2016年11月7日更新

野良猫と仲良くなるためのエチケット~ニオイ編~

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

野良猫と仲良くなりたいときに、意外と見落としがちなのが「ニオイ」です。野良猫はとても警戒心が強いだけでなく、ニオイにもとても敏感なので、野良猫が嫌いなニオイをさせていると仲良くなることはできません。

野良猫は仲良くなりたい人間に対して、ニオイチェックを行います。そのチェックに合格するためにも、猫の嫌がるニオイには気を付けましょう。ここでは、野良猫と仲良くなるために気を付けたいニオイのエチケットについて簡単にお話します。

 

野良猫はとてもニオイに敏感

猫_素材

野良猫と仲良くなろうと思ったら、野良猫に興味を持ってもらう必要があります。警戒心の強い野良猫にとって、私たち人間は「大きくて怖い生き物」といっても過言ではありません。野良猫を見つけたからといって追いかけたり、大きな声を出して近づいたりすると野良猫はびっくりしてしまいます。

また、じっと野良猫の目を見つめるのも猫の世界ではマナー違反です。野良猫と仲良くなりたいなら、こちらから野良猫に近寄ることはせず、野良猫に近寄ってきてもらえるようになりましょう。野良猫は、近寄ってくると最初に私たちのニオイをチェックします。猫は人間よりも嗅覚が鋭く、ニオイは相手を知るための大切な情報なのです。野良猫と仲良くなるには、このニオイチェックに合格することが第一歩です。

野良猫はこんなニオイが苦手

猫_素材
野良猫が苦手なニオイはいくつかありますが、中でも気を付けたいのが香水やハンドクリームです。特にシトラス系の香水は、猫が大嫌いなニオイといえます。遠くからでもニオイがわかるので、シトラス系の香水をつけている人が近づいてくると逃げてしまう猫も少なくありません。また、酸っぱい汗のニオイも苦手です。酸っぱい汗のニオイは、オス猫が行う縄張りマーキングのニオイと近いため、野良猫の警戒心を強めてしまいます。他にもミントなどのスースーするニオイや、シナモンなどのスパイスのニオイ、タバコのニオイも猫が嫌いなニオイです。野良猫と仲良くなりたいときは、できるだけ強いニオイのするものを付けないようにしましょう。人間にとっては良い香りでも、猫にとっては強すぎるニオイなのです。

猫_素材
猫にとってニオイは相手を知るための大切な情報です。また、強いニオイは猫にとって大きなストレスになります。野良猫と仲良くなりたいなら、強いニオイのするものは避け、ありのままの自分のニオイをチェックしてもらいましょう。ニオイチェックに合格すると、次からは野良猫の方から近寄ってきてくれます。野良猫は警戒心が強いので、仲良くなるにはそれなりに時間がかかります。焦らずゆっくり野良猫との距離を縮めていきましょう。

 
 

関連カテゴリ