2016年10月25日更新

服部幸先生による「猫の健康診断」。猫壱主催セミナーより

10月12日、神保町で第二回猫壱セミナーが開催されました!
seminar
ここでは第3部、服部幸先生による「猫の健康診断」の講演の様子をお伝えしたいと思います。

服部先生は猫専門病院・東京猫医療センターの院長をされており、数々の書籍も執筆されています。情熱大陸にご出演されるなど、猫獣医師として全国的にも有名な先生です!

そんな服部先生のセミナーの様子を一部ご紹介させていただきます。

愛猫は本当に健康?

素材_shutterstock_184436069
毎年、愛猫に健康診断を受けさせていますか?
先生が会場の参加者のみなさんに問いかけたところ、「はい」と答えたのは半数程度でした。もちろん会場には愛猫家のみなさんが集まっていたので、それでも半数程度の人たちは健康診断を毎年は受けていない、ということになります。

症候と症状

愛猫の病気が発覚すると、ほとんどの飼い主さんは「昨日まで元気だったのに…」とおっしゃるそうです。

ヒトの場合を考えると、病気になるときには以下のようなプロセスがあります。

  1. 好きだったトンカツをあまり食べなくなる
  2. 夜食を食べたくなくなった
  3. ちょっとしたことで胃もたれする
  4. 大盛りを頼まなくなった
  5. 胃が痛む
  6. ちょっと食事を残す
  7. 食欲が無い
  8. 血を吐く

人の場合は1~5ぐらいの症候が表れた頃に不調に気づくことができますが、猫は7~8ぐらいの症状が出るまで気づいてあげられません。

DogSpeed

犬の病状は人間の7倍のスピードで進んだり治ったりする、と言われますが、猫も同様です。またたく間に病状が進行してしまうため、一刻も早く気づいてあげなければいけません。

健康診断の前に自宅でできること

健康診断の結果を正確に読み取るために、自宅でできることは「健康手帳をつけること」だそうです。
imasia_6497268_S
健康手帳をつけるメリットは4つ。

  • データを客観視できる
  • 時系列で見る
  • 動物病院への通院
  • 転院の際に

1つはお薬手帳

飲んでいる薬が健康診断の結果に影響を与えることもあります。病院側に伝えておかないと、誤診のもとになってしまいます。

ヒトのようにお薬手帳が用意されていないので、処方された薬は、処方された日付、薬の成分、何のための薬なのか、飲む期間、などをしっかりと獣医に聞いてメモしておくとよいそうです。

1つは健康日記

元気なときの状態を100%として、
食欲◯%、元気◯%、尿・便の回数と状態、嘔吐の回数、体重◯kg
などと記録をつけておきましょう。

体重

imasia_9538601_S
最初の一歩は体重測定です。猫の場合、体重が5%減少したらおかしいと考えられます。3kgの猫だと2.85kgになったら体重が減りすぎ、ということです。

ヒトに比べると些細な変化であるため、体重測定にオススメなのは赤ちゃん用のベビースケールだそうです。2kgや3kgの体重でも細かい数値まではかることができます。

飲水量

多飲多尿に注意が必要で、体重1kgあたり50ml以上の水を飲むようなら飲水量が多すぎ、病気の可能性が考えられます。また、体重1kgあたり50mlよりは少ない場合でも、食事を変えずに普段の2倍以上飲むようになったら病気の可能性があります。

猫に水を与える際、水の量をはかってから器に入れ、24時間後に器に残った量をはかることで飲水量を算出できます。

今回のセミナーを主催されている猫壱さんから目盛り付きの器も販売されています。もちろんこちらで簡単にはかることも可能です。とにかく、飲水量をはかる週間をつけることが大事ということです。

尿量

素材_shutterstock_332899439
猫砂の塊のサイズを記録しておくことで尿量の変化を把握することができます。メジャーと一緒に砂の塊を写真に残すだけでも大丈夫です。携帯電話であれば自動的に日付も記録されます。

動画・写真撮影

「せき」なのか「くしゃみ」なのか……「黒」なのか「茶色」なのか……猫の症状、動きや色などを口頭で正確に伝えるのは難しいです。

気になることがあれば携帯電話で動画や写真に撮影して動物病院に持っていくといいでしょう。

健康診断2つの目的

病気の早期発見

猫は具合の悪さを隠します。「元気に遊んでいるから健康」「しっかり食べているから健康」なんてことはまったくありません。

重い心臓病を患っていても元気に遊ぶ猫ちゃんもたくさんいますし、食欲がなくならない病気、食べても痩せる病気もあります。そのため、気がついた頃には病気が進行してしまっていることが多いのです。病気の早期発見のために健康診断は重要です。

個人データを作る

健康診断には病気の早期発見以外に、個人データを作る、という目的があります。

検査項目にはそれぞれ基準値が設定されていますが、基準値は多くの健康な猫の上位2.5%下位2.5%を省いた範囲から出しただけの数値です。その猫個人にとって正常な数値なのか、というのは過去の個人データと比較しなければわからないこともあります。

