2017年6月7日更新

短い毛は掃除が大変!ドーベルマンの抜け毛対策とブラッシングの方法

ドーベルマンといえばブラック&タンやレッドなど精悍なイメージの艶やかな被毛が特徴ですね。短毛で脂肪が少ないドーベルマンは寒さに弱いため室内飼育がよいといわれていますが、室内で一緒に生活するなら抜け毛の量は気になるところです。今回はそんなドーベルマンの抜け毛の量や対策などについて調べてみました。

ドーベルマンは抜け毛が多いの?

ドーベルマンは短毛で被毛の量が多いという印象がないため、ついつい抜け毛の量も少ないのではないかと考えがちです。中にはドーベルマンは抜け毛が少なく体臭も弱い犬種なので、室内飼育に向いていると書かれているものもありますが、調べてみると1年を通して抜け毛があるようで、実際に飼っている方は抜け毛の量は多いと感じている方が多いようです。

犬の抜け毛の量は毛の長さに比例するものではないようですね。逆に短毛の犬種の方が抜け替わるサイクルが短いので、一般的にいわれている春から夏にかけてと秋から冬にかけての換毛期だけでなく、1年を通して毛が抜け変るため抜け毛の量が多く感じるようです。

また短く固い毛が抜けるために布製の家具や服に刺さってしまい、掃除や洗濯が大変になってしまうことも抜け毛が多く感じる要因の1つかもしれません。

ドーベルマンは寒さにとても弱く皮膚が敏感で皮膚炎になりやすいことなどから、気温差の激しい日本では室内飼育がよいといわれています。室内でドーベルマンとともに心地よく過ごしていくためには、抜け毛の対策は必須のようですね。抜け毛の対策にはどのようなものがあるのかを考えてみましょう。

犬_素材

被毛のケアで抜け落ちを予防

抜け毛で1番気になるのは床やカーペットなどに抜け落ちたり、家具や服に付いてしまうことですね。できれば抜け落ちる前に予防をしたいところです。

被毛の抜け落ちを予防するためには、抜け落ちる前に取り除いてしまうのが1番です。抜け毛を取り除くために有効なのが、ブラッシングとシャンプーですね。ドーベルマンのブラッシングとシャンプーの方法や注意点をまとめてみした。

ブラッシング

ドーベルマンのブラッシングにはラバーブラシとブタやイノシシの毛でできた獣毛ブラシがよいようです。ラバーブラシにはラバー部分が柔らかいものがありますが、ブラッシングをしている時にしっかりと手ごたえがある固い物を選ぶようにしましょう。

まずはラバーブラシで抜け毛や死毛を取り除いていきます。最後に獣毛ブラシで被毛の艶をあげて仕上げていきます。

抜け毛の多いドーベルマンの場合は、できれば毎日散歩から帰った時にブラッシングをしてあげるとよいですね。春から夏、秋から冬の換毛期には抜け毛が増えます。時間がある時にこまめにブラッシングをして抜け落ちを予防しましょう。

ブラッシングの際には力の加減がとても大切です。特にドーベルマンはとても皮膚が敏感な犬が多いので、ブラッシングの際に強くこすり過ぎないように注意しましょう。

シャンプー

シャンプーですが臭いが気になるからといってあまり頻繁におこなうと、雑菌から皮膚を守るために必要な皮脂まで落としてしまうことになり、かえって臭いの原因になってしまうことがあります。

適切なシャンプーの頻度は犬の皮膚や被毛の状態によって異なりますが、おおよそ月に1回~2回のシャンプーが理想的なようです。

シャンプー前には必ずブラッシングをして抜け毛や汚れをおとしておきます。シャンプー剤は人間用のシャンプーは犬にとっては刺激が強すぎるので、必ず犬用のシャンプーを使用します。シャンプーに希釈するように書いてある場合は、その通りにぬるま湯などで希釈して予め用意しておきましょう。

シャンプーの際の道具としてスポンジを用意しておくと、顔を洗う時に目や耳に水を入れることなくしっかりと洗えるので便利です。

シャンプーのあとは自然乾燥をさせずに、ドライヤーを使用してしっかりと乾かしましょう。生乾きの状態で放置しておくと雑菌が繁殖し、体臭や皮膚病の原因になることもあるので注意が必要です。

犬_素材

お気に入りの洋服で楽しみながら抜け毛対策

床や家具、家族の洋服などへの被毛の付着を予防するには、犬に洋服を着せるのも1つの方法です。洋服を着せて抜け毛を予防する方法は、日中はお気に入りのお出かけ着を寝る時は着心地がよく通気性のよい部屋着に着替えさせてあげるなど、犬と一緒に飼い主が楽しみながら対策ができるところがよいところですね。

短毛で手足や首の長いドーベルマンにとって、特に寒さの厳しい冬場は体温調整が難しく辛い季節です。急な冷え込みで胃腸障害を起こしてしまう犬も多いようですね。秋や春は薄手の洋服を、冬場はしっかりと体温を逃がさない暖かい物を着せてあげると、寒さの苦手なドーベルマンにとっても辛い冬を快適に過ごすことができるのではないでしょうか?

