2017年6月7日更新

しっかりとしたしつけが必須!ドーベルマンのしつけについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

軍用犬や警察犬などさまざまな場面で使役犬として活躍しているドーベルマン。引き締まった体つきと精悍な顔立ちから、日本では番犬や警備犬のなど近寄りがたい怖い犬のイメージが強いですが、実際のドーベルマンはどのような性格をしているのでしょうか?今回はそんなドーベルマンのしつけ方について調べてみました。

 

ドーベルマンの性格は?

日本では怖い犬という印象の強いドーベルマンですが、実際のドーベルマンは警戒心と縄張り意識が強く、見知らぬ人や他の動物に威嚇的な態度をとることはありますが、心を開いた飼い主には優しく忠実な愛情深い性格をしているようです。

誰にでも懐くような性格ではありませんが、慣れた人に対してはかなり人懐っこく甘えん坊な面もあるようです。そのため一人で走り回って遊ぶよりも、飼い主と一緒にコミュニケーションを取りながら、ボール遊びなどをすることを好むようなところがあるようですね。

人の仕草や言葉を理解することに長けており、他の犬種と比べてもコマンドを覚えることが早い訓練性の高い犬種なので、しつけはしやすいといわれています。

犬_素材

ドーベルマンのしつけではリーダーシップが大切

ドーベルマンはもともと集団で生活をしていた歴史を持つ犬種です。警戒心や縄張り意識が強いのはその頃の名残だともいわれています。ドーベルマンのように集団で生活してきた歴史を持つ犬種は、特に上下関係のはっきりとしたルールのある生活に安心感を覚える犬が多いようです。

逆に信頼できるリーダーがおらずルールのわからない状態の時は、自分が上に立って規律を正そうとするところがあるようです。多くの場合はこのような飼い主からリーダーの権利を奪おうとする時に、噛みつきや威嚇行動などの問題行動をおこすようですね。

つまりドーベルマンに問題行動を起こさせないためには、常に飼い主とその家族が犬の上位に立ち、安心して自分の身を預けることができるリーダーシップを発揮してあげることが不可欠なようです。

では犬にとってのリーダーとはどのようなものなのでしょうか?

  • 常に一貫したルールに従って揺らがないこと
  • 何かあったら必ず守ってくれるという行動力

この2点をしっかりとみたしてあげて、安定した生活を送らせてあげることが大切なようです。

 

一貫したルールを決めておきましょう

家族全員が一貫した態度やルールのもとで犬と接するようにするためには、家族の中で犬と生活するためのルールを決めておく必要があります。

ルールを決める時に最初にするべきことはトイレの場所やケージの場所など犬の生活スペースを決めておくことです。特に大型のドーベルマンの場合は寝起きするスペースやトイレの場所など、生活スペースは広さもしっかりと確保しておく必要がありますし、どこまで犬が自由に出入りしてよいのかなど人と犬の生活動線をはっきりとさせておくことが必要になります。

次に犬と生活するための家族のルールを決めていきます。食事の時のルール、寝る時のルール、留守番をさせる時のルール、散歩の時のルールなど具体的に犬がしていいことと悪いことを決めておきます。

ただし犬の行動や個性を見ながら必要なルールを追加できるように、あまり細かいルールにはせず、絶対に守らせたいことだけを決めておくようにしましょう。

犬に対する接し方では特に叱り方、褒め方を家族で統一しておくとよいですね。叱る時の言葉や褒める時のゼスチャーを統一しておくと、混乱することなくしつけが入りやすくなります。また褒めるにおやつを与える場合も何をどれだけあげるかを決めておきましょう、おやつをあげる人とあげない人がいると、犬はそれだけで人に順列を付けてしまいがちです。

犬_素材

リーダーウォークで常に上位であることを示しましょう

リーダーウォークは散歩中の事故を防ぐためだけでなく、どのような場面でも飼い主が常に上位であることを犬の示すためにもとても効果的な訓練です。好奇心旺盛で警戒心、縄張り意識ともにとても強いドーベルマンにとって、外の世界は刺激的で警戒するべき危険で溢れています。

