色や緑の目やにが多く出てきます。黄色や緑になっているということは、何か菌に感染しているという証拠で、目やにはその菌と戦った白血球の死骸として出てきます。感染した菌にもよりますが、眼の痒み、痛みを感じることもあります。

軽度の感染では、目やにだけの症状が出てくることもありますが、大抵は瞬きを多くしたり、眼を細めたりなどの症状を伴います。もしも、愛犬の眼に色のついた目やにが出ていたら、いつもよりも瞬きが多くないか、眼をまぶしそうに細めていないか、前足でしきりに眼を掻いていないか、床に顔をこすりつけていないか、などいつもと違う様子はないか観察してみてください。掻いたりこすったりすると、眼にさらに傷がつき、重症化する可能性があるので、見つけたらすぐにかかりつけの動物病院へ受診しましょう。

目やにはどうやって取ればいい?

普段、眼に何も異常がなく、目やにだけが出ている場合は、湿らせた清潔なコットンでそっとふき取ってあげましょう。指にコットンを巻いて、拭うようにするとやりやすいでしょう。二つ折りにしたコットンの端でちょんちょんと払うようにして取っても良いですが、繊維で眼を傷つけることもあるので、指で取った方が安全です。湿らす水は水道水で構いません。本当は”生理食塩水”という、体液に近い液体で湿らせたほうがより良いですが、だれでも持っているものではないので、水道水で行いましょう。どうしても水道水では気になる方は、眼の清拭用に動物病院で生理食塩水をもらうとよいでしょう。

何か眼の感染症になっていて、自宅で点眼治療をしている場合は、点眼薬と清拭用の液体をもらうのが無難でしょう。清拭用は生理食塩水の場合もありますし、ヒアルロン酸の配合された点眼薬でゴミを流してといわれる場合もあります。どちらにしても、眼に多めに垂らして流すようにして、コットンでふき取れば清潔に目やにの除去ができます。感染症を患っている時に水道水などで眼を洗うと悪化させる可能性がありますので、必ずかかりつけの動物病院で指示されたもので行うようにしてください

どちらの場合も、乾いたコットンでふき取ろうとすると、眼頭の粘膜や、ひどい時には角膜を傷つけることがありますので、絶対にやめてください。また、愛犬がおとなしくやらせてくれない場合は、無理に一人で行わず、家族で協力して行いましょう。暴れる犬を無理に抑えながら点眼をしようとして、爪で眼をひっかいてしまったりして眼に穴が空くケースもあります。眼は非常にデリケートな場所なので、丁寧に、確実に行いましょう。

変だな、と思ったらすぐ病院へ

感染がひどくなると、角膜に穴を空け、眼房水と呼ばれる眼球の形を保っている水が漏れ出てきて、眼が潰れ修復が不可能になることがあります。たかが目やにと思わずに、いつもと違う様子が見られたら、すぐに動物病院へ受診するようにしましょう。また、何度も同じような症状が

Neige



動物看護士/トリマー

現役動物看護師・兼トリマー。 生涯学習、駆け足で前に進む医療にマイペースに追いかける毎日。 犬猫に関する色々なことをわかりやすくお伝えします。

関連記事

【獣医師監修】犬の結膜炎〜原因・症状と対策

犬でよく見られる目の病気として有名なのが結膜炎です。結膜は眼球の白目からまぶたの裏側を覆っている膜で、この結膜が炎症を起こすと白目が充血して赤くなります。犬は目にゴミが入ったり毛が入ったりす……

犬の目の病気

【獣医師監修】失明の可能性も!犬の緑内障について知っておこう

眼の病気のうち、白内障とともに有名なものとして「緑内障」があります。緑内障とは、眼球の内部の圧力(眼圧)が上昇することで視神経と網膜に障害が発生し、視力障害を起こしてしまう病気です。 ……

犬の目の病気

【獣医師監修】犬の網膜剥離〜原因・症状と対策

犬の網膜剥離は、遺伝的に目の病気になりやすい犬に発症したり、なんらかの疾患をきっかけに発症するなど原因も様々です。しかし、痛みや充血などの主な症状がない為、気づかないうちに進行してしまうこと……

犬の目の病気

【獣医師監修】犬のドライアイについて原因や症状から対策・予防法まで

近年、CMなどでもよく耳にするドライアイ。「何秒以上目を開けていられないとドライアイの可能性」などと言われているのを聞いたことのある方もいるでしょう。このドライアイは、犬にも起こるのです。 ……

犬の目の病気

【獣医師監修】犬の前房出血〜原因・症状と対策

犬の前房出血とは眼球の最前部にある前房と呼ばれる部分に出血の症状が見られる状態のことです。前房出血を引き起こしていると、眼球の最前部における出血ということもあり目に見えて明らかに目が真っ赤に……

犬の目の病気

【獣医師監修】犬も逆まつ毛になる!犬の眼瞼内反症の原因・症状・治療法

人間でもよく耳にする逆まつ毛。犬の世界でも問題になることがあります。 まつげ自体が眼球に向かって生えてしまうことで起こるほか、まぶたが内側に反ってしまうことでも逆まつ毛となることがあり……

犬の目の変化や異常

【動物看護師が徹底解説!】愛犬の目に目やにが!何か病気のサイン?取り方は?

