2016年10月24日更新

「ブラッシングに必要な道具」わんちゃんのブラッシングに必要なものは…?

今回は「ブラッシングに必要な道具」をご紹介します!

スリッカーブラシ

主に使用する基本的なブラシです。
毛玉やもつれ、汚れを取り除きます。

ソフトタイプとハードタイプがあります。
少し柔らかめのソフトやピン先が保護されているものがオススメです。

力を入れすぎたりピンが立ちすぎた状態で使うと怪我をさせやすいので、使い方には注意が必要です。

1

コーム

わんちゃん用の櫛です。

顔回りなどの細かい部分や、スリッカーブラシ後の仕上げに使ったり、
グルーミング犬種の下毛処理にも使います。

引っかかりやすいので、汚れが酷い被毛には不向きです。

毛や皮膚を引っ張りすぎるとわんちゃんの負担になるので、少しづつ梳いてあげてください。

2

ピンブラシ

長毛用のブラシです。

ヨークシャーテリアやマルチーズのフルコートなど毛がとても長い子は
スリッカーブラシを使うと毛が切れてしまうことがあるので、このブラシを使います。

全体的にブラシが入るように、毛を分けて内側から優しく梳いてあげてください。

固い毛玉には不向きです。

3

下毛取り用ブラシ

柴犬やコーギーなど、下毛がたくさん抜ける犬種に使います。

櫛部分に刃が付いていて、細くて柔らかい下毛を引っ掛けて取ることができます。
いくつか種類がありますので、ご自分のワンちゃんに合ったものを選んでください。

皮膚に強く当てると傷が付いてしまうことがあるので、使用には注意が必要です。

4

その他にも、ラバーブラシや獣毛ブラシといったものもあります。

このブラシはスムースダックスやフレンチブルドッグなどの毛の短い犬種に向いていて
ブラッシングすることで被毛の汚れが取れ、艶がでます。

力を入れすぎたりあまりに頻繁にやりすぎると、被毛や皮膚を傷めることがあります。

ご自分のわんちゃんに合った道具を正しく使ってお手入れをしてあげてください。

必要に応じて、ブラッシングスプレーなどを使うのも良いと思います(*^▽^*)

亀森 直



獣医師

岡山県岡山市生まれ。鳥取大学農学部獣医学科卒業後、動物病院で働きつつ、山口大学大学院卒業。2009年、地元岡山市にてノエルペットクリニック開院。地域のかかりつけ医として1件1件の患者様に丁寧に向き合うことを心掛けています。

関連記事

【動物看護師が解説】バーニーズマウンテンドッグにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

大型犬好きの方の中で、高い人気を誇るバーニーズマウンテンドッグ(以下、バーニーズ)。優しく、賢く、小さな子供とも遊べる家族に馴染みやすい犬種です。体が大きく、毛量もかなりあるので被毛の手入れ……

犬のブラッシング

プードルのブラッシング方法と注意点。毎日のケアで清潔を保つ!

毎日のお手入れを欠かさずに プードルはカールが可愛い毛並みの犬ですが、プードルにとってブラッシングは、皮膚を清潔に保ち、美しいコートを維持するために必要不可欠なものです。 正しい知識と技……

犬のシャンプー

【ペットシッターが解説】ミニチュアピンシャーとの暮らしで注意すること

ミニチュアピンシャーの性格と性質 性格 ドイツで番犬の歴史を持っていたミニチュアピンシャーは、他人への警戒心は強いのですが、家族に対する忠誠心を持っています。その為、初めての人や会う……

犬のブラッシング

【動物看護師が徹底解説!】愛犬の換毛期に気をつけるべきことは?

冬は愛犬の被毛もモコモコと増えていると思いますが、寒さが過ぎたらそのモコモコがほとんど抜け毛に・・・。換毛期で頭を抱える前に、この冬のうちに換毛期の注意事項を頭に入れておきませんか? ……

犬のブラッシング

【ペットシッターが解説】フレンチブルドッグとの暮らしで注意すること

フレンチブルドッグの性格と性質 性格 フレンチブルドッグは、明るく陽気な性格の持ち主です。その表情は、いつもにこにこしながら、家族の一員であることを楽しむかのようです。遊ぶことや、家……

犬の毛のお手入れ

犬の濡れた体を乾かすコツ!シャワー後のドライとブラッシングの手順・コツ・注意点について

ドライヤーを使って、シャンプー後の愛犬の濡れた体を乾かす事はもちろん、散歩中の急な雨で濡れてしまった時などは手早く乾かしたいですね。 ドライは、愛犬の体に負担がかかる作業なので、出来る……

