2016年11月27日更新

猫の腫れものは何か?【ねりまねこブログ】

行き倒れのわかちゃんを保護して

すぐに病院に連れていき、療をしました。

その時に検便も行い投薬を開始しました。

飢餓状態からの回復期で
消化器系も弱っているため、、

餌を与えすぎず、良質なフードで
コントロールしましたが、

激しい下痢が続き体重は増えません。

こんなにひどい下痢は初めてで困惑しました。

【左:わかちゃん660g、
右:兄弟のバットちゃん(バットマン)は1kg超えでした】

o2736182413716930168

保護して一週間

食欲も細くぐったりしています。

o2736182413731623824

ある日わかちゃんの肩の
左右のバランスがおかしいことに
気づきました。

具合が悪くてリンパが腫れていると思い
病院に連れていきました。

検査をしたら熱もありました。

o2736182413731624267

再度、検便もしましたが悪玉菌が多いことしか
わかりません。

o2736182413731624573

レントゲン結果を見ると白い影があります。
(下が頭です)

o2592193613730883290

内部を確認するために注射針で抜いたら
真っ白な膿でした。

組織を確認するためできるだけ抜きましたが
膿しか取れません。

そのうち、わかちゃんの体力がもたなくなり、
翌日に持ち越しました。

o2592193613731624057

翌日も
膿しかとれません。

激しい炎症で
熱が出て、
体中に悪影響が出ているのが
わかったので、

それに向けた
対処療法をすることになりました。

*:..。o○☆゚・:,。*:..。o○☆

原因は何か?

要因は
外部と内部があります。

子猫なので
可能性が高いのは
外傷による炎症です。

しかし、
外傷は当初から
見つかりませんでした。

内部要因は
高齢の猫であれば
腫瘍も疑います。

ちょうど、乳腺腫瘍の
はるみちゃんの
看取りと重なり
震え上がりました。

猫が猫を襲う?

獣医さんの適切な治療のおかげで

わかちゃんの腫れは徐々に引いてきました。

おそらく猫の咬み傷などで
小さく深い傷からばい菌が入り
膿が溜まったのでしょう。

これまでにも、
同じような傷の子猫をたくさん見てきました。

8/2「赤ちゃん猫の死」

この現場では
成猫が子猫を襲うことがあります。

わかちゃんも
襲われたのかもしれません。

o2736182413731624733

腫れが鎮静すると食欲も出てきて
元気になってきました。

獣医さんと相談の上、下痢の療法食
ロイヤルカナン消化器サポートに
変えました。

本来は成猫用ですが、
おかげで
形になりました!

徐々に
子猫用の普通食に
戻したいと思います。

一昨日、
2回目のワクチンに行きました。

体重も1kgを超えて
順調です。

o2736182413731625117

o2736182413731625187

もう下痢まみれの
骨と皮ではありません。

ふわふわでかわいいです。

o2736182413731625255

o2736182413731625392

性格は穏やかな
甘えん坊。

とってもいい子。

o2736182413731625453

o2736182413731625602

ケガと病気で
苦しんだ分、

これからは
幸せになってほしい。

ねりまねこ



NPO法人

「NPO法人ねりまねこ・練馬区地域猫推進ボランティアのブログです。 博愛の夫と、平均的猫好き妻による、市民ボランティア奮闘記! 地域猫とは地域にいる飼い主のいない猫の問題を、 地域住民・問題解決に取り組むボランティア・行政の三者が協力しあって解決を目指すことにより、 人と猫とが共生する地域づくりをしていくという考え方です。」

関連記事

エサやりの引き継ぎはどうする?【ねりまねこブログ】

お悩み相談シリーズです。(笑) ボランティアさんからのご相談です。 ゚・*:.。..。.:*・゚゚・*:.。..。.:*・゚ 「高齢による体調不良や引っ越し等で 餌……

ねりまねこブログ

猫シンポジウム@練馬2【ねりまねこブログ】

【2/11猫シンポジウム@練馬】 NPOねこけん代表  溝上奈緒子さんの講演をYouTubeにあげてくださったのでシェアします。 ねこけんの名前の由来ですがねこ……

ねりまねこブログ

他のボランティアを否定しない【ねりまねこブログ】

私達、練馬区の公認ボランティアは 区が作成した「練馬区地域猫推進ボランティア 活動の手引き」 (全30ページ)に沿った活動をしています。 具体的な活動方法に加え、さまざまな注意……

ねりまねこブログ

死にかけた子猫は生きてます【ねりまねこブログ】

あらたな現場に着手しています。 すでに子猫が10匹も生まれ 今後も生みそうな猫が 何匹もいます。 一刻の猶予もないので、 日曜の朝から、 捕獲作業をしていました。 ……

