2017年6月7日更新

あまり臭わない?それとも臭う?気になるボクサーの体臭ついて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

筋肉質な引き締まったボディーと角張った顔が凛々しい印象のボクサー。見た目の凛々しさとは裏が腹に人懐っこく甘えん坊の犬が多いようです。暑さ寒さに弱く甘えん坊なボクサーはできれば室内で一緒に生活してあげたいところ。そんな時に気になるのが犬の臭いですね。今回はそんなボクサーの体臭について調べてみました。

 

ボクサーの臭いとは?

ボクサーの臭いで調べてみると、多くの方はボクサーは体臭が弱く基本的には臭いが気にならないと感じていらっしゃるようでした。しかしボクサーはケアの方法によってはボクサー独特の臭いがすることがあるようで、中には臭いに対する対策を心がけていらっしゃる方もいるようです。

ケアの方法によって独特な臭いがするといわれる主な部分は、ブルドッグにも似たしわの多い鼻や口の周りのようです。ではなぜしわが臭いの原因になってしまうのでしょうか?しわの間はどうしても通気性が悪く蒸れやすい状態になってしまいます。皮膚が蒸れるとその部分に雑菌が繁殖するため、臭いが発生しやすくなります。またエサの食べかすやゴミ、ダニやノミなどの寄生虫が入り込みやすいのも、臭いが発生しやすい原因の1つのようです。

ボクサー独特の臭いを予防するためには常にしわの間を清潔に保ち、臭いの原因になる蒸れや汚れを取り除いてあげる必要があるようです。

ボクサー_素材984304_640

犬の体臭とは?

ボクサー独特の臭いといわれているしわの臭いの他に、気になる犬の臭いとして考えられるのは犬の体臭ですね。ボクサーが臭いが気にならないといわれている理由は、体臭が弱いということのようです。

では体臭とは一体どのような臭いなのでしょうか?体臭とは汗と皮脂の臭いが混ざったものが皮膚の上で酸化し脂肪酸へと変化したものに、雑菌が繁殖して発する臭いのことです。

汗には体温を調整するための汗と生殖のためのフェロモンを含んだ汗の2種類の汗があり、それぞれ別々の汗腺から分泌されます。犬は体温を調整するための汗を分泌する汗腺は限られた場所にしかないのに対して、フェロモンが含んだ汗を分泌する汗腺はほぼ全身にあるといわれています。

それぞれの汗腺とそこから発する臭いは具体的に次のようになっています。

エクリン腺

主に体温調整のための汗腺で、人の場合は全身にあるのに対して犬の場合は足の裏や鼻の頭などの限られた場所にあります。そのため犬は汗による体温調整が苦手だといわれているのです。このエクリン腺からの汗は、ポップコーンと形容されるような少し香ばしいような臭いを発します。ソファーや絨毯など犬が歩くような場所の家具が臭う原因はこのエクリン腺からの臭いによるものだといわれています。

アポクリン腺

この汗腺が臭いを発する汗腺で、人の場合は腋の下などの特定の場所にだけあるのに対して犬の場合はほぼ全身にあります。このアポクリン腺から分泌される汗にはフェロモンが含まれており、エクリン腺から分泌される汗よりも臭いの強い汗になっています。

このフェロモンを含んだ臭いの強い汗を分泌するアポクリン腺は、もう1つの臭いの原因である皮脂を分泌する皮脂腺とつながっています。

そのためアポクリン腺から分泌される汗は2つの臭いの原因である、フェロモンと皮脂が混ざった状態で分泌されることになりこの汗が酸素に触れて酸化し脂肪酸へと変化した結果、脂肪酸を好物とする雑菌が繁殖することによって強い臭いを発する体臭となるのです。

 

臭いを予防する方法は?

ボクサーは体臭が弱くあまり犬独得の臭いが気になる犬種ではないようですが、ボクサー独特のしわの間の臭いを予防し、臭いがこもるような状態にならないようにするためには、ブラッシングとシャンプーを正しくおこない被毛や皮膚を清潔に保っておくことが必要です。

ボクサーのブラシングとシャンプーの方法や注意点は次のとおりになっています。

ブラッシング

ボクサーのような短毛の犬種のブラッシングには、ラバーブラシとイノシシや豚、馬などの毛を使用して作られた獣毛ブラシが効果的です。

背中やお腹などは毛の流れに逆らうように、頭部や顔、しわの間は毛の流れに沿うように毎日5分くらいブラッシングをしてあげましょう。ボクサーは皮膚が弱い犬も多いので、強くこすらないように注意が必要です。

