2017年6月7日更新

太りにくく痩せやすいドーベルマンのエサの量について

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

足を踏ん張って立つ姿がかっこいいドーベルマン。男前という言葉がぴったりとくる犬種ですね。均整のとれた筋肉質な体つきはできるだけスマートに保ってあげたいものです。スマートな体つきを保つためにはエサの与え方など注意する点はあるのでしょうか?今回はそんなドーベルマンのエサの適量などを調べてみました。

 

ドーベルマンのエサの適量は?

ドーベルマンは筋肉質な体つきをしていて運動量も豊富なので、食欲旺盛によく食べるような印象がありますが、実際には食べることにやや繊細な面があるようです。もともととてもカロリー消費の高い犬種なので、夏場など暑さで食欲が落ちるようなことがあると、すぐに痩せていってしまう傾向があるようです。

スマートな体型を維持した方がよいといっても、痩せ過ぎてあばら骨が浮いてしまうような状態になってしまっては心配ですね。

ドーベルマンのように食欲にむらのある犬種の場合は、1日どのくらいのエサの量もしくはカロリーが必要なのかを把握しておきたいところです。標準的にはどのくらいの量やカロリーが必要なのかを理解しておけば、残した量や吐いてしまった内容から今どのくらい足りていないのかを知る手掛かりになります。

まずは一般的にいわれている算出方法で、標準的なエサの適量を算出してみましょう。

体重から割り出す方法

おおよそ体重の2.5%の量が適量といわれています。カロリーでいうと体重1kgあたり50~110カロリーの計算になります。

ただしこれは成犬の場合の計算になるので、成長期の子犬の場合は約2倍、逆にシニア期の犬の場合は2~3割少なめに与えるとよいといわれています。

パッケージの記載量を目安にする

市販のフードの場合はパッケージに給仕量が記載されているものがほとんどになります。記載されている量を目安に運動量や太り気味であるかなどを考慮して、エサの量を決めていくとよいといわれています。

係数から計算する方法

年齢や月例、体質などの係数を使用して1日に必要なカロリーを割り出す方法です。次のような式を使用します。

  • 安静時の必要エネルギー=70×(適正体重)の0.75乗
  • 1日の必要エネルギー=安静時の必要エネルギー×ライフステージ係数

ライフステージ係数

  • 4ヶ月まで:3.0
  • 4ヶ月以降体重増加が止まるまで:2.0
  • 避妊・去勢をしている成犬:1.6
  • 避妊・去勢をしていない成犬:1.8
  • 肥満気味の場合:1.2~1.4

犬_素材

体調や個体差にあわせるには便の状態を確認

一般的な算出方法で導き出されたエサの適量は、体重などから計算して標準的にはこのくらいの量が適量であるというものなので、犬の消化能力や運動量などを加味した個体差にあわせた量ではありません。特にカロリー消費が高く痩せやすい体質をしているドーベルマンの場合は、計算された適量よりもやや高いカロリーにしたりエサの量を増やすとよいといわれています。

では与えているエサの量が個体差にあった状態であるかを見極めるには、どのようにしたらよいのでしょうか?エサの量が今の体の状態にあっているかを見極めるには、便の状態を確認するのが1番よいといわれています。

便が柔らかい状態が続く場合は与え過ぎ、逆にポロポロと硬い便が続く場合は少な過ぎだと考えられています。丁度よい便は硬さが耳たぶくらいの柔らかさで、拾うと便のあとが少し残るくらいがよいといわれています。

太りにくく痩せやすい体質をしているドーベルマンの場合は、体型と便の状態をみながらこまめにエサの量や内容を調整してあげるとよいでしょう。

 

月例や年齢によるエサの与え方

ドーベルマンは1歳6ヶ月くらいまでの成長期のエサの量は、食欲や便の状態を見ながら食べられるだけ与えても大丈夫だといわれています。しかし7ヶ月くらいまでの子犬は消化器官も未発達なので、エサの与え方やエサの回数に注意をしないと、与えたエサをうまく消化することができず胃腸を傷めてしまう結果になってしまいます。

成長期の発達の速度は個体差が大きいので、便の状態を確認しながら調整をしていく必要がありますが、一般的にいわれている月齢によるエサの与え方は次のようになっています。