ねりまねこブログ

地域猫は公益のための活動【ねりまねこブログ】

1年前、 優しい飼い主様のもとに 行ったポワールとソレイユ 仲良く幸せに暮らしています。 この2匹もともとは ボランティアグループが 地域猫としてお世話をしてきま……

ねりまねこブログ

未去勢オス2匹はヤバイ【ねりまねこ】

カッパちゃんがいなくなってしばらくしたら後釜が現れました。 「カッパちゃんの後釜」 どーん 横綱級の貫禄です この辺で唯一の未去勢オス貫禄のボス猫です。 ……

ねりまねこブログ

ナゾの猫、現る!【ねりまねこブログ】

発情やケンカで猫の鳴き声が、うるさいシーズンになりました。 しかし、不妊・去勢手術をすれば、発情衝動が抑制されケンカも軽減します。 うちの周りでは30匹以上の手術をしたので、悩まされ……

ねりまねこブログ

恐るべき子猫の死亡率【ねりまねこブログ】

毎週、 農家さんの敷地で捕獲作業をしています。 猫の総数は約50匹 うち、今年産まれた子猫の数は約20匹 とにかく数を増やしたくないので、 全頭、保護する覚悟でした。 ……

ねりまねこブログ

自治会が地域猫セミナーを行う【ねりまねこブログ】

パン生えさ現場 不妊・去勢手術はいったん終了しました。 それを受けて自治会が 地域猫対策のトークイベントを開催してくれました。 役員の皆様は頭のいい方が揃っていて……

ねりまねこブログ

一回で終わるはずが長期戦に【ねりまねこブログ】

たった2匹の子猫の保護の相談、 さっさと終わらせようと行ってみましたが、子猫は見つかりません。 捜索でぐるりと周ってみたら 見てはいけないモノを見てしまいました・・・ 猫がた……

ねりまねこブログ

救えた命、救えなかった命5【ねりまねこブログ】

救えた命、救えなかった命5 「あさちゃんが教えてくれたこと」 元気だった子が急変する経験を、何度かしました。 その最初があさちゃんでした。 工事現場にいた子猫たち ……

ねりまねこブログ

7人の侍(地域猫篇)【ねりまねこブログ】

私達は練馬区保健所と協働で 地域猫活動を推進していますが、 自分の登録地域以外に、 新しく登録されたボランティアグループを 支援するアドバイザーの役割も担っています。 ……

ねりまねこブログ

猫も、餌やりも、苦情もなくなる【ねりまねこ】

3月期末、練馬区登録ボランティアは、 一年間の地域猫活動の報告書を提出します。 これまで登録した28地域、のべ700頭が現在、いるのかどうか 餌場や猫トイレの状況や苦情や課題……

ねりまねこブログ

子猫が歓迎されない町【ねりまねこブログ】

毎日のように 「子猫が産まれた!(´Д`;)」と 相談が来ます。 人口72万の広大な練馬区にはたくさん猫がいるので、 子猫が生まれるのはあたりまえ。 おそらく何千という単位……

ねりまねこブログ

赤ちゃん猫の死【ねりまねこブログ】

昨日、地域猫活動に 日頃からご支援くださるお姉さんが 道端で幼猫を拾いました。 目も開いていないへその緒がついています。 うちに来た時は低体温でした。 下痢でお……

ねりまねこブログ

救えた命、救えなかった命2【ねりまねこブログ】

救えた命、救えなかった命2 「飼えない猫でも拾う?拾わない?」 子猫には、お兄さんに名前をつけてもらいました。 元気なキジトラ男の子、ダイくん 瀕死のキジシロ女の……

ねりまねこブログ

大トラブル地帯、4年後【ねりまねこブログ】

野良猫20頭以上と苦情ばかりの、 大トラブル現場のつづきです。 エサをあげているのは、 貸家だけではありませんでした。 子猫の面倒を見ていたのは 近くのマンションでした。 ……

ねりまねこブログ

交通事故の猫【ねりまねこブログ】

「面倒を見ている猫がケガをしました。脚が折れているようです。」 地域猫のお世話をしているAさんからご相談を受けました。 この現場に関わったのは2年半前のことです。 その時も……

ねりまねこブログ

地域猫ならこう!【ねりまねこブログ】

地域猫活動のマニュアルに従うなら、 まず、子猫は保護しません。 【写真はこのエリアで死んだ猫たちです】 理由はいくつかありますが そもそも練馬区地域猫推進ボランティ……

ねりまねこブログ

千代田モデルに学ぶ地域猫の最終形【ねりまねこブログ】

私がちよだ猫まつりに行った最大の目的は、 ちよだニャンとなる会の講演 「殺処分ゼロ6年目、千代田モデルを語る」 を聞くためでした。 副代表理事の 香取 章子さん ……

ねりまねこブログ