2017年4月8日更新

水玉模様を綺麗に保つダルメシアンのシャンプー方法について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

ディズニーの101でもファッションのために狙われてしまうほどスタイリッシュな水玉模様のダルメシアン。できればいつもかっこよく綺麗な状態を保ってあげたいものですね。でもダルメシアンは肌が弱く脱毛などにも注意が必要な犬種のようです。今回はダルメシアンの被毛を守るシャンプーの方法ついて調べてみました。

 

ダルメシアンの毛質を理解しよう

ダルメシアンの被毛はスムースコートと呼ばれるコートタイプをしており、短くやや固い毛が密集したように生える構造になっています。見た目には被毛の量が多いようには感じませんが、とても撥水性の高い毛質になっていて雨や雪などをはじき体温を守る仕組みになっています。

ダルメシアンの被毛のもう1つの特徴は、1年を通して抜け変るというものです。季節の変わり目である春から夏にかけてと秋から冬にかけての換毛期はもちろん、他の季節も「こんなに抜けちゃって大丈夫なの?」と思うような抜け毛があることは覚悟しておく必要があるようです。

素材_shutterstock_186212855

シャンプーの仕方

ダルメシアンの特徴でもある美しい水玉模様の被毛を守るためには、定期的なシャンプーは不可欠ですね。特にダルメシアンは肌が弱く脱毛などに注意が必要な犬種なので、スタイリッシュな水玉模様をキープするためには、常に皮膚や被毛を清潔に保っておく必要があるようです。

定期的にトリミングサロンや動物病院でシャンプーをしてもらうのは、皮膚の状態など健康チェックのためにもよいことだと思いますが、毎回では少し経済的な負担が大きくなってしまいますね。

体も大きく力も強いダルメシアンを自宅のお風呂でシャンプーするのはなかなか大変な作業ですが、愛犬とのコミュニケーションを兼ねて挑戦してみてはいかがでしょうか?

ここではダルメシアンを自宅でシャンプーする方法をご紹介します。

ブラッシング

シャンプーをする前にはしっかりと抜け毛を取り除くためにブラッシングをします。

ダルメシアンのような短毛の犬種のブラッシングには、ラバーブラシとイノシシや豚、馬などの毛を使用して作られた獣毛ブラシが効果的です。

まずラバーブラシで背中やお腹などは毛の流れに逆らうように、頭部や顔は毛の流れに沿うように5分くらいブラッシングをしてあげましょう。ダルメシアンは皮膚が弱い犬も多いので、強くこすらないように注意が必要です。

最後に獣毛ブラシで被毛の流れを整えてあげましょう。

シャワー

シャワーの前に肛門腺を絞ります。尻尾を持ち上げて肛門の斜め下をつまんでしぼり上げます。臭い液体が出ますので洗い流してあげましょう。

使用するお湯はややぬるめ(36℃~38℃)に設定しておきます。毛の表面だけでなく皮膚までしっかりとお湯を行きわたらせるために、シャワーヘッドを体に密着させて滑らせるようにシャワーをするとよいようです。

顔や頭部は濡れたスポンジなどを使用して濡らしてあげると目や耳に水を入れてしまう心配がないので便利です。

シャワーを怖がる犬の場合は顔から遠いお尻や足元の部分から徐々に前へと濡らしていきましょう。慣れている犬の場合は頭部から順に前から後ろ上から下へ流していきます。

シャンプー

シャンプーに慣れていない犬の場合はお尻から順に後から前へ上から下への順に洗って行きます。シャンプーに慣れて怖がらない場合は顔から順に前から後ろへ上から下への順位で洗って行くとよいでしょう。

使用しているシャンプー剤が希釈が必要なものの場合は、シャンプーの前にぬるま湯などで希釈をして用意しておきましょう。

すすぎはできれば頭部の高い位置から流すとすすぎ残しが少ないのですが、嫌がるような場合はお尻から順に流していっても大丈夫です。指の間などの細かい部分にシャンプーが残らないように注意します。

リンス・コンディショナー

リンスもしくはコンディショナーを体全体に馴染ませていきます。

できれば頭部の高い位置から流していくと自然と体全体に広がっていくのですが。慣れていなくて怖がるような場合はお尻から順に手で流していってあげましょう。

全体に馴染んで来たら手でもむように毛に馴染ませていきます。

最期に毛の流れに沿ってすすいでいきますが、これも怖がる場合は顔から遠いお尻から順にすすいでも大丈夫です。足の裏や指の間などはコンディショナーがたまりやすいので注意しましょう。

