2017年8月2日更新

【猫の譲渡会】嬉しいけど困っちゃう…。猫の譲渡会でありがちな猫あるある

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

 

ゴールデンウィークや夏休み前など、長いお休みの前には犬や猫の譲渡会が頻繁に行われるのをご存知ですか?長いお休みの間は家族揃って新しいペットを迎えるのに最適な時期。保護猫・保護犬団体が一番忙しい時期かもしれません。

私も時々友人の譲渡会にお手伝いに行きますが、毎回ほぼ繰り返される「譲渡会あるある」に遭遇します。

猫を飼いたい!という熱い気持ちは嬉しいですが、譲渡する側としてはちょっと困っちゃうかも?今回はそんなよく見かける「譲渡会あるある」をご紹介しましょう。

 

猫に一目惚れしてしまう


画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト
「この猫、どうしても欲しいんです!」「この猫は、うちの子にしてって言ってます。」「今日連れて帰っちゃダメですか?」

譲渡会ではかなりアツイ方に遭遇することがあります。沢山の猫の中から「運命の出会い」をしてしまう人がかなりいるのです。

「このネコは死んでしまった○○にそっくり。生まれ変わりだと思うの…。」と年配のご夫婦に写真を見せられながら切々と訴えられたこともあります。譲渡会では猫に一目惚れしてしまうことがある、これはもう「譲渡会あるある」として定着しています(笑)

安易にちょっと見に行こうか、と思って参加すると人生が変わってしまうかも。ある程度覚悟を決めて参加されると良いかもしれません。

そんなにお金がかかるんですか?と驚かれる

「譲渡会」という名前が誤解を生んでしまうようですが、かなりの確率で言われるのが「そんなにお金がかかるんですか?」「えっ、タダじゃないんですか?」という言葉。

申し訳ありませんが、タダで保護した猫でも、避妊、去勢、メディカルチェックをしてから譲渡するため、最低限の医療費の負担はお願いしています。

ネットで募集しているのを見ると、個人の方は「タダであげます」という方もいますから、全ての保護猫がお金がかかるわけではありませんが、譲渡会では一般的には「無料で譲渡」ということはないようです。

 

「こっそり飼うから大丈夫です」


画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

猫の譲渡会。気に入った猫がいたら、まずはアンケート用紙に飼育環境や家族構成などを書き込んで貰います。

マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいる場合は、「ペットOK」かどうかを確認出来る書類も確認、添付して貰います。

「都営住宅」に住んでいる方が「大丈夫です!」と太鼓判を押すのでその理由を聞いたところ、「周りの人もこっそり飼っているから文句は言われません。」とニコニコしながら言われたことがありました。

個人的には「それなら…」と思わないでもないのですが、動物愛護センターから引き取った犬猫の場合、譲渡した人の住所を報告しなければなりません。

申し訳ありませんが、ペットOKの物件に住んでいない方への譲渡は出来ない決まりになっています。

いかがですか。猫の譲渡会は最近の猫ブームのせいか、飼い主が決まる確率が犬よりも高くなっているような気がします。

家庭環境を見せて頂き、トライアル期間が終わって猫の譲渡が決まると本当に有り難く、嬉しくなります。猫を飼いたいという方、お住まいの近くで譲渡会に是非行かれてみて下さいね。

トップ画像出典:猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト