2017年6月7日更新

やっぱり気になる犬の臭い!ドーベルマンの臭いについてのまとめ

スマートな体つきと精悍な顔立ちから「かっこいい!」という言葉がぴったりなドーベルマン。短毛で脂肪の少ない体つきなので寒さに弱い犬が多く、寒暖差の激しい日本の場合は室内での飼育がおすすめのようです。室内で犬を飼う場合に気になるのは犬の臭いですね。今回はドーベルマンの臭いについて調べてみました。

ドーベルマンの体臭は強い?弱い?

ドーベルマンは臭いが弱く室内での飼育に向いている犬種だといわれています。調べてみても臭いは気にならないという記述が多く、あまり臭いが気にならない犬種のようですね。でも中にはシャンプーをしてもすぐに臭いが気になるような犬や、撫でた手に臭いがついてしまうような犬もいるようなので、臭いの強弱には個体差はあるようです。

犬の臭いといっても体臭以外にも様々な原因が考えられるようです。そのため体臭は弱くても他の原因で臭いが気になる状態になっていたり、エサやシャンプーの仕方の違いなどによって臭いが気になるような状態になっている場合もあるようです。

犬の臭いが気になる原因についてそれぞれの対策方法を考えてみましょう。

犬の体臭とは?

まず犬の臭いで気になるのは体臭ですね。ドーベルマンの臭いが気にならないといわれているのは、体臭が比較的弱い犬種だからということのようです。では体臭とは一体何の臭いなのでしょうか?

体臭とは汗と皮脂が混ざった状態のものが酸化した脂肪酸に雑菌が繁殖することで発する臭いのことです。犬はよく汗をかかないといわれますが、実は汗には体温を調整するための汗と生殖のためのフェロモンを含んだ汗の2つ種類があり、それぞれ別々の汗腺から分泌される仕組みになっているのです。

犬がかかないといわれている汗は体温調整のためにかく汗で、フェロモンを含んだ汗を分泌する汗腺はほぼ全身にあるといわれています。体臭の原因となる汗はこのフェロモンを含んだ方の汗で、人は腋の下などの限られた場所にしか分泌するための汗腺がないので、人よりも犬の方が臭いが気になることが多いということのようです。

2つの汗腺の名前や役割は具体的には次のようになっています。

エクリン腺

主に体温調整のための汗腺で、人の場合は全身にあるのに対して犬の場合は足の裏や鼻の頭などの限られた場所にあります。そのため犬は汗による体温調整が苦手だといわれているのです。このエクリン腺からの汗は、ポップコーンと形容されるような少し香ばしいような臭いを発します。ソファーや絨毯など犬が歩くような場所の家具が臭う原因はこのエクリン腺からの臭いによるものだといわれています。

アポクリン腺

この汗腺が臭いを発する汗腺で、人の場合は腋の下などの特定の場所にだけあるのに対して犬の場合はほぼ全身にあります。このアポクリン腺から分泌される汗にはフェロモンが含まれており、エクリン腺から分泌される汗よりも臭いの強い汗になっています。

このフェロモンを含んだ臭いの強い汗を分泌するアポクリン腺は、もう1つの臭いの原因である皮脂を分泌する皮脂腺はつながっています。

そのためアポクリン腺から分泌される汗は2つの臭いの原因である、フェロモンと皮脂が混ざった状態で分泌されることになり、この汗が酸素に触れて酸化し脂肪酸への変化し、その脂肪酸を好物とする雑菌が繁殖することによって強い臭いを発する体臭となるのです。

素材doberman-1448502_1280

体臭を予防する方法は?

