2016年11月2日更新

【猫の驚くべき身体能力】助走なしでのジャンプ力がヤバイ・・・!!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

普段はゆっくり歩いているイメージがある猫達ですが、野生時代の名残からか身体能力が抜群に高い動物です。高いところを自由に動く姿を見かけることも多いですよね。

高いところから降りて着地するのはかなり手慣れた様子ですが、どうやって登っているのでしょう。実は地面から高いところにジャンプする能力がビックリするほど優れているのです。助走なしで軽々ピョンっとジャンプし、凛々しい表情で歩いていくほど、猫にとっては容易なことのようです。

そこで猫の驚くべき身体能力のうち、ジャンプ力についてお話しをしていきたいと思います。

 

もし猫のジャンプ力を人間が持っていたら・・・?

猫_素材

猫は自分の体の5倍ほどの高さの場所に軽々とジャンプすることができると言います。しかも助走をしなくてもジャンプできるというから驚きですよね。

では、もし人間がこの能力を持っていたらどうなるのでしょうか。

165㎝の人が飛んだとしたら、その5倍の8.25mの高さの場所にジャンプできることになります。かなり高い場所まで飛べるんですね。一般的な住宅の2階建ての屋根の部分が7~9m程度だとすると、ひょいと2階屋根まで飛べてしまう身体能力を持つことになってしまいます。助走もなしで2階の屋根に移動できるなんて、まるで「忍者」を思い出しますよね。

そう考えると、猫がヒョイっと高い場所にジャンプできるのは、かなり優れた身体能力があるからこそということになります。

なぜ助走なしでジャンプが可能なの?

猫_素材

体と足の関節が柔軟にできていることが、あの優れたジャンプ力を生み出していたんですね。

 

猫の動きは優雅で見とれてしまいますね

素材_shutterstock_242482852
高いところへのジャンプが大得意な猫ですが、猫にも得意不得意があるのでどんな猫もそうだとは限りません。太っている猫は体重のせいで動きが制限されますし、身体能力が衰えてきているシニア猫はジャンプする力が次第になくなってくるとのことです。

飛び跳ねながら高い場所を移動している姿はまるで忍者のようにカッコいいですよね。そんな能力のない人間にとっては、「スゴイな~」と優雅な動きの猫の姿に見とれてしまうことでしょう。

 
 

関連カテゴリ