そのように刺激の強い外の世界に居ても、飼い主の側を離れず冷静に歩くことができるようするのがリーダーウォークの目的で、飼い主がどのような場面でも1番に注意を払うべきリーダーであることを意識づけることができる訓練なのです。

リーダーウォークの教え方には色々とありますが簡単に実践できるものとしては、犬が飼い主の前に出た時にわざと犬の前を通って方向を変える方法、もう1つは引っ張ると首に負担がかかるチョーカーを利用して、犬が引っ張った時に首に軽いショックを与えるように犬と逆の方向に飼い主が動く方法です。

どちらの場合も犬に命令などをせずに無言でおこない、だらだらと長い時間訓練をしないことが大切なようです。家の中でリードを付けることに慣れてきたら、1日5分~10分くらいの時間で訓練をしてあげるとよいですね。

ドーベルマンの場合はコミュニケーションも兼ねて、散歩の前にも時間を作ってリーダーウォークの訓練をおこなってから出かけるとようにするとよいようです。

警戒心の強いドーベルマンは社会化が必須

ドーベルマンはもともと警備犬やボディーガード犬として使役するために生み出された犬種です。そのため家族以外の人や他の動物に対して強い警戒心を持っています。警戒心が強いことはドーベルマンの素晴らしい特性の1つですが、過剰な警戒心は噛みつき事故などにつながってしまうので、しつけでコントロールできるようにしておく必要があります。

警戒心を過剰に持つことなく、一定のルールの元で多くの人や動物に触れ合うことができるようにしてあげることを、犬の社会化といいます。犬の社会化のためには人や動物と触れ合う機会を多く作ってあげることが大切です。

まずワクチン接種の済んでいない時期は、家族で毎日できるだけ子犬と接する時間をつくりましょう。その時に人は咬んではいけない、飛びついてはいけないなど人との生活で必要なルールは徹底しておく必要があります。また家に家族以外の人を招いて、触ったり遊んでもらう体験をさせてあげるとのもよい方法ですね。

ワクチンの接種が終わったら積極的に外へ連れ出し、外の音や動きに慣らしてあげましょう。お散歩に慣れてきてどのような場面でも飼い主の命令でクールダウンできるようになってきたら、積極的に犬を連れてドッグカフェやドッグランなど人や他の動物がいる場所へ連れて行ってあげましょう。

犬に社会性を教える時に飼い主が緊張してしまうと、その緊張が犬に伝わってより警戒心を強くしてしまうので、飼い主は常にリラックスしていることが大切です。ドッグランやドッグカフへいく時は、飼い主がその場を楽しんでリラックスしている様子をみせてあげるとよいですね。

ただしドーベルマンのような大型の犬の場合は、犬にはそのつもりはなくても大きな事故の加害者になってしまうことがあります、外へ連れ出した時は愛犬から目を離さないように、常に飼い主の管理下にいさせてあげることが大切です。

犬_素材

怖いイメージがあるからこそしつけが重要

ドーベルマンは特定犬として名前があがり飼育に条件が付けられているような自治体もありますし、人をはるかに凌駕する力を持ち警戒心、縄張り意識ともに強い犬種ですから、決して安易に飼うことができる犬種ではありません。しかしきちんとしたしつけをおこなうことができ、コミュニケーションや運動に十分な時間をとることができるならば、とても忠実で愛情深い素敵な家族になってくれる犬種です。

残念ながらドーベルマンのイメージはまだまだ怖い犬というのが現状です。そのためドーベルマンが近づくだけで噛まれると思われたり、ちょっと押しただけで相手が慌ててひっくり返ってしまったり、小さなことが大きいなことになってしまう可能性があります。

ドーベルマンを飼うならばそのことをよく理解して、愛犬が可愛そうな思いをしないためにも、常に飼い主のコマンドで冷静に動くことができるようにしつけを徹底してあげ必要があります。家族だけでしつけるのが心配な場合は、プロのトレーナーの方などの力を借りるとよいですね。

 
 

関連カテゴリ