ドーベルマンは基本的には臭いが弱い犬種のようですが、シャンプーの仕方が間違っていたりブラッシングを怠ると、臭いが被毛の中にこもり気になるようになってしまうこともあるようです。

ではドーベルマンのケアの頻度や方法はどのようにすればよいのでしょうか?ドーベルマンの被毛のケアは次のようにおこなうとよいようです。

ブラッシング

ドーベルマンは短毛で滑らかな手触りのスムースコートと呼ばれる毛質をしています。

短毛のスムースコートの犬の場合は毎日ブラッシングする必要はないと考える方も多いようですが、ブラッシングにはノミやダニなどの寄生虫、フケ、ゴミなどを取り除き皮膚と被毛を清潔に保つとともに、血行を促進して健康な皮膚と被毛の育成を促す役割もあるので、毎日でなくでもこまめにブラシングをしてあげるとよいようです。

スムースコートの場合は毛玉に注意する必要はないので、ゴム製のラバーブラシを使用して抜け毛やほこりなどの汚れを除去し、体全体をマッサージするようにブラッシングします。最後に豚や猪などの毛で出来た獣毛ブラシを使用して被毛の艶をあげてあげるとよいでしょう。

シャンプー

シャンプーの頻度ですが臭いが気になるからといってあまり頻繁におこなうと、雑菌から皮膚を守るために必要な皮脂まで落としてしまうことになり、かえって臭いの原因になってしまうことがあります。適切なシャンプーの頻度はおおよそ月に1回~2回のシャンプーが理想的なようです。

ドーベルマンの被毛は短毛ですが、雨や雪などをはじき体温守るためにとても撥水性の高い被毛をしています。そのためしっかりと毛をかき分けるようにして洗わないと、肌まで洗うことができない毛質になっています。表面の被毛だけを洗っていても臭いの予防にはなりませんね。シャンプーをする際は肌をしっかりと洗うように心がけましょう。

食事を見直す

ドーベルマンの臭いが気になる時の対策で、「野菜中心の手作りフードに変えたら臭いが気にならなくなりました。」や「臭いがひどくなってしまったので、ドライフードを元のものに戻しました。」など、多くの方がエサの内容を見直すことが有効的だと感じていらっしゃるようでした。

体臭の強弱を決める1つの要因である皮脂の分泌量は、脂質やたんぱく質の多い食事を続けると分泌が増加する傾向があるようです。特に動物性の脂肪は皮脂の分泌を盛んにしてしまうようで、動物性脂肪が多く含まれたフードやおやつをあげていると分泌が促進されてしまうようです。

「少し臭いが気になる。」「なでると手がベトつく。」など気になる症状がある場合は、食事やおやつの内容を見直して脂質とタンパク質の少ないものへ切り替えていくとよいですね。

犬_素材

その他の臭いの原因

体臭は気にならないといわれているドーベルマンの臭いが気になる時は、その臭いがどこから強く臭うのかを確認してみるとよいでしょう。普段は体臭が気にならない犬でも、耳や口などから悪臭がしている場合があるからです。

耳や口など体の特定の部分が強く臭うような場合は、臭いがする状態をそのままにしておくと病気につながってしまうことがあるので注意が必要です。ドーベルマンで注意が必要だといわれている臭いは次のとおりです。

耳の臭い

ドーベルマンの臭いで1番注意が必要なのがこの耳の臭いです。

ドーベルマンは三角に尖った立耳のイメージがありますが、本来は丸みのある垂れ耳をしています。三角形の立耳は子犬の頃に耳を断耳して立耳になるように固定することで、ドーベルマン独特の形を作り上げているのです。

近年では断耳は子犬にストレスを与えてしまうので、動物愛護の観点からおこなわないブリーダーの方も増えているようです。犬の耳は垂れていればいるほど耳の中が蒸れやすくカビや雑菌が繁殖しやすくなります。耳の中にカビや雑菌が繁殖すると黒くベタッとした耳垢がたまってきます。この耳垢が悪臭の原因になっているのです。

耳掃除の頻度ですが耳の中の皮膚はとてもデリケートなので、あまりやり過ぎるとかえって傷つけてしましまい逆効果になってしまうこともあるようです。臭いの気にならない状態であれば週に1回~2回の頻度でよいといわれています。

耳の中はデリケートなのでコットンやガーゼ、耳そうじ専用のウェットティッシュなどの柔らかい素材のものを使用して、悪臭の原因である耳垢を拭き取っていきます。外耳炎などの心配もあるのでできるだけ綺麗にふきとってあげましょう。