犬のトリミング

【ペットシッターが解説】アメリカンコッカースパニエルとの暮らしで注意すること

アメリカンコッカースパニエルの性格と性質 性格 アメリカンコッカースパニエルといえば、ディズニー映画の「わんわん物語」で有名になった犬種です。穏やかでありながら、いつも陽気な笑顔を見……

犬のシャンプー

【動物看護師が解説】ボーダーコリーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

頭が非常によく、繊細な精神の持ち主なので飼い主さんと強固な信頼関係を持つボーダーコリー。初心者ではしつけが難しいと言われるほど、隙がなく、判断力があるので、飼い主さんも犬を飼うことについてそ……

犬のブラッシング

【ペットシッターが解説】ラブラドールレトリバーとの暮らしで注意すること

ラブラドールレトリバーの性格と性質 性格 ラブラドールレトリバーは、とにかく賢くて、その優しさと従順な性格が人気の大型犬です。その賢さは、盲導犬などの仕事ぶりを見ていても分かりますが……

この夏は「レイキング」を取り入れて、犬も飼い主もすっきりしよう!犬のレイキングについて

みなさんは「レイキング」という言葉を聞いたことがありますか? これはドッグサロンなどにあるメニューで、カットとは異なるものです。 愛犬の暑さ対策、抜け毛対策にもってこいのメニュー……

犬のブラッシング

短毛だけど意外と抜けるパグの抜け毛対策とブラッシングの方法

短毛のパグですが意外と抜け毛が多くて困っている飼い主の方多いようですね。インターネット上でも「どこからそんなに抜けたの?」といいたくなるような画像や動画が多くアップされています。今回はそんな……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】ラブラドールレトリバーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

盲導犬など、人を手助けする非常に頭の良い犬種で有名な、ラブラドール。子犬の頃はやんちゃでいたずら好きであるものの、きちんとしつけをすれば善悪を記憶し理解する、人間と共存するにはとても相性の良……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】フレンチブルドッグにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

大きな耳と真っ直ぐ長く伸びた四肢が特徴のフレンチブルドッグ。短頭種の中では鼻が高い方と言われていて、顔のシワも少なく、パグなど特有のイビキのような息遣いも少ないとされています。非常に利口で人……

犬のブラッシング

犬の毛を剃るとどうなる?犬のサマーカット・夏のトリミングについて

夏は暑くて、むしむししますよね。私たち人間は、夏になると気候に合わせて洋服を変えたりプールに行ったり、ヘアーを短くカットしたりできますが、犬はそのような事ができません。 犬も暑い!と思……

犬のトリミング

【動物看護士が解説】老犬でも毛並みを元気に見せる方法

人間が高齢になってくると、髪の毛が痩せ、白髪が増えてくることと一緒で、犬も高齢になると被毛が枯れたような印象になってしまいます。顔は白髪交じりになり、眼はくぼんで潤いが少なくなり・・・。 ……

犬のシャンプー

「ブラッシングに必要な道具」わんちゃんのブラッシングに必要なものは…?

今回は「ブラッシングに必要な道具」をご紹介します! スリッカーブラシ 主に使用する基本的なブラシです。 毛玉やもつれ、汚れを取り除きます。 ソフトタイプとハードタイプがあ……

犬のブラッシング

【動物看護師が解説】プードルにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

毛をカットして形を作るトリミング犬種の代表格、プードル。なぜ、トリミングが必要なのか、普段どんな被毛の手入れが必要なのでしょうか?今回はプードルの被毛についてお話しします。 プードルの……

犬のトリミング

【お掃除簡単!】愛犬・愛猫の抜け毛対策おすすめ10選

家に犬や猫がいると、換毛期は特にですが、日常的にも抜け毛対策が大変です。服やじゅうたん、その他の床の上、布団……いろいろなところに抜け毛が付いて、困った経験がある方は多いのではないでしょうか……

犬のトリミング

【動物看護師が解説】爪切り、シャンプー、耳掃除、肛門腺絞り、ケアの順番にルールはある?

最近では、愛犬や愛猫のシャンプー、トリミングを専門的に行うために、トリミング学校に通う飼い主さんもいらっしゃるようですね。やはり自宅でできれば安心で、お金もかからないので、自分でやってみたい……

犬のトリミング

【動物看護師が解説】シェルティーにトリミングは必要か、被毛のお手入れ方法は?

シェルティーは非常に賢く、飼い主さん以外にはあまり懐かない、和犬のような従順な犬種です。家族の前では甘えん坊で遊び好き、たくさんの笑顔を見せてくれますが、それ以外の場所ではポーカーフェイスを……

犬のシャンプー