2017年6月7日更新

抜け毛は少ない?ボクサーの抜け毛対策とブラッシングの方法

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

短毛で艶やかな被毛をしているボクサー。フォーンやブリンドルが主流ですが、珍しいところではホワイトカラーの犬もいるようですね。最近では犬の健康面などを考えて室内飼育を考える方が増えてきています。室内で犬を飼う時に気になることの1つが犬の抜け毛ですね。今回はそんなボクサーの抜け毛について調べてみました。

 

ボクサーは抜け毛が多いの?

ボクサーの被毛はとても短く滑らかな手触りのスムースコートと呼ばれる毛質をしています。フサフサとした毛質のサモエドやグレートピレニーズなどの犬種と比べると、被毛の量が多いという印象はありませんが、抜け毛の量はどうなのでしょうか?

確かにサモエドやグレートピレニーズのように、抜け毛が毛玉のようになって床を転がってしまうようなことはありません。そのことからボクサーは抜け毛が少ないといわれることが多いようですが、短毛の犬種は長毛の犬種よりも抜け替わるサイクルが短いので、一般的にいわれている春から夏にかけてと秋から冬にかけての換毛期だけでなく、1年を通して抜け毛があるのが特徴になります。

また短く固い毛が抜けるために布製の家具や服に刺さってしまうようで、ボクサーの飼い主の方は掃除や洗濯に工夫をされている方が多いようです。

ボクサーの毛質は寒さから身を守るには適しておらず、また鼻の短い短頭種のため暑さにも弱いことから、気温差の激しい日本では室内飼育がよいといわれています。ボクサーと室内で一緒に生活していくためには、抜け毛はあるものとして考える必要があるようですね。

素材_shutterstock_71837632

抜け落ち予防のためには被毛のケアは必須

犬の抜け毛が1番気になるのは、抜け落ちた毛が床や服、家具などについている時ですよね。気になる毛の抜け落ちを予防するためには、抜け落ちる前に抜け毛や死毛を取り除いてあげることが大切です。

抜け毛や死毛を取り除くためにはブラッシングとシャンプーを、適切な頻度で正しくおこなうことが効果的です。ボクサーのブラッシングとシャンプーの方法や適切な頻度などをまとめてみした。

ブラッシング

ボクサーのブラッシングにはラバーブラシとブタやイノシシの毛でできた獣毛ブラシがよいようです。ラバーブラシにはラバー部分が柔らかいものがありますが、ブラッシングをしている時にしっかりと手ごたえがある固い物を選ぶようにしましょう。

まずはラバーブラシで抜け毛や死毛を取り除いていきます。最後に獣毛ブラシで被毛の艶をあげて仕上げていきます。

ボクサーのようなスムースコートの犬種は皮膚や被毛のコンディションを保つためなら、週に1度くらいのブラッシングで十分だといわれています。しかし抜け落ちを予防することを考えるならば、散歩から帰ってきた時など1日1回ブラッシングをしてあげるとよいですね。また抜け毛の量が増える春から夏、秋から冬の換毛期には、時間がある時にこまめにブラッシングをしてあげると抜け落ちの予防には効果的です。

ブラッシングの際には力の加減がとても大切です。特にボクサーはとても皮膚が敏感な犬が多いので、ブラッシングの際に強くこすらないように注意しましょう。

シャンプー

シャンプーですが臭いが気になるからといってあまり頻繁におこなうと、雑菌から皮膚を守るために必要な皮脂まで落としてしまうことになり、かえって臭いの原因になってしまうことがあります。

適切なシャンプーの頻度は犬の皮膚や被毛の状態によって異なりますが、おおよそ月に1回~2回のシャンプーが理想的なようです。

シャンプー前には必ずブラッシングをして抜け毛や汚れをおとしておきます。シャンプー剤は人間用のシャンプーは犬にとっては刺激が強すぎるので、必ず犬用のシャンプーを使用します。シャンプーに希釈するように書いてある場合は、その通りにぬるま湯などで希釈して予め用意しておきましょう。