ある日突然、愛犬の眼に目立つ目やにが。でも、目やには毎日出るものだし、病気ではないはず?では、病気との見分け方はどうしたらいいのでしょうか?また、目やにが眼頭へ流れずに眼の中にとどまるように……

犬の目の病気

【獣医師監修】暗くなると目が見えづらくなる。犬の進行性網膜萎縮の症状・原因・治療法と好発犬種について

夕方など、暗くなってから愛犬とお散歩に行くと、時々物につまずいたり、ぶつかったりするなど、少しドジな行動が見られるようになった…。それは、進行性網膜萎縮という遺伝性の病気が始まったサインかも……

犬の目の病気

【獣医師監修】犬の眼球脱出~原因・症状と対策

犬の眼球が何らかの衝撃によって外に飛び出してしまう「眼球脱出」は、短頭種に多く見られます。外に飛び出した眼球は非常に無防備で、傷つきやすく、最悪の場合視力を失う可能性も。 緊急性を伴う……

犬の目の病気

【獣医師監修】失明の原因になってしまうことも…。ぶどう膜炎の症状・原因・治療法について

ぶどう膜とは瞳の周辺を中心にした組織(虹彩、毛様体、脈絡膜)の総称です。ぶどう膜の一部である「虹彩」は眼球に入る光の量を調節し、「毛様体」は虹彩の働きに不可欠な筋肉です。また「脈絡膜」は眼球……

犬の目の病気

犬の目がなんだかおかしい!もしかしたらホルネル症候群かもしれません!【獣医師監修】

ある日、ふと愛犬の目の様子がいつもと違うことに気付くことがあるかもしれません。 まぶたが少しだけ下がっていたり、目がおちくぼんでいたり…。言葉にはしづらいけども、とにかく違和感がある。……

犬の目の変化や異常

【獣医師監修】犬の角膜炎〜原因・症状と対策

犬の角膜炎は目の病気です。症状が進行してしまうとひどい場合には失明してしまう可能性があるので軽い病ではありません。ただし症状が進行する前に早期発見できれば、簡単な治療で完治する場合があります……

犬の目の病気

【獣医師監修】老犬に多い目の疾患。犬の白内障の原因・罹りやすい犬種・症状・治療について

白内障は人間の高齢者でしばしば問題となる目の疾患ですが、犬も高齢になると白内障になります。 人間の場合は手術で治療することが多いのですが、犬の場合はどうなのでしょうか?今回は犬の白内障……

犬の目の病気

【獣医師監修】犬の水晶体脱臼〜原因・症状と対策

犬の水晶体脱臼は目の病気です。最悪の場合には失明に至ってしまう可能性があるので、水晶体脱臼の症状が見られた時にはすぐに獣医さんの診察を受けさせてあげなければなりません。水晶体脱臼は症状から見……

犬の目の病気

【獣医師監修】目の中にサクランボが!?犬のチェリーアイの症状・原因・治療法について

犬のチェリーアイはこんな病気 チェリーアイは別名「第三眼瞼腺逸脱」と呼ばれ、犬の「第三眼瞼腺(がんけんせん)」または「瞬膜腺(しゅんまくせん)」というまぶたの内側にある組織が腫れて、目の外……

犬の目の病気

【獣医師監修】些細な症状も見逃さないことが大切!犬が罹りやすい目の病気と治療方法。

犬には、目が構造的に顔の前方に出ている品種がいくつかあり、そのような品種では目の病気に罹りやすいと言われています。また、目の出ていない構造の品種であっても、犬に発症しやすい眼の病気はいくつか……

犬の目の病気

【獣医師監修】目頭にピンク色の異物?目ヤニや涙の原因、犬のチェリーアイの症状・原因・治療法について

目頭にピンク色のできものができたように見えるチェリーアイ。 目頭という顔の中心に近く、よく目立つ部分に、ある日突然発症しますので、初めて見た時には驚かれる方も多いです。これは、腫瘍のよ……

犬の目の変化や異常

犬の目やには病気が原因?急に目やにが増える原因と対処法【獣医師監修】

「最近、愛犬の目やにが増えた気がする…」「目の病気かもしれない…」 こんな風に思ったことがある飼い主さん、多いのではないでしょうか?あまりにも目やにが出ていると、目の病気ではないかと心配に……

犬の目の病気

【獣医師監修】犬にもものもらいがあるんです。犬のマイボーム腺炎の症状・原因・治療法

「ものもらい」という言葉を耳にしたことのある人は多いのではないでしょうか。「ものもらい」とは、「マイボーム腺炎」の一種で、まつげの生え際に整列して並ぶマイボーム腺の炎症のことです。 マ……

犬の目の病気

【獣医師監修】犬の眼瞼外反症〜原因・症状と対策

犬の眼瞼外反症は、下まぶたに多く見られ、まるであっかんべーをしているかのようにまぶたが外側にめくれてしまった状態のことを言います。これは、遺伝的に顔の皮膚がたるんだ犬種に多く見られ、早いと子……

犬の目の病気