奥の汚れは無理に綿棒などを使用して取ると鼓膜を傷めてしまう可能性があります。専用のイヤーローションを使用して耳垢を浮かしとるようにします。イヤーローションの使い方がわからない場合や汚れがひどい場合は、獣医師やトリマーなど専門の知識のある方にお掃除をお願いするのとよいでしょう。

定期的に耳の掃除をしているのに耳からの悪臭がおさまらない場合は、外耳炎などの耳の病気を発症している可能性があります。できるだけ早めに獣医師の診察を受けるとよいですね。

歯周病などによる口臭

特に老齢になるにつれて気になってくる口臭ですが、口臭の原因は歯についた歯垢です。歯垢は歯についた食べかすに菌が付着し繁殖したもので、この歯垢が石灰化したものが歯石になります。この歯垢から歯石ができることを繰り返すことによって、歯茎や歯自体に菌が繁殖し炎症などをおこすのが歯周病です。

歯周病を予防するには毎日のデンタルケアで歯垢をためないことが大切です。そのためにはできるだけ小さな頃から歯磨きのトレーニングをし、歯磨きに苦手意識をなくしておくとよいですね。またデンタルガムなどを使用するのもよい方法でしょう。

それでもなかなか完全に防ぐことは難しいものです。少しでも異臭を感じたら早めに獣医師に口腔内チェックをしてもらうとよいでしょう。

目やに涙やけの臭い

目の周りにいつも目やにや涙やけがあると、その部分の皮膚や被毛が濡れた状態が続いてしまい、そこに雑菌が繁殖し臭いを放つことがあります。

ブラッシングの際などに目の周りをチェックして、気になる場合は優しく拭いてあげるとよいでしょう。目やにや涙が増えている場合は目の病気の可能性があります。耳の臭いと同様に早めに獣医の診察を受けるとよいですね。

肛門腺からの臭い

犬が自分の臭いを付けるための臭いを貯めておく袋を肛門腺といいます。肛門腺は字のごとく犬の肛門付近にあり、排泄と一緒に臭いを排出する仕組みになっています。

ただうまく排出されていないような場合、お尻のあたりから強い臭いを放ち始め、放っておくと破裂してしまうこともあります。肛門腺はトリミングの際や動物病院などで絞ってもらうことができますので、定期的に絞ってもらい臭いの軽減につなげるとよいでしょう。

犬_素材

皮膚病も臭いの原因に

ドーベルマンは肌の弱い犬が多いようで、皮膚病には注意が必要なようです。皮膚病の多くは病気固有の独特な臭いを放つため、犬がくさいと感じる原因の1つになっています。

皮膚病は痒みや脱毛などの症状が現れる前に治療を始めると、治りが早い傾向があるようです。ブラッシングやシャンプーの方法を変えた訳でもないのに臭いが気になるような場合や、フケや肌の赤みなど気になる症状がある場合は、早めに動物病院へ連れて行ってあげましょう。

ここではドーベルマンがかかりやすいといわれている皮膚病をご紹介します。

アラカス症・毛包虫症

イヌニキビダニという寄生虫が犬の皮膚に入り込み、大量に寄生することで発症する病気です。母乳からの感染が多く1歳未満の仔犬の発症が多い病気ですが、イヌニキビダニが多く寄生しているものに触れた場合も感染することがあり、成犬や免疫力が低下した老犬でも発症することがあります。

症状としては抜け毛や皮膚のかゆみが生じ、症状が進行するとフケやかさぶた、皮膚の化膿や出血が起こります。

発症した場合の治療方法はダニの駆除薬の投与やダニの駆除効果のある薬浴やシャンプーで、イヌニキビダニの駆除をおこないます。また免疫力の低下などが原因である可能性があるので、食事療法や運動療法などの体質改善が必要な場合があります。

膿皮症

皮膚の上で菌が異常繁殖することで化膿し膿を排出している状態をいいます。

表皮、真皮、皮下組織のどの個所でも発症する可能性があります。90%が犬と共生しているブドウ球菌が、皮膚の細菌バランスの崩れによって引き起こす病気です。細菌のバランスを崩す原因となった病気により併発している可能性があり、まず基礎疾患の治療をおこなう必要があることが多い病気です。

脂漏性皮膚炎・マラセチア皮膚炎

犬の皮膚に共生している酵母の一種であるマラセチアが、犬の免疫力の低下や脂質の過剰分泌などの要因が複数重なることで、病原体へと変異することが原因で発症する皮膚病です。マラセチアは耳の中にも存在し耳の中で起こると外耳炎になります。

症状としてはフケが多くなり脂っぽい滲出物がでて被毛がべとつき、カビのような悪臭を放ちます。ひどくなると脱毛してしまうこともあります。

ドーベルマンは臭いが気になったら早めに対応!