若く健康なうちから個人データを作っておくことで、過去の自分のデータと比較し、それぞれの数値が正常なのか異常なのか、判断することができます。

また、検査で使う機械によって出る数値が異なり、基準値も異なります。病院によって使う機械が違うため、転院の際には注意が必要です。転院する場合にはそれまでの健康診断のデータを持参しましょう。

健康診断の頻度

10歳までは年1回、10歳を超えたら年2回、健康診断を受けるのがいいそうです。ヒトの場合でも年1回だけの健康診断では、病状が進行してしまってから病気が見つかることもあります。猫はヒトの7倍の速さで進行すると考えると、シニア世代の猫は年2回の健康診断がオススメだそうです。

血液検査万能説!?

素材the-syringe-1291127_640
血液検査さえおこなえば大丈夫、と考える人もいるそうです。しかし、血液検査は万能じゃありません。院内の血液検査のみで発見できる病気は、ごく一部で、「健康診断で発見される代表的な猫の重い病気」のうち3つ程度ということです。

過去には、血液検査で慢性腎不全と診断された猫ちゃんが、1年後に他の検査もしっかりと行った結果、実はリンパ腫だと判明したケースもあるそうです。

人間の場合、人間ドックでは血液検査や血圧測定、レントゲン、心電図…など多くの検査を受けるように、猫にも必要な検査はたくさんあります。

CTやMRI、内視鏡、大腸スコープなどは全身麻酔が必要になり、費用も高額になるため、まだ猫に適用できていませんが、麻酔をかけずに行うことができる検査は多くあります。また、血液検査だけでも17項目あり、もちろん全部調べたほうが健康診断としては良いのですが、全部うめない病院もあるそうです。血液検査の項目に関しては、統一しようという流れになってきているということです。

  • 血液検査
  • ホルモン検査
  • レントゲン検査
  • 超音波検査
  • 尿検査
  • 心電図検査
  • 糞便検査
  • 血圧測定
  • 眼圧測定…などなど

猫の健康診断項目はたくさんあり、各検査でわかる病気は異なります。
全部の検査をするのは、高齢猫には負担が多かったりするので、そこは獣医さんの腕の見せ所。どの検査をするか、しっかり判断するためにも健康手帳は重要な判断材料になるということです。

さいごに

猫ちゃんは我慢強いからこそ、猫の健康診断、もしかしたらヒトの健康診断よりも大事かもしれない…と感じました。もちろん猫ちゃんにとっては、飼い主さんの健康も同じくらい大事なので、ヒトの健康診断も怠ってはだめですけどね。
猫_素材

次回の猫壱セミナーは?

次回の猫壱セミナーの開催は11月23日。祝日の開催となりますので、平日には参加できないという方も参加しやすい日程になっています!

2016年11月23日 12:30-17:30 猫と人のQOR向上セミナー
無料個別相談会の時間もしっかりと設けられていて、次回もとても充実した内容になりそうです♪
こちらから申込可能です!

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

この記事が気に入ったらいいねをしよう!

関連記事

野良猫ちゃんの身体能力がスゴイ!

木登りをしたり高い場所へジャンプしたり、ジャンプした場所から飛び下りたりと猫の身体能力がとても高いことは誰もが知っています。特に飼い猫よりも常に野外で自由に動き回っている野良猫のほうが野性味……

猫のニュース

外で暮らす猫を守る新しいハッシュタグ『猫のいるとこ教えにゃい』とは?

じわじわと猫の人気が高まり、カメラを持って外猫さんを探す!なんて方も増えてきました。しかし、猫さんたちからしてみれば突然知らない人がたくさんやってきていきなり写真を撮られて… 人が好き……

猫のニュース

黒猫のラベルが可愛い!猫の記念日に開けたいワイン。「ツェラー・シュバルツ・カッツ」

特別にワインが好きな人でなくても、大抵の人は見たことがある黒猫ラベルのワイン。ツェラー・シュバルツ・カッツという名前のドイツのワインです。価格がリーズナブルで買いやすい点と、癖のないほんのり……

猫のニュース

どれぐらい跳べるの? 猫のジャンプ力の秘密

自分の頭の上を飛んでいる虫を、跳び上がって見事にキャッチする猫は珍しくありません。高いところにも軽々と登ってしまうし、ちょっと離れたところの獲物もひとっ跳びで捕獲してしまうのですから驚きです……

猫のニュース

ペットは夫婦の関係に良い影響を及ぼす?犬&猫の飼い主に聞いたペットの存在感

ペットに関するさまざまなリサーチで知られるアイペット損害保険が、2015年11月22日(いい夫婦の日)に向けて行ったのが「夫婦の絆にペットがどのような影響をもたらしているか」の調査。犬、猫の……

犬のニュース