2016年11月25日更新

【ペットシッターが解説】愛犬のための寒さ対策とは?

寒い冬、気づくと犬も小さく丸くなり寒そうにしているこがあります。犬種や年齢、生活環境によって寒さの感じ方は異なりますが、お部屋の環境を整えて愛犬が体調を崩すことなく、快適に過ごせるにしていきましょう。

室温湿度を保つこと


寒い季節になると、気づくと愛犬がファンヒーターを占領しているなんていうこともあるかもしれません。犬種によっても寒さへの強さは異なりますが、老犬や病気を持っている場合は特に注意が必要です。

冬は暖房を使って、室温を適度に保つようにしましょう。犬にとって快適な温度は20℃前後になります。ハウスやベッドが窓際にあると、気づくと体が冷えてしまうものです。愛犬の動きや落ち着く場所、行動に注意して室温を保つようにしましょう。

お部屋の中で暖房を使っていると、どうしても乾燥してしまいます。しかし、乾燥やウイルスの蔓延や被毛の傷み、抵抗力低下につながってしまいます。加湿器などを利用して、40~60%前後の適度な湿度を保つようにしましょう。

ハウスやベッドの環境を整えること


愛犬がゆっくり休めるように普段過ごしているケージやベッドに毛布や湯たんぽ、ペット用カイロを入れるなどして、環境を整えてあげることも大切です。愛犬が震えていたり、眠る時に小さく丸くなっていた場合、体が冷えないように早めに対策しましょう。

ケージやベッドを置く場所にも注意が必要です。冬は、可能であれば、日が入る場所においてあげると、日中の日光浴につながります。しかし、窓の隙間風が入ってくることもありますので、ケージの外側からタオルや毛布をかけてあげるなどしてもよいでしょう。

ペット用ヒーターやペット用こたつなどを置いてあげてもよいでしょう。ただし、安全に使うことができるよう普段から十分注意する必要があります。低温やけどやコードをかじる事故などを防ぐことも愛犬を守る上で大切になります。

体温調節と水分量に注意すること


冬はずっとヒーターの前にいてなかなか動かず、飲む水の量が減ってしまうこともあるかもしれません。しかし水を飲む量が減ってしまうと、泌尿器系の病気にかかりやすくなります。逆に体が冷えすぎて下痢を起こしてしまう犬もいます。

定期的に外に散歩に出かけたり、室内での遊ぶ時間を増やすなどして、積極的に水分を摂取できるような生活を送るようにしましょう。もちろん、いつでも新鮮な水が飲めるよう準備しておくこと、場合によっては食事に混ぜるなどして、水分補給をさせることも大切です。排尿、排便のチェックも健康管理の為に大切になります。

また、暖房の近くやカーペットの上でずっと休んでいた愛犬の体温が上がってしまっている場合もあります。寒さと暑さによって体調を崩さないよう、愛犬のサインに注意しましょう。万が一、ハァハァと暑そうな様子があった場合はすぐにクールダウンさせましょう

まとめ

犬は暑さよりも寒さに強いと言われていますが、日々の健康管理の為には、適度な室温を保ち、愛犬が過ごしやすい環境を作っていくことが大切になります。お部屋の環境や愛犬が過ごすスペースに合わせて調整してあげるようにしましょう。

ayuka



ペットシッター

子どもの頃から動物が好きで、ペットのことを学べる専門学校へ進学。卒業後、会社員を経て、ペットシッターとして独立。愛玩動物飼養管理士、愛玩動物救命士の資格を取得し、日々たくさんのわんちゃんやネコちゃんのお世話に奮闘中。自宅では、トイプードルと猫1匹とのんびりとした時間を過ごす。

関連記事

【動物看護師が徹底解説!】犬の肉球が冷たい!犬にも冷え性ってあるの?対策は?

寒い冬に手足が冷えるのは誰にでも起こり得ることですが、夏であっても手足が冷えてしびれてしまう方は、もしかしたら”冷え性”かもしれません。なるべく冷やさない格好をしたり、ホッカイロを貼ってみた……

犬に関する冬の注意

【ペットシッターが解説】肌寒い季節、ペットにベストな室温・湿度を保つためには?