ドーベルマンの臭いについて調べてきましたがいかがでしたか?

ドーベルマンのように基本的には体臭が弱いといわれている犬種の臭いが気になる時は、病気を予防するためにもどこから臭うのか何の臭いなのかを早めに確認してあげるとよいようですね。今回ご紹介した耳や口などの特定部分からの臭いや皮膚病から臭いの他にも、ドーベルマンにとって注意が必要な胃腸炎や慢性肝炎などの内臓疾患を発症している場合にも、臭いが変化するといわれています。

いつもと臭いが違っていたり気になるような時は、早めに臭いの原因を確認しましょう。自分たちだけでは臭いの原因がわからないような場合は、早めに獣医師に相談してみるとよいですね。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

しっかりとしたしつけが必須!ドーベルマンのしつけについて

軍用犬や警察犬などさまざまな場面で使役犬として活躍しているドーベルマン。引き締まった体つきと精悍な顔立ちから、日本では番犬や警備犬のなど近寄りがたい怖い犬のイメージが強いですが、実際のドーベ……

ドーベルマン・ピンシェル

肌が弱いので注意!ドーベルマンのシャンプー方法について

ベーシックなブラックやレッドの他にブルーやホワイトなどの珍しいカラーもあるドーベルマン。滑らかな被毛は精悍な顔つきと相まってドーベルマンのかっこのよさを引き立ててくれますね。できればいつも艶……

犬のトリミングサロン

太りにくく痩せやすいドーベルマンのエサの量について

足を踏ん張って立つ姿がかっこいいドーベルマン。男前という言葉がぴったりとくる犬種ですね。均整のとれた筋肉質な体つきはできるだけスマートに保ってあげたいものです。スマートな体つきを保つためには……

ドーベルマン・ピンシェル

ドーベルマンの病気〜獣医師が解説するドーベルマンのかかりやすい病気〜

筋肉質な体つきで俊敏な動きを得意とするドーベルマン。つやつやとした短い被毛にすっきりとした体つき、聡明な表情が魅力です。胸の深い体型なので、胃拡張胃捻転症候群を起こしやすいため、食事の与え方……

ドーベルマン・ピンシェル

やっぱり気になる犬の臭い!ドーベルマンの臭いについてのまとめ

スマートな体つきと精悍な顔立ちから「かっこいい!」という言葉がぴったりなドーベルマン。短毛で脂肪の少ない体つきなので寒さに弱い犬が多く、寒暖差の激しい日本の場合は室内での飼育がおすすめのよう……

ドーベルマン・ピンシェル

短い毛は掃除が大変!ドーベルマンの抜け毛対策とブラッシングの方法

ドーベルマンといえばブラック&タンやレッドなど精悍なイメージの艶やかな被毛が特徴ですね。短毛で脂肪が少ないドーベルマンは寒さに弱いため室内飼育がよいといわれていますが、室内で一緒に生活するな……

ドーベルマン・ピンシェル

手術に備える?通院に備える?ドーベルマンにおすすめのペット保険について

均整のとれた美しい体つきが屈強なイメージを与えるドーベルマン。そのイメージから病気知らずのように思えますが、実際のところはどうなのでしょうか?体の大きなドーベルマンの場合は1度の通院でも高額……

ドーベルマン・ピンシェル

ドーベルマンの歴史、性格・特徴、寿命。飼うときの注意は?

ドーベルマン・ピンシェルの歴史 別名ドーベルマンとして日本でも番犬、警察犬として知られている犬種です。 ドイツのフリードリヒ・ルイス・ドーベルマン氏によって作出された犬種であるため、……

犬の習性