2017年5月15日更新

しっかりと考えよう!ダルメシアンにおすすめのペット保険について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

美しい水玉模様にスタミナを感じさせる均整のとれた体つきが美しいダルメシアン。溌剌とした性格からは病弱なイメージはありませんが実際のところはどうなのでしょうか?いざという時に慌てることがないように医療費の備えはしっかりと考えておきたいところですね。今回はダルメシアンにおすすめのペット保険について調べてみました。

 

ダルメシアンのかかりやすい病気とは?

保険について検討する時に大切なことは、何に対して補償をしてもらいたいのかをはっきりと決めておくことですね。漠然と「病気になった時に使えたら」と考えて選ぶと、実際に使う時になって「その病気は保険の対象外になっています」といわれて保険金が下りないうえに、保険を更新することができなくなってしまうようなトラブルにもなりかねません。

ペット保険が保証するのは主にペットの病気やケガの医療費ですね。まずダルメシアンがどのような病気にかかりやすいのかをよく理解しておきましょう。

尿石症・尿路結石

膀胱などでできてしまった結石が尿道に詰まってしまう病気です。結石の種類によって様々な病名がありますが、犬の場合は細菌性の膀胱炎などの尿路感染症が原因で起こると考えられている、ストラバイト結石が多くみられるようです。

結石で尿管が詰まってしまうのでおしっこが出にくくなり、重症化すると急性腎不全や尿毒症を起こすこともあります。

治療は内科的におこなわれる場合と外科的におこなわれる場合があり、投薬や処方食などを使用し結石を溶かして小さくしていく場合は長期に通院が、外科的に結石を除去する場合は高額な手術費が必要になります。また症状によっては抗生剤などの投薬や点滴治療がおこなわれる場合もあります。

ブロンズ症候群

ダルメシアンは肌の弱い犬が多く皮膚炎になりやすい犬種のようです。特にブロンズ症候群呼ばれる皮膚炎の発症が多いようで、ダルメシアン固有の皮膚炎だとさえいわれています。

症状としては鼻先や首の下、背中、わき腹などに小さなぶつぶつができ周辺の毛が脱毛します。原因としてはアレルギー、環境変化によるストレス、湿度と気温の変化による肌の失調、高尿酸症やそれによる尿路結石および尿路感染症からの塀発などが考えられます。

治療方法としてはアレルギーやストレスなどが原因の場合は、抗ヒスタミン剤などの投薬とともに体質改善のための食事療法がおこなわれます。高尿酸症などの病気から併発している場合は病気の治療が優先されます。どちらの場合も長期の通院が必要になり難治性の病気になります。

素材_shutterstock_186212855

目の病気

ダルメシアンは目の病気の注意が必要な犬種のようです。ダルメシアンがかかりやすい目の病気は次のとおりです。

白内障

眼球内にある水晶体が白く濁った状態になる病気です。水晶体の濁りによって光が遮られ灰色から黒の点が現れます。症状としては瞳孔の奥が白く変色して見える、家具などにぶつかりやすくなるなどです。ダルメシアンの場合は、遺伝などの先天的な要因で引き起こされる若年での発症が多いのが特徴ですが、糖尿病、低カルシウム血症、ぶどう膜炎などから併発している可能性があります。

緑内障

眼球内の眼圧が高まることによって網膜や視神経が圧迫され、視野が悪くなる状態のことです。眼圧が高まる原因は眼球内を循環している体液である房水の循環不良で、通り道である隅角の障害が引き起こすことが多いといわれています。遺伝などが先天的な要因で引き起こされることもありますが、ぶどう膜炎、全房出血、水晶体脱臼、眼球内腫瘍などから併発している可能性があります。

乾性結膜炎(犬のドライアイ)

目の表面が乾いて角膜と結膜の炎症が生じた状態です。眼球は本来薄い涙の膜である涙膜というもので覆われ乾燥や異物の侵入から守られているのですが、何らかの理由によって涙膜がとぎれてしまい瞬きによる摩擦などから角膜や結膜が傷ついてしまう病気です。

症状は目やにの増加や結膜からの出血など、角膜炎や結膜炎と似た症状が現れます。

基本的には涙を促進する軟膏などの投薬や点眼によって治療がおこなわれます。投薬による効き目が薄い場合は外科的な治療が必要になる場合もあります。

胃拡張胃捻転症候群

ダルメシアンのような胸の深い大型の犬種に多い病気で、突然死の原因の1つになっています。胃にたまったガスで胃が拡張し、風船がひっくる返るように捻じれてしまう病気です。

捻じれることで排出口を失ったガスはそのまま胃に充満し、拡張を続け周囲の血管や臓器を圧迫しやがて全身の循環不全に陥ります。また捻じれた胃や捻じれる際に巻き込まれた臓器では壊死が進んでいくため、早期発見早期治療をしなければ命に関わる危険な病気です。

初期の症状としては急に腹部が膨らむ、嗚咽をするが吐けない、よだれが多くなるなどが現れます。救急の処置で胃の中のガスを外へ排出し、緊急手術で捻じれた胃の整復、胃洗浄、捻じれ防止のための固定をおこなう必要があります。

救急の処置が必要なこと、夜間である可能性もあることなどから高額な治療費がかかる可能性の高い病気の1つです。

素材_shutterstock_182095064

ダルメシアンにおすすめの保険は?

