2016年11月30日更新

【猫のしつけ】猫の○○にすれば上手く行く♪しつけを成功させるコツ5選

「コラ!」「ダメでしょ!」と私は猫を怒ったことはありません。お猫様にしつけは無理…。この勝負、最初から飼い主の負けと今までは諦めていました。

しかし、諦めるのはまだ早いかも?猫の性格を理解することで、猫をしつけることは可能かもしれません。猫のしつけは怒って理解させるよりも「自分からやらない」ように誘導させることが大切。

今回は、猫の困った行動をしつけるための、成功に導くポイントを5つご紹介しましょう。

視覚よりも聴覚に訴える

猫がイタズラをしたとき、「ダメでしょ!」と怖い顔で睨んでも効果は全くありません。顔よりも声の雰囲気で飼い主が怒っていることは理解できるようですが、その理由が自分の行動にある、ということにネコは理解出来ないようです。

猫のしつけで有効なのは、視覚よりも聴覚に訴えること。イタズラをしたらすぐに大きな音で驚かすと、「これをやると不快な音がする」と猫が理解して止めさせる事ができるといいます。

「やらせない」よりも「やらない習慣」を作る

ネコの社会は上下関係がないため、犬の様に飼い主が命令してしつけをすることはできません。ダメ!と叱るよりも、「○○をするといやなことがある」もしくは「○○をしないとおやつが貰える」という猫にとってメリットのある考えを植え付ける事が大切です。

飼い主がやらせないようにあれこれ工夫するよりも、猫自身の性格を理解して、猫にとってメリットがあり、習慣にできそうなご褒美をあげてしつけることが成功のポイントです。

飼い主がやったと思わせない

猫が困った行動をしたとき、よく言われるのがスプレーなどで水をかける、大きな音を出すという対処法。しかしこれは猫にしてみると「飼い主に不快なことをされた」と誤解を生んでしまいます。

ねこのしつけの方法に体罰は厳禁ですが、しつけるために不快な行為で止めさせる場合でも、なるべく飼い主がやったと思わせないようにこっそりと行うと良いでしょう。

大騒ぎせず、無視する

たとえば猫の噛み癖を治したい場合は、噛まれた時に大声で叱ったり大騒ぎしたりせず、冷静に対処して猫を無視して下さい。

飼い主がさわぐとネコは「かまってもらえた♡」と勘違いしてますます噛み付く様になってしまうことがあります。

物理的にできないようにする

「乗って欲しくない場所に荷物を置く」「爪とぎして欲しくない場所には保護シートなどでカバーしておく」

猫を躾ける前に、猫にされたら嫌な事は、飼い主の方であらかじめ物理的にできないようにすることも大切です。そうしておけば、猫も人も嫌な思いをせずにすみますよね。

いかがですか。ねこのしつけはとても難しいといいます。「ごほうびを使う」という方法でしつけを成功させるコツは、「やってほしいこと」をした直後にすぐにあげることです。

何度もそれを繰り返すことで、「これをするといいことがある」と猫に覚えてもらいましょう。そうすればネコは「習慣」としてその行為を繰り返す様になるはずです。

猫のしつけは忍耐と時間がかかります。焦らず、気長に頑張って下さいね。

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

猫壱公式サイト
Amazon
Facebook

この記事が気に入ったらいいねをしよう!

関連記事

怒る人は恐い人

飼い猫として猫を迎えたとき、何を意識するでしょうか。 トイレや爪研ぎをはじめとした生理習慣や、危ないことをしないようにさせなければならない等、しつけをどのように行おうか考えると思います……

猫の心を読む訓練

ネコの気持ちになるしつけ法

猫の行動を飼い主の思い通りにさせたいと思ったときに、「ダメ!」「コラ!」と怒鳴ってしまったり、ぺしっと叩いてしまってはいけません。 そのように触れてしまうと、しつけの効果を得られないだ……

猫の言葉・気持ち

猫にどんな名前を付ける?猫にとって良い名前と人気の名前。

猫が家に来るときの重要なイベントのひとつとして、猫に名前を付けることではないでしょうか。たくさんある候補の中からどんな名前を付けたらよいのか迷う人も多いでしょう。特別な名前を付けたいと思って……

猫の幸せ

猫のトイレを見直してみよう 猫トイレの場所、掃除など

猫を室内飼いにしている家では必ず設置しなければならない猫のトイレ。猫は下部尿路疾患という膀胱から尿道のトラブルを起こしやすいため、トイレへの配慮は思った以上に大切です。 今回は猫のトイ……

猫のトイレグッズ

赤ちゃんと猫の同居には安全対策と事前の準備が大切!

夫婦ふたりと猫の暮らしに、新しい命が増える時の喜びはとても大きいものですね。赤ちゃんと猫の同居は可能ではありますが、注意しなくてはいけないこともあります。 猫が過ごす部屋と赤ちゃんの過……

猫の幸せ