シャンプーの際の道具としてスポンジを用意しておくと、顔を洗う時に鼻や目、耳に水を入れることなく、口の周りのしわの間もしっかりと洗えるので便利です。

シャンプーのあとは自然乾燥をさせずに、ドライヤーを使用してしっかりと乾かしましょう。生乾きの状態で放置しておくと雑菌が繁殖し、体臭や皮膚病の原因になることもあるので注意が必要です。

boxer-1277804_640

 

お気に入りの洋服で楽しみながら抜け毛対策

床や家具、家族の洋服などへの被毛の付着を予防するには、犬に洋服を着せるのも1つの方法です。洋服を着せて抜け毛を予防する方法は、日中はお気に入りのお出かけ着を寝る時は着心地がよく通気性のよい部屋着に着替えさせてあげるなど、犬と一緒に飼い主が楽しみながら対策ができるところがよいところですね。

短毛で手足の長いボクサーにとって、寒さの厳しい冬場は体温調整が難しく辛い季節です。急な冷え込みで胃腸障害を起こしてしまう犬も多いようですね。秋や春は薄手の洋服を、冬場はしっかりと体温を逃がさない暖かい物を着せてあげると、寒さの苦手なボクサーにとっても辛い冬を快適に過ごすことができるのではないでしょうか?

また鼻の短い短頭種であるボクサーは夏の熱さにも弱く熱中症に注意が必要な犬種です。夏場にはクールベストやクールTシャツなどをうまく活用して、抜け毛と暑さを予防してあげるとよいですね。

ただし洋服を着せて抜け毛を予防する場合に気を付けなければいけないことは、洋服を着せているとどうしても服の中が蒸れてしまうことです。皮膚や被毛が蒸れた状態が長く続くと、皮膚病の原因になってしまいます。洋服を着せる対策をとる場合は、家の中に服を着ないで過ごすことができる場所を用意しておいてあげるとよいですね。

掃除は気が付いた時に取るのが基本

どんなに抜け散る毛を少なくしても、まるでなくすということは難しいものです。犬を室内で飼育する場合は、抜け毛の掃除避けて通れない問題になります。1年を通じて抜け毛があるボクサーのような犬種の場合は、毎日時間をかけて掃除をするのは大変なことですね。

抜け毛の掃除はためずに気が付いた時にさっととるのがコツのようです。

気になる時に簡単に片手で操作できるハンディークリーナーなどを用意しておくとよいでしょう。フローリングの床にはウェットタイプのハンドワイパーがソファーや絨毯、洋服などには粘着ローラーがおすすめのようです。

また抜け毛の付きやすい布製の家具には滑りのよいカバーをかけておいたり、家具の位置を変えて掃除がしやすいようにしておくのもよい方法ですね。

素材_shutterstock_182137787

ホルモン異常による脱毛に注意!

ボクサーはクッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)や甲状腺機能低下症の好発犬種だといわれています。

クッシング症候群はコルチゾールと呼ばれる副腎脂質ホルモンが、脳下垂体の異常や長期間のステロイド剤の投与などが原因で、過剰に分泌されることで発症する病気で、水をたくさん飲むやおしっこの量が増える、食べているのに痩せてしまうなどの症状が現れます。

甲状腺機能低下症は字のとおり代謝をつかさどる甲状腺ホルモンが低下していく病気で、クッシング症候群と併発することが多いのですが、ボクサーの場合は甲状腺の萎縮が原因で発症することが多いといわれています。動作が鈍くなる、寒がることが多くなる、体や顔がむくんだようになるなどの症状が現れる病気です。

どちらの病気も共通しているのが脱毛の症状が現れることです。通常の脱毛と異なる特徴は左右対称に脱毛の症状が現れることで、脇腹などの毛が左右対称に薄くなっていくことが多いようです。

ボクサーの場合はいつもより抜け毛の量が増えていたり、全体的に毛が薄くなっているように感じた時は、ホルモン異常による脱毛の可能性があるので注意してあげたいですね。水をよく飲んでいたり、だるそうな様子も見られるようなら、早めに獣医師に相談してみるとよいでしょう。

 
 

関連カテゴリ