2016年11月20日更新

【猫とスキンシップ】抱っこが苦手な猫もハマる!猫が喜ぶ究極のマッサージ

抱っこが苦手、触ろうとするとスルリと逃げてしまう猫。何年も猫と一緒に暮らしていながら、「猫にまともに触ったことがない」という人もいます。

「猫の悩み」の中でも抱っこ嫌いを治すのは結構時間がかかるかもしれません。まだ飼い主に馴れていない、という理由だけなら時間がたてばそのうちスリスリして来ると思いますが、野良猫で過去に嫌な経験やトラウマがある猫の場合、抱っこはかなり難しいでしょう。

しかし抱っこをさせてくれなくても、猫はスキンシップは決して嫌いではありません。飼い主と同じ空間にいること、目が合うとアイコンタクトを返してくれること、ほんの少し、体の一部が密着していること。どれも猫は好きなはず。

猫が抱っこをさせてくれない、と悩んでいる場合、まずは簡単なスキンシップから。そして猫が喜ぶ究極のマッサージ方法をご紹介しましょう。

甘えてきたときがチャンス!

猫がスリスリと甘えてきたとき。おそらく「ご飯まだ?」という催促かもしれませんが、「猫から近づいて来たとき」が最大のチャンスです。

「マッサージしてあげようか」といいながら首、顔周り、背中を優しく触ってみて下さい。嫌がってすぐに離れてしまったらすぐに諦める事。猫も飼い主の気持ちがまだ怖いのかもしれません。

根気よく、猫が甘えてきたときを見計らって、「とりあえず触ってみる」ところからやってみてください。


画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

肩甲骨まわりを指圧する

人間だって肩甲骨は凝りやすい場所。それは猫も同じかもしれません。ほとんどの猫は首の後ろ、肩甲骨付近をモミモミすると喜びます。

母猫が子猫を舐める様に顔周りを指で優しく撫でたり、顔と首周りを指圧してあげると、気持ちよさに猫は体を低くするでしょう。柔らかいゴムブラシを使ってブラッシングもおすすめです。

嫌がらずじっとしていたら、次はしっぽの付け根部分や、お尻周辺を軽く指でトントンしてみてください。猫はお尻をあげて気持ち良さそうな表情になるかも。猫の様子を見ながら、嫌ならすぐに止めてあげて下さいね。

夏場は特に猫の脱水症状には気をつけたいですよね。マッサージの一環として背中の肉をつまんでパッと離してみてください。すぐに背中の肉が戻れば健康な証拠。なかなか戻らず形が残るような場合は脱水のサインです。

飲水の量をチェックして、少しでも様子がおかしい場合はすぐに動物病院へ連れて行って下さい。

いかがですか。猫とのスキンシップは、たとえ猫が嫌がったとしても、健康をチェックする上では大切です。体にしこりが出来ていないか、痛がる部分はないかなど、普段から体に触っていれば、重篤な病気を予防、または早期発見できるかもしれません。

夏よりは冬の方が猫はスキンシップがしやすいのですが、暑い時期こそ猫の体調が心配ですよね。こまめにブラッシングをするなど、スキンシップやボディタッチを毎日心がけてあげて下さいね。

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

猫壱公式サイト
Amazon
necoichi.com

関連記事

猫のブラッシングで、健康チェック♪見るべきポイントは?

猫はきれい好きで、自分の体を舐めてきれいにしています。しかし、優しくなでてあげたり、ブラッシングしてあげることは、体を綺麗にするだけでなく、飼い主さんとの大切なコミュニケーションの時間にもな……

猫の毛のお手入れ

猫の抜け毛対策☆プチプラなのにごっそり取れる!オススメグッズ3選

NO CAT NO LIFEな生活。猫がいない生活なんて、猫の抜け毛に悩まない生活ですよね。あれ、ちょっと嬉しいかも? 秋冬はどうしてもコートやセーターなど厚地素材が活躍する季節。しか……

猫のブラッシング

びっくりするほどの抜け毛!?猫のブラッシングの必要性とポイント

猫の為のブラシには様々なものがあります。猫の種類によっても異なりますが、換毛期になると、その抜け毛にびっくりする方も多いことでしょう。 ブラッシングは、猫の健康の為にも、飼い主さんとの……

猫のブラッシング

猫のお手入れ『耳掻き・ブラッシング・シャンプー』

猫のグルーミング、本当に必要? 猫は基本的に自分で毛の手入れをしますが、換毛期の猫や長毛の猫はグルーミングの際に毛球症になりやすく、最悪の場合手術をして取り出す必要性が出てきます。 ……

猫のブラッシング

猫のブラッシングの正しいやり方とは? 猫のブラッシンググッズとブラッシング方法について

飼い猫にとってブラッシングは必要不可欠です。猫は毛づくろいをするので、ブラッシングを怠っていると飼い猫が抜けた毛を飲み込んでしまい、毛玉を吐く原因になります。 またブラッシングには汚れ……

猫のブラッシング