2017年6月7日更新

賢い犬種だからこそ正しいしつけが必要!ボクサーのしつけについて

ペット生活

ペット生活

編集部

ペットとの暮らしを豊かにするお役立ち情報をお届けします。

 

厳つい顔とがっしりとした体形が凛々しいボクサー。主従関係が築けていれば陽気で忠誠心のあつい犬種なのですが、見た目やイメージからどうしても獰猛で怖い犬とみられてしまいがちですね。だからこそ周りの人が安心できるようにしっかりとしつけてあげたいところです。今回はそんなボクサーのしつけ方について調べてみました。

 

ボクサーの性格は?

しつけのことをお話しする前に、ボクサーはどのような性格をした犬種なのかを理解しておきましょう。

ボクサーは厳つい見た目をしていますが、とても陽気で好奇心旺盛な性格をしています。飼い主との主従関係が築けていれば、とても忠誠心があつくどんな状況でも飼い主の命令を忠実に守ってくれます。また警戒心が強く見知ぬ人や他の動物に対して攻撃的な面をみせるところがありますが、飼い主との信頼関係が築けていれば攻撃的な面は抑えることができるといわれています。

頑固で納得できないと動かないようなところもありますが、繊細な面もあるようなのでしつけをする時には言葉や態度に注意が必要なようです。

犬_素材

家族上位であることが必須

ボクサーのよい面である飼い主に対する忠誠心にあついところをうまく引き出すためには、飼い主とその家族が常に犬のリーダーとして上位に立つことが必要になります。犬はもともと群れで生活する習性を持っています。犬の群れではリーダーになる犬を中心に、はっきりとした上下関係と規律の正しい生活が営まれます。

家庭犬として人と一緒に生活するようになった現在でも、犬にとっては飼い主をリーダーとして規律正しい生活を営める環境が、1番心地よい環境になります。そのため信頼できるリーダーがおらずルールがわからない時は、自分が上に立って規律を正そうとするところがあるようです。

多くの場合はこのような飼い主からリーダーの権利を奪おうとする時に、噛みつきや威嚇行動などの問題行動を起こすようですね。つまり犬に問題行動を起こさせないためには、常に飼い主とその家族が犬の上位に立ち、犬が安心して自分の身を預けることができるリーダーシップを発揮してあげることが不可欠なのです。

では犬にとってのリーダーとはどのようなものなのでしょうか?

  • 常に一貫したルールに従って揺らがないこと
  • 何かあったら必ず守ってくれるという行動力

この2点をしっかりと満たしてあげて、安定した生活を送らせてあげることが大切なようです。

 

ルールを決めておく事が大切

ボクサーはとても賢い犬種なので、飼い主がリーダーとしてふさわしいかを試すようなところがあるようです。ボクサーに常に家族全員が自分によりも上位の存在であることを認識させるためには、家族が統一したルールの元に犬と接することが必要ですね。

そのためには犬を迎える前に家族で犬との生活のルールについて決めておくとよいでしょう。

ルールを決める時に最初にするべきことはトイレの場所やケージの場所など犬の生活スペースを決めておくことです。特に大型のボクサーの場合は寝起きするスペースやトイレの場所など、生活スペースは広さもしっかりと確保しておく必要がありますし、どこまで犬が自由に出入りしてよいのかなど人と犬の生活動線をはっきりとさせておくことが必要になります。

次に犬と生活するための家族のルールを決めていきます。食事の時のルール、寝る時のルール、留守番をさせる時のルール、散歩の時のルールなど具体的に犬がしていいことと悪いことを決めておきます。

ただし犬の行動や個性を見ながら必要なルールを追加できるように、あまり細かいルールにはせず、絶対に守らせたいことだけを決めておくようにしましょう。

犬に対する接し方では特に叱り方、褒め方を家族で統一しておくとよいですね。叱る時の言葉や褒める時のゼスチャーを統一しておくと、混乱することなくしつけが入りやすくなります。また褒める時におやつを与える場合も何をどれだけあげるかを決めておきましょう、おやつをあげる人とあげない人がいると、犬はそれだけで人に順列を付けてしまいがちです。

犬_素材nature-110958_640

リーダーウォークで常に上位であることを示しましょう

リーダーウォークは散歩中の事故を防ぐためだけでなく、どのような場面でも飼い主が常に上位であることを犬の示すためにもとても効果的な訓練です。好奇心旺盛で警戒心、縄張り意識ともにとても強いボクサーにとって、外の世界は刺激的で警戒するべき危険で溢れています。

そのように刺激の強い外の世界に居ても、飼い主の側を離れず冷静に歩くことができるようするのがリーダーウォークの目的で、飼い主がどのような場面でも1番に注意を払うべきリーダーであることを意識づけることができる訓練なのです。