ダルメシアンは犬種固有の病気とまでいわれるほど、他の犬種に比べて尿石症・尿路結石になりやすい犬種です。尿石症・尿路結石は1度保険を適用してしまうと、次からは補償対象外にされてしまう可能性が高い病気なので注意が必要になります。

また皮膚病や目の病気は難治性のものが多く、長期にわたっての通院が必要になる点も考慮しておく必要がありますね。その点を踏まえて考えると次のようなことを考えながら保険を選ぶとよいようです。

  • 長期通院の必要な病気に備え、通院の補償日数や回数が十分もしくは制限なしのもの
  • 1回の事故(傷病)に対しての上限がないものもしくは補償が十分なもの
  • 補償率が高いプランがあるもの

考慮すべき点ふまえてダルメシアンにおすすめの保険を考えてみました。

アニコム損害保険(株)

ペット向け保険の業界大手の実績があり、動物病院との提携件数も多くお会計の窓口でペット保険証を提示するだけで保険を使うことができるのが特徴です。

プランは2つのプランが用意されており、かかった医療費の70%を保険で負担してくれる「ふぁみりぃ70%プラン」と、50%を負担してくれる「ふぁみりぃ50%プラン」になります。

ただし通院・入院の利用回数に制限があるので、長期通院の場合には利用の仕方を考えて使用する必要があります。

アイペット損害保険会社

提携の動物病院で加入者カードをみせるだけで保険を使うことができます。

保険料はやや高くなりますが通院から入院・手術までを幅広く補償してくれる「ペット保険うちの子」の50%補償プランと70%補償プラン、手ごろな保険料で高額になりがちな手術の費用に特化した「ペット保険うちの子ライト」の3つのプランがあり、備えたい内容にあわせてプランを選ぶことができます。

またペットが他人にケガをさせてしまった場合の損害賠償を補償する、ペット賠償責任を特約として付けることができます。

ペット&ファミリー少額短期保険(株)

太陽生命や大同生命などのT&Dグループが手掛けているペット保険なので安心感があり、1日あたりの支払限度額、支払い回数に制限がないのが特徴です。

4つのプランが用意されており1日あたりの免責金がなく保険料と補償内容のバランスが取れている「ペット保険げんきナンバーわんプラン70」「ペット保険げんきナンバーわんプラン50」、「ペット保険げんきナンバーわん」よりもやや安い保険料で、1日あたりの免責金額が3,000円となりますが、股関節脱臼、膝関節脱臼、膝蓋骨脱臼、病理組織学検査料が補償される「ペット保険げんきナンバーわんSlimプラン70」「ペット保険げんきナンバーわんSlimプラン50」があります。

GIガーデン少額短期保険・いぬとねこの保険

年間補償額はプランによって決まっていますが、支払い回数の制限や1日当たりの限度額などの制限がないのが特徴です。谷型保険料体系という独特の保険料計算をおこなうので、0歳から3歳までは保険料が下がっていき、3歳から加齢による保険料加算がはじまるのも特徴的です。

プランは保険料はやや高くなりますが入院、通院、手術のすべてを補償してくれ賠償責任特約の付帯も可能な「プラチナ90%プラン」「プラチナ70%プラン」「プラチナ50%プラン」、通院に特化した補償内容で賠償責任特約の付帯も可能な「ゴールド90%プラン」「ゴールド70%プラン」「ゴールド50%プラン」、手術のみを補償する「パール70%プラン(使用回数に制限有)」の7つのプランがあります。それぞれの%は医療費の負担%をあらわしていて、90%プランを選択した場合は医療費の90%を保険で負担してくれます。

犬_素材

 

いたずら好きのダルメシアンには賠償責任の備えも必要

ダルメシアンにおすすめのペット保険について考えてみましたがいかがでしたでしょうか?

今回ご紹介した保険は、長期通院の可能性があるダルメシアンの場合は通院のたびに保険の申請をおこなう手間を軽減する必要があると考えて、提携病院であれば会計の窓口で保険が使用できる保険であること、補償率が高く高額になりやすい手術などにも対応できることという点を重視して選ばせていただきました。

運動量も豊富でスタミナのあるダルメシアンは、運動に対する欲求をしっかりとみたしてあげないとストレスをためてしまいやすい犬種です。自由に走り回れる場所でたっぷりと運動をさせてあげたいところですが、気を付けなければならないのは家族以外の人や他のペットにケガ負わせてしまった場合です。

家族以外の人や他のペットを傷つけてしまった場合は、相手から損害賠償を請求させる可能性があります。損害賠償の話し合いは当事者同士がおこなうと、なかなかうまくまとまらないことが多いものです。ペット保険の中には賠償責任特約を付けると相手との示談交渉を保険会社がおこなってくれるものもあります。ダルメシアンのペット保険を考える時には、賠償責任についてもよく検討しておくとよいですね。

先天性の病気が多いダルメシアン

ダルメシアンはその美しい模様を残すために、近親による繁殖がおこなわれてきた歴史を持つ犬種です。そのため他の犬種よりも遺伝を要因とする病気に、注意が必要な犬種だといわれています。

ダルメシアンの遺伝的な病気でもっとも多く報告されているのは、聴覚に障害を持っているケースです。聴覚に障害を持った犬の場合は人とのコミュニケーションをとることが難しく、攻撃的で神経質な面が表に出てしまうことが多いため、プロの訓練士でもしつけることが難しく家庭で飼育するのはかなり困難なようです。

ダルメシアンに尿石症・尿路結石が多い理由も遺伝的な要因が大きいようで、全犬種の中でダルメシアンだけが尿酸を排出するため高尿酸症になりやすいからだといわれています。また突発性のてんかんの発症も多いことが報告されています。

残念ながらこれらの病気は1度発症し既往症となってしまうと、保険に加入できなくなってしまう可能性が高い病気です。ダルメシアンの場合は保険加入をお考えならば、病気を発症していない健康な時にしっかりと検討しておく必要があります。

そしてダルメシアンの子犬を家族として迎え入れる時には、その子犬の血統と両親の病歴をしっかりと開示してもらい、その内容をふまえて迎え入れるかを慎重に考えることが重要です。