シャンプー

シャンプーですが臭いが気になるからといってあまり頻繁におこなうと、雑菌から皮膚を守るために必要な皮脂まで落としてしまうことになり、かえって臭いの原因になってしまうことがあります。

適切なシャンプーの頻度は犬の皮膚や被毛の状態によって異なりますが、おおよそ月に1回~2回のシャンプーが理想的なようです。

ボクサーは肌が弱く皮膚病になりやすい犬種なので、シャンプーの頻度や使用するシャンプー剤なども肌の状態にあわせて決めてあげる必要があります。適切な頻度やシャンプー剤がわからない場合は、かかりつけの獣医師に相談してみるとよいですね。

臭いが気になる時はエサを見直してみる

犬の臭いが気になる時は被毛のケアをあわせてエサの見直しをおこなってみるとよいようです。実際にエサを見直した結果、犬の臭いが軽減したと実感している飼い主の方が多くいらっしゃいました。

臭いが気になる時にエサを見直すとよい理由は、臭いの強弱の原因となる皮脂が脂質やたんぱく質の多い食事を続けると分泌が増加する傾向にあるからです。特に動物性の脂肪は皮脂の分泌を盛んにしてしまうようで、動物性脂肪が多く含まれたフードやおやつをあげていると皮脂の分泌が促進されてしまうようです。

臭いが強くなっているなと感じた時は、食事やおやつの内容を動物性の脂質とタンパク質の少ない物へ切り替えていくとよいでしょう。

ボクサー_素材dog-1143528_640

その他の臭いの原因は?

本来は臭いが気にならないはずのボクサーが臭いなと感じる時は注意が必要です。犬の臭いの原因は体臭の他に、口や耳などの特定の場所が強く臭っている場合があります。これらの臭いは臭いがする状態をそのままにしておくと病気につながってしまう可能性があります。

ボクサーの臭いが気になる時はどこから臭いがするのかを確認してみるとよいでしょう。ボクサーで気を付けておきたい臭いは具体的には次のとおりになります。

耳の臭い

ボクサーは尖った三角の立耳をしているイメージがありますが、本来はブルドッグなどと同じ垂れた耳をした犬種で、子犬の時に断耳をし矯正することで独特の尖った立耳にしているのです。最近では断耳や耳の形の矯正は子犬に対して負担が大きいため、動物愛護の観点からも特に飼い主の要望がない場合はおこなわないブリーダーが増えているようです。

犬の耳は垂れ耳であるほど耳の中が蒸れやすく、耳の中に雑菌が繁殖しやすいため耳垢が溜まりやすくなります。耳の臭いの原因はこの黒くベタッとした耳垢です。耳垢はたまった状態をそのままにしておくと、耳炎などの耳の病気を誘発してしまいます。ボクサーの場合は臭いの気にならない状態であれば、週に1回~2回の頻度で耳掃除をしてあげるとよいでしょう。

耳の中はとてもデリケートなので耳掃除に使用するものは、綿棒やコットン、ガーゼなど柔らかい物を使用して耳の汚れを拭いてあげます。奥の汚れは無理に取ると鼓膜を傷めてしまう可能性がありますので、ふき取るのではなく洗浄液を使用して汚れを浮かせて取るようにします。

あまり汚れがひどい場合は獣医師やトリマーなど専門の知識のある方に耳掃除をお願いするのがよいでしょう。

定期的に耳の掃除をしているのに耳からの悪臭がおさまらない場合は、外耳炎などの耳の病気を発症している可能性があります。できるだけ早めに獣医師の診察を受けるとよいですね。

目やに涙やけの臭い

眼が大きくやや出っ張り気味のボクサーに多いのは涙やけの臭いです。鼻が短く口の周りにしわの多いボクサーの場合は、しわの間の皮膚や被毛が涙で常に濡れた状態が続いてしまい、そこに雑菌が繁殖し臭いを放つようになってしまいます。

涙が多い場合は1日数回目の周りをチェックして、気になる場合は綿棒などを使用してしわの間を拭いてあげるとよいでしょう。

歯周病などによる口臭

特に老齢になるにつれて気になってくる口臭ですが、原因は歯についた歯垢です。歯垢は歯についた食べかすに菌が付着し繁殖したもので、この歯垢が石灰化したものが歯石になります。この歯垢から歯石ができることを繰り返すことによって、歯茎や歯自体に菌が繁殖し炎症などをおこすのが歯周病です。

