2016年11月23日更新

恐るべき子猫の死亡率【ねりまねこブログ】

毎週、
農家さんの敷地で捕獲作業をしています。

猫の総数は約50匹

うち、今年産まれた子猫の数は約20匹

とにかく数を増やしたくないので、
全頭、保護する覚悟でした。

ところが・・・

保護できたのは、たった9匹半分だけです。

その他はいなくなってしまいました。

死んでしまったのです。

最初の視察で見たかわいい子猫たち

みんな死にました。

もっと早く、保護すれば良かったと
悔やまれます。

o2736182413730136861

子猫のうちは病気やケガで
命を落としやすいです。

カラスや犬や猫や他の動物に襲われることもあります。

「母猫の発情を促すために、オス猫が子猫を殺す」

ということは知識では知っていましたが、
本当にあるのです。

この平和なコロニーを守るために、
既存の猫たちは他の猫の流入を許しません。

だから50匹以上に、爆発的に増えることは
なかったのです。

自然の過酷さをを思い知らされました。

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

関連記事

治せない、譲渡できない、生きられない【ねりまねこブログ】

ゆずくん、連日、通院しています。 糖液を皮下注射して、腫れた肛門の炎症を抑える消炎剤と抗生剤を注射して 肛門をしぼり圧迫排便します。 薬や食事療法をしていますが、 ……

ねりまねこブログ

動物愛護はオシャレだヽ(*’0’*)ツ【ねりまねこブログ】

みなさんは「動物愛護活動」に どんな印象を持たれますか? 人間の都合で不要になった犬や猫が殺処分されたり 邪魔者にされて死んでいく野良猫など 暗い現実があります。 ……

ねりまねこブログ

不器用な子供たちの幸せ【ねりまねこブログ】

保護猫がどんどん卒業します。 7月から5ヵ月間も長期滞在したアラン、レオンにも ついにお声がかかりました。(ノ´▽`)ノ どんな子かというと保護当時は・・・ アランくん ……

ねりまねこブログ

恐るべき子猫の死亡率【ねりまねこブログ】

毎週、 農家さんの敷地で捕獲作業をしています。 猫の総数は約50匹 うち、今年産まれた子猫の数は約20匹 とにかく数を増やしたくないので、 全頭、保護する覚悟でした。 ……

ねりまねこブログ

保護だけでなく、不妊手術を!【ねりまねこブログ】

ある施設で 保護された70gの命 見過ごすことができない 優しい方たちからのSOSで 私達が保護しました。 70gの赤ちゃんは 700gの子猫に成長しました。 ……

ねりまねこブログ

ブログ落としました(;^ω^A【ねりまねこブログ】

さっき会った人から 「どうしたの? 昨日、ブログ書いてなかったでしょう? 大丈夫?」 と心配されました。 大丈夫です。 必勝バーガー食べて 元気です。(;^ω^……

ねりまねこブログ

多頭崩壊を考える7・8【ねりまねこブログ】

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 多頭崩壊において経済的に余裕がない知識がない、など 同情すべき理由はあったとしても 崩壊させた責任は飼い主にあります。 どん……

ねりまねこブログ

猫も、餌やりも、苦情もなくなる【ねりまねこ】

3月期末、練馬区登録ボランティアは、 一年間の地域猫活動の報告書を提出します。 これまで登録した28地域、のべ700頭が現在、いるのかどうか 餌場や猫トイレの状況や苦情や課題……

ねりまねこブログ

ついに捕まえた「とし君似」【ねりまねこブログ】

毎週、捕獲作業を続けていますが、 今年に入り、自分の町では 活動をしていません。 相変わらず猫はいます。 手術が済んでいない猫もいます。 それでも、地域猫活動 (……

ねりまねこブログ

ケガ・病気の猫を保護するか?【ねりまねこブログ】

これまでのべ750匹の町の猫を地域猫として登録しました。 餌を与え、糞尿を清掃し、寝床を与えるなど日々の管理は 私達を含めた約100人の町の有志が行っています。 私達が担当した……

ねりまねこブログ

ねりま猫?ねりまねこ?【ねりまねこ】

2010年活動を開始した頃、 さほど考えずに適当に決めたハンドルネーム「ねりまねこ」 最初のころ、 「もしかして練馬多頭崩壊のレスキューをしたねりま猫さんですか?」 と何度……

ねりまねこブログ

老猫と子猫の死【ねりまねこブログ】

もともと30匹以上いた猫は 今では8匹に減りました。 たとえ、区や自治会の承認を得た活動でも、 異常者がいて常に猫が危険にされる場所で 餌やりを続けるのは本当に大変です。 ……

ねりまねこブログ

いなくなった子猫たちのこと【ねりまねこブログ】

「猫がたくさんいる」と通報された家には 何頭いるのでしょう? 手術済の飼い猫2匹、未手術の外猫2匹 以上4匹です。 たった4匹?? 2012年ごろは未手術猫ばかりで……

ねりまねこブログ

救えた命、救えなかった命2【ねりまねこブログ】

救えた命、救えなかった命2 「飼えない猫でも拾う?拾わない?」 子猫には、お兄さんに名前をつけてもらいました。 元気なキジトラ男の子、ダイくん 瀕死のキジシロ女の……

ねりまねこブログ

千代田モデルに学ぶ地域猫の最終形【ねりまねこブログ】

私がちよだ猫まつりに行った最大の目的は、 ちよだニャンとなる会の講演 「殺処分ゼロ6年目、千代田モデルを語る」 を聞くためでした。 副代表理事の 香取 章子さん ……

ねりまねこブログ

雪の日、カッパちゃんは現れた【ねりまねこブログ】

一昨年まで、 私達は、ここでカッパちゃんに餌を与えていました。 2年前、雪のある日 突然現れたカッパちゃん 2階から雪を眺めていたら、黒猫が……

ねりまねこブログ

新しいTNR>THVR【ねりまねこ】

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆ 千代田区・練馬区の事例発表の後、 日本獣医生命科学大学の田中亜紀先生の講演 「飼い主のいない猫対策の科学的知見」 とか……

ねりまねこブログ

救えた命、救えなかった命5【ねりまねこブログ】

救えた命、救えなかった命5 「あさちゃんが教えてくれたこと」 元気だった子が急変する経験を、何度かしました。 その最初があさちゃんでした。 工事現場にいた子猫たち ……

ねりまねこブログ

東京都が主催!愛護推進員向けの研修【ねりまねこブログ】

東京都が主催する 行政担当者と愛護推進員向けの研修でした。 私にとっては練馬方式の成果を伝えるという責任重大な場でした。(;^_^A 最初は、ちよだニャンとな……

ねりまねこブログ

多頭崩壊を考える5・6【ねりまねこブログ】

ねこけんさんが全頭保護を決断した後のレスキューのプロセスです。 頭数が多すぎてすぐに保護できる場所はなかったので、しばらく元の家で世話を続けるつもりで、獣医さんに往診をお願いしました。……

ねりまねこブログ