ドライヤー

シャンプーをした後は自然乾燥させずにドライヤーを使用してしっかりと乾かしていきます。吸水タオルで水分をとったあと、バスタオルを使用して全体を拭いていきます。あまりこすらないのがコツのようです。

水分が十分にふき取れたらドライヤーを当てていきます。最期に獣毛ブラシで被毛の流れを整えて艶をあげて仕上げます。

犬の皮膚は人の皮膚よりもはるかに薄いので、ドライヤーをあてる時はやけどに注意が必要です。温風を使用する場合は犬から離して手で温度を確認しながらあてていきましょう。心配な場合はドライヤーの冷風を使用して乾かしても大丈夫です。

犬_素材

 

ダルメシアンにおすすめのシャンプーは?

ダルメシアンは体臭はあまり気になる方ではないので臭いの心配はないようですが、肌の弱い犬が多いのでシャンプー剤はできるだけ肌に優しい物を選んであげたいところですね。最近では犬用のシャンプーも用途にあわせてさまざまな種類のものが販売されているので、どれを選んだらよいのか迷ってしまいます。

人気の高い犬用のシャンプーをいくつかご紹介します。参考にしながら試してみてはいかがでしょうか?

ノバルサン

アメリカで開発された信頼ある薬用シャンプーです。殺菌作用の高いクロルヘキシジンを配合しており皮膚や被毛の殺菌効果があり、膿皮症、真菌症などの皮膚炎に有効だといわれています。また低刺激なので子犬でも使用できます。(皮膚炎を患っている犬に使用する場合は、必ずかかりつけの獣医師の指導の下で使用してください。)

APDC

オーストラリアの植物科学者と共同開発された、植物が本来持っている力を最大限に引き出したシリーズになっています。100%無農薬のティーツリーを主成分に、ユーカリ、シトロネラなど厳選された複数のハーブを使用しています。

アボダーム スキン&コートシャンプー

森のバターとも呼ばれているアボカドオイルを配合したシャンプーです。ビタミンEを多く含んでおり、保湿性と浸透性にすぐれたシャンプーになっています。フケ症な犬や乾燥肌気味な犬の肌に適しており、肌を正常な状態へと導いてくれます。

ZOIC

アミノ酸系の活性剤をベースにしているので、低刺激で泡立ちがよく洗浄力の高いシャンプーになっています。シリーズの中にはホワイトカラー用のシャンプーとリンスがあり、他のホワイトカラー用のシャンプー剤よりも肌に優しいので、トリミングサロンなどでも取り入れられている商品になっています。

適切なシャンプーの頻度は?

ダルメシアンは肌が弱く臭いは気にならない犬種なので、頻繁に洗うよりは月に1回~2回程度のシャンプーが適切だといわれています。あまり回数を増やしてしまうと皮膚や被毛を保護するために必要な皮脂まで落としてしまい、かえってダメージを与えてしまうことになるので注意が必要です。

もしも散歩やドッグランなどへ行って汚れがひどくなってしまった場合は、蒸したタオルなどで全身を拭いてあげるか、シャンプーはせずにシャワーやお風呂で汚れを流してあげるとよいですね。

shutterstock_146035991

ブロンズ症候群に注意!

ダルメシアンは肌の弱い犬が多く皮膚炎になりやすい犬種のようです。特にブロンズ症候群呼ばれる皮膚炎の発症が多いようで、ダルメシアン固有の皮膚炎だとさえいわれています。

症状としては鼻先や首の下、背中、わき腹などに小さなぶつぶつができ周辺の毛が脱毛します。原因としてはアレルギー、環境変化によるストレス、湿度と気温の変化による肌の失調、高尿酸症やそれによる尿路結石および尿路感染症からの併発などが考えられます。

皮膚炎は1度かかるとなかなか完治が難しい病気です。そのため長期の通院が必要になることが多く、飼い主にとっても犬にとってもかかると辛い病気の1つになります。

皮膚炎をできえるだけ早く治すためには、痒みや脱毛などの症状が現れる前に治療を始めることが大切なようです。シャンプーの時は肌の状態を確認する絶好の機会です。普段はなかなか確認できない足のつけ根やお腹周りの肌も、しっかりと目と手で確認しながらシャンプーをしてあげましょう。