2016年11月1日更新

毛のツヤの変化は脂漏症の疑い?その症状とNG対策について

短毛、長毛に限らず猫の毛並は美しくツヤがあるもの。猫の猫種によって、その被毛には特徴があり、長くてフワフワの毛並の猫、短いのにツヤがあって美しい被毛の猫などさまざまです。撫でていると触っている人間も触り心地が良くて気持ちがいいものですが、猫の方もウットリとすることってありますよね。

猫の毛の手入れをするために、触ることが多い被毛ですが、そんな時にいつもと違う毛の変化に気づくことがあります。ベトベト、パサパサ・・・、そんな状態は脂漏症の可能性もあります。脂漏症の可能性がある被毛の症状ややってはいけないNG対策についてまとめていきたいと思います。

脂漏症になった時の猫の外見の症状は?

脂漏症は、食べ物のアレルギー、生活環境が原因となっていることもあれば、寄生虫や菌が感染していることもあり、その原因はさまざまです。脂漏症に気づく時の猫の被毛の状態は次のようなものがあります。

油性の場合

脂漏症には油性と乾燥性があるのですが、油性の場合は名前の通り被毛がベトベトした状態になります。まるで、油や人間の整髪料をつけたかのようにベトベトした被毛の状態は、毎日触っている飼い主なら気づきやすいものです。また、ベトベトのせいでニオイがきつくなってきます。

乾燥性の場合

皮膚が乾燥して起こるため、被毛がパサパサとなり、ツヤが失われた状態になります。また、皮膚が乾燥してしまうため「フケ」が増加して、ぽろぽろと落ちてきます。かゆみや痛みも伴って、猫も辛い状況になってしまいます。

市販のシャンプーはかえって症状を悪化させる可能性がある!?

素材_shutterstock_16554544

ベトベトしている状態は、シャンプーで洗い落せば復活できると安易に考えがちです。しかし、実は市販のシャンプーは過敏になっている皮膚には刺激が強く、症状をさらに悪化させてしまう可能性もあります。猫の痒みや痛みを増加させるだけでなく、毛が大量に抜けてしまうなんてこともあるのです。そもそも、市販のシャンプーは汚れを落そうとする成分が強めに入っているため、脂漏症の症状を抱えている猫ちゃんにはNGなものです。

「あれ?いつもと違う?」と脂漏症の可能性に気付いた時に、飼い主さんが行うべきことは動物病院に連れていくことです。獣医に判断してもらい、適切な治療を進めていくことが大事です。脂漏症の症状に合った適切なシャンプーを使うことが愛猫の症状を早く治してあげることに繋がります。

すぐ治ると安易な判断せず専門医へ相談しましょ

素材_shutterstock_308721197
脂漏症の原因はさまざまです。脂漏症にならないように食べ物に注意したり、ストレスを溜めさせないように気をつけてあげたりすることはもちろん大切ですが、自宅内の猫が生活するスペースの衛生面にも十分に気遣ってあげたいものです。

また、被毛の変化が見られた時は、「すぐに治る」と安易に判断しないようにしましょう。勝手な自己判断は、猫にとってのツラい症状を長期化することにもなりかねません。大事な愛猫とスキンシップできるように早めの回復のためには、専門医への相談が重要です。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

この記事が気に入ったらいいねをしよう!

関連記事

「#猫バンバン」プロジェクトって何?日産自動車が始めた猫のための優しい試み

猫は暖かくてぬくぬくしたところが大好き。冬の寒い時期に暖かい場所を探す能力は天才的です。しかしながら、そのためにクルマのエンジンルームやタイヤの上に入り込み、事故に巻き込まれる猫が年々後を絶……

猫のニュース

僕らの居場所は言わにゃいで その19:撮るにゃらキラキラによろしく!

猫の毛のふかふか、ふわふわした質感をどうやって写真に撮っているんですか? という質問もinstagramのDMなどでちょこちょこ頂きます。 そこで今回はハウツー黒猫撮影に引き続き……

僕らの居場所は言わにゃいで

飼い主さん必見!!緊急時に役立つ『家にペットがいますカード』とは?

急病で倒れてしまったり、突然事故に巻き込まれてしまったり…普段通り生活していても避けられないことはあります。そんな緊急時に役立つのが『家にペットがいますカード』なんです!! 『家にペッ……

犬のニュース

『高齢者とペットの幸せな暮らし』を考えてみませんか?

現代日本のペット事情 人間の子どもの数を、ペットの数が抜いたというニュースが話題になりました。多くのホームセンターでは、ペット用品売り場が以前よりも大きなスペースになり、コンビニでも当……

犬のニュース

「今日からあなたもできる猫のケア」猫壱主催セミナーより

2016年10月12日に、猫用品メーカー「猫壱」主催の第二回「ネコをもっと理解する」セミナーが開催されました。 ペット生活編集部もセミナーに参加させていただきましたので、セミナーの一部をご……

猫の歯周病リスク