2ヶ月~3ヶ月

このころに子犬を引き取った場合は、急な変化による胃腸障害を起こさないために、量や回数、食べ物の硬さなど基本的に引き取った時と同じようにして与えます。

自宅で出産した子犬の場合は、市販の離乳食やパピー用の高カロリーのフードを与えます。ドライフードの場合はお湯や犬用のミルクでふやかしてあげるようにしましょう。

食事の回数は3回~4回が目安になります。

4ヶ月~7ヶ月

ドライフードの場合は便の様子を見ながら少しずつ硬い状態で食べられるようにしていきましょう。おやつもこの時期から開始します。

食事の回数は2回が目安になります。

7ヶ月~1歳6ヶ月

体が出来上がってきますがまだ成長過程のため体重が安定しない犬が多いようです。ただしこの時期に高カロリーのエサを与え続けてしまうと肥満につながり関節への影響が心配されるので、高カロリーのパピー用の食事をやめて成犬用の食事へと、しっかりと切り替えましょう。

食事の回数は2回が目安となります。

犬_素材

1歳6ヶ月~7歳

できるだけ体重の増減のない状態を保つような食事を心がけます。成犬用のフードを与えていても体重が増えて行ってしまうような場合は、食事量を減らすかダイエット用のローカロリーの物に切り替えましょう。体重が減少してしまうような場合は、高カロリーのチーズや馬肉、ウェットタイプの缶詰などをいつものエサに混ぜてあげるとよいですね。

体重の増減がなかなかコントロールできないような場合は、かかりつけの獣医師に相談し状態にあわせたフードをアドバイスしてもらうとよいですね。

食事の回数は2回が目安になります。

8歳以降

シニア期に入ってきて消化機能や噛む力が衰えてきます。ドライフードの場合はふやかすなどして柔らかい状態の物を与えるようにしましょう。フードは高タンパク低カロリーのシニア用のフードに切り替えていくとよいでしょう。

食事の回数は2回~3回が目安ですが、歯が抜けたりして1回に多くの量を食べることが難しい場合は、1回の食事量を減らして回数を増やしてあげるようにしましょう。

胃拡張胃捻転症候群の予防にはゆっくりとした食事と安静が重要

ドーベルマンのような胸の深い犬種がかかりやすい病気に胃拡張胃捻転症候群があります。

胃拡張胃捻転症候群は胃にたまったガスで拡張した胃が捻じれてしまう病気です。捻じれた胃はどんどんガスをためてやがて他の臓器や血管を圧迫し循環不全を起こします。また捻じれた胃や捻じれる際に巻き込まれてしまった臓器は時間とともに壊死が進んで行くため、早期発見早期処置をしなければ命を落としてしまう恐ろしい病気です。

なぜ胃の中にガスが発生してしまうのかはっきりとした原因はわかっていませんが、エサの早食いと食事直後の激しい運動が病気を誘発しやすいといわれています。

胃拡張胃捻転症候群を予防するためには、できれば10分くらいを目安にゆっくりと食べさせるとよいでしょう。また散歩やドッグランなどでの運動は食事の前に済ませ、食前食後30分~1時間は激しい運動を避けてゆっくりと安静に過ごすようにしつけてあげるとよいですね。

犬にエサをゆっくりと食べさえるためには、水分が十分にあるエサを与えるのがよいといわれています。ドライフードの場合は野菜スープや犬用のミルクでふやかして与えたり、ウェットタイプの缶詰を混ぜて与えるとよいですね。エサを与える器もできる浅く大きなお皿を使いとよいといわれています。

胃拡張胃捻転症候群は発症する原因がはっきりとわかっていないため、完全に予防することは難しいのですが、エサを与える際はできる限り発症のリスクを減らせるように注意をしてあげたいものですね。

犬_素材

ドーベルマンに必要な栄養は?

ドーベルマンはエネルギー消費が高く痩せやすい体質をしているので、体重の維持には気を付ける必要があるようですね。ドーベルマンのベストな体型は、立っている時に目で見てあばら骨が2本から3本浮いて見え、手で触るとあばら骨とあばら骨の間がわかる状態がよいといわれています。

胃腸障害に注意が必要なドーベルマンの場合は、食欲が落ちている時は標準的なエサの回数にとらわれることなく、1回のエサの量を減らして与える回数を増やすなどの工夫をしながら、ベストな体型をキープできるように気を付けてあげたいですね。

ドーベルマンには良質なたんぱく質、水溶性の食物繊維、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンDなどの栄養素が必要だといわれています。食欲のない時には無糖のヨーグルトやカッテージチーズ、卵、馬肉などをエサにトッピングしてあげたり、おやつにリンゴを与えるなどの工夫をしてあげると食い付きもよくなり、必要な栄養素もうまく摂取できるようです。

オートミールを小麦などの穀物のかわりに与えるのも、水溶性の食物繊維を摂取するためによいといわれています。食欲のむらがあり体重の増減をコントロールすることが難しいドーベルマンの場合は、栄養的にもよいといわれている食材をうまく使って、臭いや食感に変化を付けながら食欲をキープしてあげるとよいですね。

 
 

関連カテゴリ