リーダーウォークの教え方には色々とありますが簡単に実践できるものとしては、犬が飼い主の前に出た時にわざと犬の前を通って方向を変える方法、もう1つは引っ張ると首に負担がかかるチョーカーを利用して、犬が引っ張った時に首に軽いショックを与えるように犬と逆の方向に飼い主が動く方法です。

どちらの場合も犬に命令などをせずに無言でおこない、だらだらと長い時間訓練をしないことが大切なようです。家の中でリードを付けることに慣れてきたら、1日5分~10分くらいの時間で訓練をしてあげるとよいですね。

ボクサーの場合はコミュニケーションも兼ねて、散歩の前にも時間を作ってリーダーウォークの訓練をおこなってから出かけるとようにするとよいようです。

飛びつきには突き放してから無視が有効

ボクサーは大好きな飼い主が一緒に遊んでくれたり、嬉しいことがあると飛びついて前足でパンチをしてくることがあるようです。名前の由来にもなっているボクサーの可愛い仕草ではあるのですが、小さなお子さんなどに飛びついてしまうと大きな事故につながってしまう可能性があります。

また警戒心から見たことのない宅配業者の方や郵便局の方などに、飛びついて撃退しようとするようなこともあるようなので注意が必要ですね。

ボクサーに飛びつきをやめさせるには突き放してから無視をすることが1番有効的だといわれています。

飼い主が大好きで甘えん坊なところがあるボクサーにとって、飼い主から無視されることはとても辛いことです。犬が飛びついてきたら両手で犬を突き放し、その後犬に背を向けて目をあわせないようにしましょう。飼い主に無視されることが嫌いなボクサーは、飛びつくと嫌なことがあると学習し段々と飛びつかなくなってきます。

飛びつく素振りをみせても我慢できるようになったら、しっかりと褒めてあげましょう。褒める時はややオーバーアクションで褒めてあげるとよいようです。

飛びついた時に犬が嫌いな手を叩くなどの炸裂音を出して驚かすという方法もあります。飛びつくと怖いことが起こると認識させることで飛びつきをなくしていく方法で、この方法もボクサーには有効だといわれています。無視をしてもなかなか収まらないような時は試してみるのもよいのですね。

素材_shutterstock_345516458

ナイーブなところのあるボクサーには体罰は厳禁

力も強く見た目に怖い印象のあるボクサーなので、飼い主としては周りの方に迷惑をかけないためにと厳しくしつけてしまいがちですね。特にボクサーにとっては甘えているつもりの甘噛みも、力が強いボクサーにされるとケガにつながってしまうようなこともあるようで、つい手が出てしまうことも多いようです。

しかしボクサーは見た目とは裏腹に繊細なところがあり、飼い主が厳しく接しすぎると逆に頑固な面が表に出てしまうようなところがあるようです。

ボクサーとうまく主従関係を築けている場合は、できないことを厳しく叱るよりもできたことをいっぱい褒めてあげる方が有効的なようです。教えたことができた時は「すごいね!」「よくできたね!」とややオーバーアクション気味に褒めてあげましょう。飼い主が喜んでいると感じるとしつけに対してより意欲的に取り組むようになってくれます。

逆に悪いことを教えるために叱るような場合は、悪いことをしたその場で短く「いけない」や「No」と叱ってあげましょう。あまり時間をおいてしまったり、長く叱ったりすることは逆効果になってしまいます。

ボクサーのしつけでもっともしてはいけないことは、体罰を与えてしつけをすることだといわれています。ボクサーにとって体罰は恐怖心を植え付けてしまうだけで、場合によっては身を守るために吠えたり噛んだりするようになってしまうので注意が必要です。

知的好奇心と運動欲求を満たすためにドッグスポーツに挑戦してみましょう

運動への欲求をうまく満たしてあげないと、ストレスからしつけがうまくいかないこともあるボクサーの場合には、アジリティーやディスク競技など、ドッグスポーツをうまく取り入れたしつけをするとよいようです。

ボクサーは飼い主の命令で機敏に動くことが得意ですし、飼い主とともに何かを成し遂げることが大好きです。また高い身体能力を持っていて運動に対する欲求も強い犬種なので、フリスビーやアジリティー競技などのドッグスポーツにぴったりの能力を持っています。

飼い主の号令のもとで思い切り走ったり飛んだりすることは、ボクサーにとっても知的好奇心と運動欲求をともに満たすことができる最高のストレスの発散になります。せっかく賢く忠誠心にあついボクサーを飼うのですから、犬と一緒にドッグスポーツなど何かに挑戦してみるのもよいのではないでしょうか?

 
 

関連カテゴリ