2016年11月6日更新

驚異の身体能力!!猫が受け身を成功させる3つの秘密

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

「あっ、危ない!」天井に近い高さから、猫が誤って落下してしまった。あなたは、一瞬ヒヤッとしますが、そんな心配も知らずに、猫は一瞬のうちに体勢を変えて、見事な着地を見せます。まるで、体操選手を思い起こす美しい動作です。

でも、ふと不思議に思いませんか?猫はなぜ、そんなにも見事な着地ができるのでしょうか?実は、猫の驚くべき身体能力が関係していたからなんです。そこで今回は、猫が着地で受け身を成功させる3つの秘密について迫ってみたいと思います。

 

着地で受け身を成功させる秘密①驚異のバランス感覚

猫_素材

猫は、驚くべきバランス感覚を持っていると言われています。猫が落下から着地までに体勢を備えるためにかかる時間は、わずか0.125~0.5秒。人間が一回の瞬きにかかる時間が0.1~0.15秒なので、いかに猫が着地に備えて体勢を整える時間が早いかが分かりますね。

実は、猫の耳の中にある“三半規管”と“前庭神経”が重要な役割を果たしていたんです。三半規管は平衡感覚を司る器官で、一瞬のうちに落下から着地までの時間や距離を計算し、前庭神経を通じて脳に情報を伝えます。

脳に伝わった情報は全身へと信号を出し、即座に体のバランスを整え、見事、着地に成功するという仕組みなのです。瞬時に状況判断をして、瞬時に身体のバランスを整える。これは、猫だからこそ、なせる技なのかもしれませんね。

着地で受け身を成功させる秘密②目から伝わる情報

素材cat-618470_640

猫の視力は、人間に比べると低いことが分かっています。その理由として、夜行性の猫の目は暗い場所でもより多くの光を取り入れ、視界を確保することができます。そのため、人間よりも水晶体は大きく、角膜は厚くなっています。ただ、明るい場所では、近視のように視界がぼやけて見えます。

一見、視力では人間に劣るようにも思えますが、実は目から伝わる情報も受け身の成功にかかせない要素だったんです。猫が高い所から落下すると、水晶体に何らかの刺激が伝わります。その刺激によって、猫の頭がどの位置にあるのかが分かり、情報が脳に伝えられます。そして、脳から頭や体に信号が送られ、頭の位置や体の向きを修正することができるという訳です。

 

着地で受け身を成功させる秘密③しなやかな体

猫_素材

猫が着地で受け身を成功させるためには、最も欠かせないものがあります。それは、猫ならではの“しなやかな体“です。ちょっと、思い出してみてください。猫はいつも、どんな体勢で寝ていますか?中には、クスッと思い出し笑いをしてしまうような、可笑しな体勢で寝ていることもあります。

その体勢で、ちゃんと熟睡できてるのかしら?なんて思うこともあったかもしれませんね。でも、どんな体勢でも寝ることができるのは、猫の体がしなやかであるからこそなんです。

着地も同じことが言えます。どんなに優れたバランス感覚を持っていても、瞬時に目からの情報で頭の位置を判断できたとしても、0.125~0.5秒の間に着地に備えて受け身の体勢を整えるためには、体を反転させたり、ひねったりできる”しなやかボディ“でなければ、見事な着地を成功させることは不可能なのです。

猫_素材
いかがでしたか?高い所からの落下から着地までの数秒には、猫の驚くべき身体能力が隠されていました。猫には脅威のバランス感覚や視覚からの情報、そして、しなやかな体が備わっています。一つとして欠けてしまっては、受け身を成功させることはできないと言っても過言ではないでしょう。

ぜひ、愛猫が高い所から着地する際は、観察してみてください。そこには、今まで気づかなかった数秒間の小さなドラマが繰り広げられているかもしれませんよ。

 
 

関連カテゴリ