手足や首が長いスポーティーな体型をしているドーベルマンの場合は、寒さが厳しくなる12月~3月にかけての時期は、長い手足や首がしっかりと包まれるような洋服を着せてあげたいですね。最近ではインターネットなどでドーベルマンのような手足の長い犬種に似合う洋服が多く販売されています。体型にあった着心地のよい洋服を用意してあげましょう。

ただし洋服を着せて抜け毛を予防する場合に気を付けなければいけないことは、洋服を着せているとどうしても服の中が蒸れてしまうことです。皮膚や被毛が蒸れた状態が長く続くと、皮膚病の原因になってしまいます。洋服を着せる対策をとる場合は、家の中に服を着ないで過ごすことができる場所を用意しておいてあげるとよいですね。

掃除は気が付いた時に取るのが基本

ブラッシングや洋服を着せるなどの対策をとっても、床や家具への抜け落ちをすべて防ぐことは難しいですよね。ドーベルマンの場合は年に2回の換毛期だけでなく1年を通して抜け毛が多いようなので、毎日毎日時間をかけて抜け毛の掃除をするのは大変です。

抜け毛の掃除はためずに気が付いた時にさっととるのがコツのようです。

気になる時に簡単に片手で操作できるハンディークリーナーなどを用意しておくとよいでしょう。フローリングの床にはウェットタイプのハンドワイパーがソファーや絨毯、洋服などには粘着ローラーがおすすめのようです。

また抜け毛の付きやすい布製の家具には滑りのよいカバーをかけておいたり、家具の位置を変えて掃除がしやすいようにしておくのもよい方法ですね。

犬_素材

抜け毛の量がいつもと違う時は脱毛症に注意が必要

ドーベルマンの気を付けておきたい病気の1つに犬の脱毛症があります。

脱毛症とひとくくりにしてしまうと、原因が1つのように思ってしまいがちですが、犬が脱毛症になる原因には様々なものがあります。

  • アトピー性皮膚炎による脱毛
  • ノミ・ダニなどの寄生虫が原因の脱毛
  • 真菌や細菌などの感染症による脱毛
  • クッシング症候群のようなホルモン異常が原因による脱毛
  • 環境の変化などストレスによる脱毛

脱毛の症状は原因によって異なりますが、10円ハゲのように局所的に出る場合や、全身が薄毛になってしまうようなケースもあるようです。治療の方法も原因によって異なるのですが、共通していることは治療に時間がかかることが多くまた再発しやすい特徴があることです。

ドーベルマンの抜け毛がいつもより多いと感じた時は、肌の状態をよく確認してみましょう。部分的あるいは全体的に毛が薄くなっているような場合は、早めに獣医師に相談するとよいですね。

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

関連記事

手術に備える?通院に備える?ドーベルマンにおすすめのペット保険について

均整のとれた美しい体つきが屈強なイメージを与えるドーベルマン。そのイメージから病気知らずのように思えますが、実際のところはどうなのでしょうか?体の大きなドーベルマンの場合は1度の通院でも高額……

ドーベルマン・ピンシェル

太りにくく痩せやすいドーベルマンのエサの量について

足を踏ん張って立つ姿がかっこいいドーベルマン。男前という言葉がぴったりとくる犬種ですね。均整のとれた筋肉質な体つきはできるだけスマートに保ってあげたいものです。スマートな体つきを保つためには……

ドーベルマン・ピンシェル

肌が弱いので注意!ドーベルマンのシャンプー方法について

ベーシックなブラックやレッドの他にブルーやホワイトなどの珍しいカラーもあるドーベルマン。滑らかな被毛は精悍な顔つきと相まってドーベルマンのかっこのよさを引き立ててくれますね。できればいつも艶……

犬のトリミングサロン

ドーベルマンの病気〜獣医師が解説するドーベルマンのかかりやすい病気〜

筋肉質な体つきで俊敏な動きを得意とするドーベルマン。つやつやとした短い被毛にすっきりとした体つき、聡明な表情が魅力です。胸の深い体型なので、胃拡張胃捻転症候群を起こしやすいため、食事の与え方……

ドーベルマン・ピンシェル

やっぱり気になる犬の臭い!ドーベルマンの臭いについてのまとめ

スマートな体つきと精悍な顔立ちから「かっこいい!」という言葉がぴったりなドーベルマン。短毛で脂肪の少ない体つきなので寒さに弱い犬が多く、寒暖差の激しい日本の場合は室内での飼育がおすすめのよう……

ドーベルマン・ピンシェル

ドーベルマンの歴史、性格・特徴、寿命。飼うときの注意は?

ドーベルマン・ピンシェルの歴史 別名ドーベルマンとして日本でも番犬、警察犬として知られている犬種です。 ドイツのフリードリヒ・ルイス・ドーベルマン氏によって作出された犬種であるため、……

犬の習性

短い毛は掃除が大変!ドーベルマンの抜け毛対策とブラッシングの方法

ドーベルマンといえばブラック&タンやレッドなど精悍なイメージの艶やかな被毛が特徴ですね。短毛で脂肪が少ないドーベルマンは寒さに弱いため室内飼育がよいといわれていますが、室内で一緒に生活するな……

ドーベルマン・ピンシェル

しっかりとしたしつけが必須!ドーベルマンのしつけについて

軍用犬や警察犬などさまざまな場面で使役犬として活躍しているドーベルマン。引き締まった体つきと精悍な顔立ちから、日本では番犬や警備犬のなど近寄りがたい怖い犬のイメージが強いですが、実際のドーベ……

ドーベルマン・ピンシェル