2017年8月3日更新

【猫の健康】猫の鼻が乾いていたら要注意☆夏に気をつけたい健康チェック

猫壱



猫用品メーカー

”猫との暮らしをより豊かにする”を提供する猫用品メーカー猫壱(ねこいち)です。 猫壱公式サイトでは、猫に関する楽しい情報がつまったブログを多数公開中です♪ブログ更新に関するお知らせや、新商品が出た際にはこちらのページでお知らせしていきます! 【人気商品】 ・猫壱ハッピーダイニング脚付フードボウル、ウォータボウル ・災害時の備えのために!ポータブルケージ、トイレ ・通院時、お出かけ用に!ポータブルキャリー ・猫用おもちゃ(キャットトンネル等) ・猫の巣(ベッド)等…♪

 

暑い夏。猫のために部屋を締めきってクーラーをガンガンに付けっぱなしにしていませんか。自分が仕事に行っている時に猫が熱中症になったらどうしよう…。飼い主のそんな気遣いは確かに大切ですが、意外にそれが猫の健康をそこねてしまうこともあるかも。

猫の健康で意外に見落としがちなのが「部屋の乾燥」です。愛猫が起きている時に鼻を触ってみて下さい。ちょっと乾いていませんか?

今回は夏に飼い主がやりがちな猫の健康にとってNGな行動をご紹介しましょう。

 

部屋を乾燥させすぎる

健康な猫の鼻は適度に湿っています。ネコは鼻が湿っている事で匂い分子が吸着しやすく、情報を沢山集めることができるのです。

しかし部屋をクーラーなどを付けっぱなしにして1日中過ごしていると空気が乾燥して猫の鼻や粘膜も乾燥しがちになります。

ネコは鼻の粘膜が乾燥すると、その部分の免疫が低下して風邪を引きやすくなります。暑い夏だからこそ、猫の水分補給と部屋の乾燥には注意してあげて下さい。




画像出典:ハッピーダイニング 脚付ウォーターボウル 猫柄 | 猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

カーテンを閉めっぱなしにする

確かに直射日光があたると部屋の温度が上昇してしまいます。しかしだからといって、飼い主が仕事に行っている間、ずっと部屋のカーテンを閉め切りにしていると、ネコは1日中お日様にあたることが出来ません。

猫にはある程度日光浴が必要です。ネコは太陽にあたる事で体についたダニを駆除したり、体内のビタミンDが活性化され、カルシウムが骨に吸収されやすくなります。

猫にとって毎日の日光浴はとても大切。短い時間で良いので、カーテンを開けて日差しを部屋に入れてあげましょう。

 

閉め切った部屋での喫煙はNG

タバコを吸う飼い主さんは、夏の間、部屋を閉め切っておくと無意識にタバコの煙が部屋に充満しても気が付かないかも。

喫煙者と暮らす猫が悪性腫瘍になる確率は非喫煙者と暮らす猫の3倍以上だと言われています。タバコの煙がべったりとついた毛を毎日毛繕いしていたら、猫も毎日ニコチンを体内に入れていることに。

猫の毛繕いの習慣を考えると、お線香やお香も、夏の閉め切った部屋の中では焚かない方が懸命です。

いかがですか。夏は意外に猫が病気になりやすい時期。猫の健康チェックは鼻がしめっているかどうかでも判断できます。




画像出典:ハッピーダイニング 脚付ウォーターボウル 猫柄 | 猫壱(ねこいち・ネコイチ)公式サイト

猫の鼻は寝起きは大体乾いていますが、日中の猫の鼻が乾いていたら、脱水症状かもしれません。水の入ったボウルを部屋の数カ所におく、猫が喜びそうな味をつけてみるといった、猫に水分を摂らせる工夫が必要です。

猫壱のウォーターボウルは目盛り付きでですから、猫の1日の飲水量がチェックできて大変便利。愛猫の健康のために、是非使ってみて下さいね。