歯周病を予防するには毎日のデンタルケアで歯垢をためないことが大切です。そのためにはできるだけ小さな頃から歯磨きのトレーニングをし、歯磨きに苦手意識をなくしておくとよいですね。またデンタルガムなどを使用するのもよい方法でしょう。

それでもなかなか完全に防ぐことは難しいものです。少しでも異臭を感じたら早めに獣医師に口腔内チェックをしてもらうとよいでしょう。

肛門腺からの臭い

犬が自分の臭いを付けるための臭いを貯めておく袋を肛門腺といいます。肛門腺は字のごとく犬の肛門付近にあり、排泄と一緒に臭いを排出する仕組みになっています。

ただうまく排出されていないような場合、お尻のあたりから強い臭いを放ち始め、放っておくと破裂してしまうこともあります。肛門腺はトリミングの際や動物病院などで絞ってもらうことができますので、定期的に絞ってもらい臭いの軽減につなげるとよいでしょう。

Boxer dog lying on white background

気を付けたい臭いの原因・皮膚病

ボクサーのかかりやすい病気の1つに皮膚病があります。皮膚病は病気の種類や状態によって独特の臭いを発するものが多く、犬の臭いの原因の1つになっています。撫でた時に臭いが手に付くなどの場合は皮膚病の可能性が考えられるので、1度肌の状態を確認してみましょう。

ボクサーがかかりやすいといわれている皮膚病をご紹介しましょう。

アレルギー性皮膚炎・アトピー性皮膚炎

ハウスダストや、ダニ、花粉などのアレルゲンが肌についたり、呼吸とともに吸い込んだりすることで発症する皮膚炎です。

症状としては強いかゆみがあり赤みのある湿疹がひろがります。ひどくなると脱毛などの症状が現れます。根治の難しい病気で長期の通院が必用になることがあります。

アラカス症・毛包虫症

イヌニキビダニという寄生虫が犬の皮膚に入り込み、大量に寄生することで発症する病気です。母乳からの感染が多く1歳未満の仔犬の発症が多い病気ですが、イヌニキビダニが多く寄生しているものに触れた場合も感染することがあり、成犬や免疫力が低下した老犬でも発症することがあります。

症状としては抜け毛や皮膚のかゆみが生じ、症状が進行するとフケやかさぶた、皮膚の化膿や出血が起こります。

発症した場合の治療方法はダニの駆除薬の投与やダニの駆除効果のある薬浴やシャンプーで、イヌニキビダニの駆除をおこないます。また免疫力の低下などが原因である可能性があるので、食事療法や運動療法などの体質改善が必要な場合があります。

膿皮症

皮膚の上で菌が異常繁殖することで化膿し膿を排出している状態をいいます。

表皮、真皮、皮下組織のどの個所でも発症する可能性があります。90%が犬と共生しているブドウ球菌が、皮膚の細菌バランスの崩れによって引き起こす病気です。細菌のバランスを崩す原因となった病気により併発している可能性があり、まず基礎疾患の治療をおこなう必要があることが多い病気です。

よだれも臭いの原因の1つ

ボクサーはよだれの分泌が多い犬種のようです。よだれはそれ自体もかなり臭いが強く、犬の臭いの原因の1つになっていますが、肌によだれが付着したままにしておくと、粘着性が高いので付着した部分にゴミなどの汚れが付きやすかったり、雑菌が繁殖しやすくなり臭いや皮膚病の原因になることが多いようです。

またボクサーは鼻が短く上向きな骨格をしているために、どうしてもエサを押し付けて食べるような状態になり、しわの間にエサが入り込んでしまうことも多いようです。食事の後には濡れたタオルか蒸しタオルで口の周りを、しわもしっかりと伸ばして拭き取って衛生的な状態を保ってあげるとよいですね。また顎の下もよだれやエサが付きやすい部分になります。しっかりと顎を上げて拭き取ってあげるようにするとよいでしょう。

よだれの分泌は食事の時だけでなく運動後など興奮した時にも多くなります。ドッグランなどで遊んだ時や散歩の後も食事の後と同じように、濡れタオルか蒸しタオルで口の周りや顎の下、しわの間を綺麗にしてあげるとよいですね。

ドッグランなどで他の犬と遊んだような場合には、他の犬のよだれが背中や耳などについて臭いの元になっている場合があります。他の犬と遊んだ時は、全身を濡れタオルか蒸しタオルで拭いておくと臭いに予防になるようです。

 
 

関連カテゴリ