夏の暑さよりはペットは寒さに強いと言われますが、やはり、快適な温度に保つことが大切です。室温は20℃前後、湿度は50%程度に保つことが大切と言われています。お部屋の暖め過ぎや事故に十分注意し……

猫に関する秋の注意

散歩などの外出時に必須の愛犬の防寒ウェアおすすめ10選をご紹介

犬も猫も、冬は寒さ対策が必要です。特に犬の場合、散歩などで外出することも多いため、 より普段から防寒してあげることが大切となります。今回は、愛犬のための防寒ウェアをセレクトしてみました。 ……

犬に関する冬の注意

冬のお散歩対策~犬種や年齢によって注意するべきポイント~

冬の寒い日、外に出かけるのは億劫になりがちですよね。 愛犬の冬のお散歩も「こんなに寒い中を歩かせて大丈夫だろうか?」と気になった飼い主さんもいらっしゃるのでは? でも、適度な運動や日光に……

犬の雑学

正しい散歩、できてますか?小型〜大型犬、季節ごとの散歩のルール

愛犬にとってお散歩は運動不足やストレスを解消し、健康的な生活を送るためには不可欠なものです。しかしただ歩けばいいという訳じゃなく、散歩の中できちんと愛犬との関係性を保ってルールを教えていくこ……

犬に関する秋の注意

ポカポカ温活で愛犬の健康サポート【ドッグマッサージのプロ直伝!】

寒さが一番厳しくなる季節。犬も気温が下がることで胃腸の調子が悪くなったり、体調を崩しやすくなったり、人間同様に関節が痛くなることもあります。また老犬は、室内と外の気温の差で体調を崩すことも少……

犬に関する冬の注意

【ペットシッターが解説】愛犬のための寒さ対策とは?

寒い冬、気づくと犬も小さく丸くなり寒そうにしているこがあります。犬種や年齢、生活環境によって寒さの感じ方は異なりますが、お部屋の環境を整えて愛犬が体調を崩すことなく、快適に過ごせるにしていき……

犬に関する冬の注意

【動物看護師が徹底解説!】冬には犬も風邪をひく?犬風邪の特徴と対策

寒い冬がやってくると体調管理に、より一層気を遣う方もたくさんいらっしゃるでしょう。実は冬に風邪を引きやすいのは犬も同じで、体調を崩しやすい季節でもあります。どんな症状が出たら風邪で、どのタイ……

犬に関する冬の注意

【動物看護師が徹底解説!】犬や猫の寒さ対策について徹底解説!!

人間にとって耐えがたい寒さになる冬ですが、犬猫も同じように寒さを感じています。特に犬は毎日の散歩で屋外へ出る機会があるので、きちんとした防寒対策をしてあげないと散歩を嫌がったり、健康を脅かす……

【動物看護師が徹底解説!】静電気の季節!犬や猫になにか影響はある?

冬、というと思い出すものはなんですか?寒さや乾燥、静電気・・・。静電気と聞くと、嫌な感情を抱く人は多いです。パチンとゴムではじかれたような感覚が好きだと言える人はそうそういないでしょう。 ……

猫に関する冬の注意

【動物看護師が徹底解説!】寒さのせい…?愛犬が水を飲まない時の対処法は?

乾いた風が冷たく、痛い季節になってきましたね。空気は乾燥しているものの、人も犬も夏場のように汗をかくほど活動することが少なくなるので、水分補給を忘れてしまいこともしばしば。そこで気になるのが……

犬に関する冬の注意

獣医師が教える!犬や猫はインフルエンザにかかるの?

冬本番となり、今シーズンもインフルエンザの流行が本格化してきました。人がかかるととても辛いインフルエンザですが、犬や猫にもインフルエンザがあるのか気になった人はいませんか?今回は、犬や猫のイ……

猫に関する冬の注意

【動物看護師が徹底解説!】犬の肌も乾燥する?冬の乾燥対策とケア方法

寒い冬、付きまとうのは刺すような寒さと乾燥ですよね。乾燥するのは目や口の中の粘膜だけでなく、肌も同様です。特に女性はお化粧のダメージの合わさって、皮膚がめくれあがるような粉ふきであったり、ひ……

犬の毛と皮膚のチェック

【動物看護師が徹底解説!】冬のシャンプーで気をつけることは?ヒートショックは犬猫にも起こりうる?

寒い冬に注意喚起されているヒートショック。特に高齢者や持病のある人がヒートショックで亡くなることが多いですが、人間だけでなく、犬猫も危険だということをご存知ですか?普段何気なくしている行動が……

猫に関する冬の注意